一級建築の試験勉強

本当に知りたかった、一級建築士の合格率と難易度の推移

ども、tyazukeです。

一級建築士は、国家資格の中でも難関資格の1つに分類されます。一般的には、1次試験の合格率は約20%で、2次試験で合格する者は40%。つまり1次と2次を通して、10%しか合格できません。

しかし一級建築士の合格率は相対的なものです。例えば、試験が簡単で全員が良い点数であれば、合格基準点は引き上げとなります(通常、学科で90点が94点の引き上げ例もあり。確実な安全圏内は100点必要と言われている)。

下記の本は、一級建築士の合格者たちの勉強法がまとめられた1冊。「なるほど、こんな勉強をしていたのか」と目からウロコ。あわせて参考にしてください。

一級建築士受験 合格者たちの勉強法

 

じゃあ一体、これまでの一級建築士試験の合格率と難易度は、「どう変化したのよ」って気になると思います。「これだけ点数とれば大丈夫!」ってラインを知りたいですし。

はい、調べました。

 

今回は一級建築士の合格率、合格点と、その推移について特集します。

スポンサーリンク

 

一級建築士の合格率について

下図を見てください。

1級建築士:学科試験の合格率グラフ

受験者数が年々減っているのはご存知の通りです。で、平成10年からは合格者数が18%で推移しています。その辺は毎年変わらないですね。

理由は分かりませんが一時期25%まで合格率が上昇したことも。その前後で合格率が10%まで落ち込んだときもある。

 

なんでしょう。このゴタゴタ感は。役人の仕業か社会的な問題があったのか。とにかく国家資格としては情けない様相ですね。

 

一級建築士の合格点の推移

さて、皆さんが知りたい合格点の推移がこちら。

H28年度 90点
H27年度 92
H26年度 90
H25年度 92
H24年度 94
H23年度 87
H22年度 88
H21年度 97

平成21年度は97点というぶっとんだ合格点もありますが、一般的に言われているのは「90点」。但し、この合格点の推移をみてわかるように、「90点で合格的る年度は4回しかない」こと。

90点ギリギリだと不合格になる可能性が半分ある、ということです。最低でも95点、100点あれば100%合格できるかと。100点をとるには相当の勉強量が必要です。

平日仕事をしている方なら効率的な勉強が求められます。下記の記事は、合格者の時間の使い方を書いています。あわせて参考にしてください。

一級建築士合格者が語る「時間の使い方」を分析してみた

 

またケアレスミスをしては100点とれません。下記の記事で、うっかりミスをなくす対処法を書いています。こちらもどうぞ。

【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法

 

一級建築士の難易度の推移

一級建築士の合格率、合格点の推移は分かりました。では難易度はどうでしょう。科目ごとに難易度は毎年上下します。

但し、全体の試験難易度としては毎年度同じになるよう、調整されているようです。それでも年々、問題の傾向は変わり新問題も増えています。10年前の試験とは明らかに別物、といえます。

構造、法規は例年通り。新問題が増えていく計画、環境、施工は年々難しくなっているでしょうね。

 

まとめ

  • 学科試験の合格率は15~20%で推移
  • 学科試験は最低でも95点欲しい。100点以上で100%合格
  • 試験は毎年度、難易度は高くなっている。

以上、一級建築士試験の合格率、合格点の推移と難易度の推移でした。まぁ難易度が上がったどうのって言ってもしょうがありませんが。

最善尽くすのみですね。

ちなみに姉歯事件で得したのは建築業界でも、建築士を志す受験者でもなく、予備校の資格学校かもしれませんね。

 

益々難易度が上がる一級建築士試験ですが、合格者がどんな勉強をしたのか、合格後どう変わったかしりたくありませんか。

下記の記事は、一級建築士に合格した者が、その後どう変わったか書いた記事です。

一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」

 

下記の本は、一級建築士の合格者たちの勉強法がまとめられた1冊。「なるほど、こんな勉強をしていたのか」と目からウロコ。あわせて参考にしてください。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  2. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  3. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  4. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  5. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について

    ども、tyazukeです。一級建築士に合格する人って、「一級に…

  2. 一級建築の試験勉強

    【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」

    ども、tyazukeです。一級建築士を取得すると、3~5年以内…

  3. 一級建築の試験勉強

    【一級勉強】工事監理者と監理技術者って違うの?

    一級建築士の試験絶賛勉強中のtyazukeです。今年初めて一級…

  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士の定期講習費用はいくら?どの機関が開催しているの?

    ども、tyazukeです。一級建築士と構造一級建築士、2つの資…

  5. 一級建築の試験勉強

    24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件

    ども、tyazukeです。二級建築士の受験者に朗報。今回は、若…

お問い合わせ

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  2. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  3. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 二級建築士の試験勉強

    【二級建築士】鉛直荷重に関する問題の解き方
PAGE TOP