一級建築の試験勉強

本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?

ども、tyazukeです。

一級建築士と二級建築士の違いって何でしょうか。二級建築士より一級建築士の方が凄そう、とかではなくて、もっと根掘り葉掘り説明していきます。

スポンサーリンク

 

設計できる建築物の規模が違う

一級建築士と二級建築士では、設計できる建築物の規模が違います。ここでは、その違いを説明します。

 

一級建築士は何でも設計可能

まず一級建築士ですが、この資格があれば設計できる規模の制限はありません。つまり、「なんでも設計できる」ということ。

良く言われる表現ですが、「戸建て住宅から高層ビルまで」何でも設計が可能です。

 

厳密に言えば下記が、一級建築士にしか設計できない建築物です。

 学校、病院、劇場、公会堂、集会場、百貨店の用途に供する建築物で、延べ面積が500㎡を超えるもの

木造建築物で、高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるもの

鉄筋コンクリート造、鉄骨造等の建築物で、延べ面積が300㎡、高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるもの

用途・構造にかかわらず、延べ面積が1,000㎡を超え、かつ、階数が2以上の建築物

要するに二級建築士よりも設計できる規模が広がった、と認識してください。

 

二級建築士は住宅規模まで

一方、二級建築士の資格は設計できる建築物の規模が限られています。ザックリ言うと、「住宅規模まで」しか設計できません。

 

厳密に言えば下記が、二級建築士が設計できる建築物の規模になります。

鉄筋コンクリート造、鉄骨造等の建築物で、延べ面積が30㎡を超えるもの

延べ面積が100㎡(木造建築物は300㎡)を超え、または階数が3以上の建築物

 

試験の難易度が大きく違う

一級建築士と二級建築士では試験の難易度が大きく違います。ここでは、両者の合格率をざっくりと説明しますね。

 

一級建築士の合格率は学科20%、製図で40%

一級建築士は国家資格の中でも難易度の高い資格です。学科試験の合格率が概ね20%、製図試験で40%の合格率です。

詳細は下記の記事を参考にしてください。

本当に知りたかった、一級建築士の合格率と難易度の推移

つまり、1・2次試験を通して例年8%程度の合格率になります。注目すべきは学科試験の難易度の高さ。試験会場に集まる試験性の8割は不合格、ということ。

 

二級建築士の合格率は学科40%、製図50%

一級建築士と比べると、二級建築士の合格率は大分楽です。一級の試験でアレだけ難しかった学科試験の難易度が楽になっています。

試験範囲も狭く、合格基準点も低い。詳細は下記の記事を参考にしてください。

24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件

 

それでも全体を通して合格率は20%に落ちます。二級建築士は一級建築士よりも、年配の方が受かりにくい試験です(上記の記事を参考ににしてください)。

若いうちに取得することがマストです。

 

建築士に向いている性格

ここでは一級建築士に向いている性格、二級建築士に向いている性格を説明します。番外編で、下記の記事も参考にしてください。

優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

 

一級建築士の場合

昔、情熱大陸という番組で坂茂さんがこんなことを言っていました。

「建築家ってデザインばかりしていると思われるけど違うんだ。デザインなんて1割、あとの9割は人と話す仕事だよ」

まさにその通りで、建築士は人と話す仕事。コミュニケーションをとるのが好きな人は向いています。これは二級建築士も同じです。

 

ただし一級建築士の場合は、そのコミュニケーションスキル発揮する場が違います。一級建築士は何でも設計可能。

東京オリンピックや世界的なコンペ。そういった、国際的な場面で、いかんなく喋りのテクニックを発揮できる、発揮したい人に向いています。

 

二級建築士の場合

二級建築士は住宅規模の設計が可能な資格です。世の中には二級建築士のみを取得して独立する方もいます。

そんな方々は主に住宅設計を専門に仕事をするのです。将来は住宅しか設計したくない、という人は二級建築士がおすすめです。

一級建築士のように、日本や世界的に事業を展開することはできないので、どちらかと言えば地方に根差す建築士になるでしょう。

 

年収の違い

一番気になるのは年収の違いですよね。ここでは一級建築士と二級建築士の年収の違いを説明します。

 

一級建築士の場合

一級建築士の年収もピンからキリです。下をみれば年収300万、上なら1000万プレーヤーも。下記の記事で詳細を書いています。あわせて参考にしてください。

業界人が教える、本当の一級建築士の年収について

 

二級建築士の場合

二級建築士の年収は、やはり一級建築士より落ちます。これは私が勤める設計事務所の場合ですが、一級建築士の手当てが月数万円に対して、二級建築士はその半分。

年収に換算すると、300~500万円くらいが相場でしょうか。独立しない限りは、そこまで沢山貰える資格ではありません。下記の記事を参考にしてくださいね。

二級建築士になって転職すると、年収いくらになるのか?

 

まとめ

今回は一級建築士と二級建築士の違いを説明しました。二級建築士の上位資格が一級建築士ですが、それぞれに一長一短あります。

将来の人生を見据えて、自分がどの資格を取得するか決めたいものですね。

では。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  2. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  3. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  4. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  5. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

関連記事

  1. 建築のこと

    有名建築家による欠陥住宅が酷すぎる件

    ども、tyazukeです。少し世代が古い日本の建築家の中には、…

  2. 建築のこと

    なぜ伊東豊雄事務所は安藤忠雄事務所よりも有名建築家を輩出できたのか?

    ども、tyazukeです。槙文彦氏が「野武士の世代」と名付けた…

  3. ブログ運営

    ブログはポケモンと同じである、と言う話

    ども、tyazukeです。ブログが楽しい日々を過ごしております…

  4. 建築のこと

    【書評】天下無双の建築学入門、を読んで

    またまた藤森氏の本を手にとった。彼の本を手に取ると、必ずやってしまうク…

  5. ブログ運営

    組織はより緩く、個人は、より創造性が求められる時代がくる。

    ども、tyazukeです。未来の組織はどうあるべきか、このとこ…

  6. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 二級建築士の試験勉強

    【二級建築士】鉛直荷重に関する問題の解き方
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP