一級建築の試験勉強

平成30年度の一級建築士試験学科の結果と感想、勉強法

7.22に一級建築士学科試験が行われました。皆さんお疲れ様でした。昨年初受験で計画の足切で不合格、今年の結果と感想、また今年の勉強方法など紹介します。

H30年度の結果

試験結果はこんな感じでした※TACが公開している速報を元に採点。

  • 計画 13
  • 環境 18
  • 法規 24
  • 構造 28
  • 施工 15
  • 計  98

今年は足切も無く、総合得点もまずまず。学科はイケたんじゃないでしょうか?TACの講評にあるように、試験難易度は下記の感じでしたね。

  • 計画 難
  • 環境 易
  • 法規 普
  • 構造 易
  • 施工 やや難

去年足切だった計画、足切ギリギリだった施工を集中的に勉強したのが講を奏しました。環境がここまで簡単だったのは予想外でした。

とはいっても計画は難しくて、半分くらい見たことのない問題でしたね。それでも常識的に考えれば解ける新問、行ったことのある観光地がいくつかあったので助かりました(マンホールトイレ、ゲシュタルト心理学、黒壁スクエアなど)。

計画は新問が多いのですが、落ち着いて常識的に考えれば解ける問題も多いです。

構造が思っている以上に簡単で、過去問を1周しただけでほぼ解けちゃいましたね。法規はまあ普通。得点源だと思っていた関係法令が難しかったのですが、前半の問題が楽で助かりました。

 

とりあえず学科は通ったと思うので、今から製図試験対策ですね。さすがに独学は無理なので、TACとウラ指導を併用していこうかなと(TACはお得ですよね)。

ただ今回の製図課題(プール施設)は、総合資格が予想していたようです。製図2~3年目の総合資格組は、大きなアドバンテージがあります。

僕は構造屋なので、元々建築図面を描く機会もなく、正直建築設計自体に興味が無いので、かなり厳しい戦いになると思います。初年度なので2.5ヶ月程度しか試験勉強期間がないですし。

総合資格組の4倍くらい濃密に対策しないと厳しいのかな、と。その上でいかに試験勉強時間をマネジメントできるか考えないと、ですね。

 

今年の学科の勉強方法

今年の学科は、去年の教訓を踏まえて下記のことを意識しました。

  • 計画を疎かにしない(足切怖い)
  • 暗記科目を早めにやること

 

去年は計画の足切に泣きました。計画の勉強不足を痛感しましたね。また施工も足切ギリギリだったので、この2つの暗記科目を徹底することが僕の命題でした。

もちろん得点源の法規・構造も疎かにできないのですが、構造に関しても仕事上大きなアドバンテージがあり、問題集を3周する必要はないと考えました。

また、去年の結果より総合資格の過去10年分の問題集では不十分と判断し、合格物語の過去20年分の問題集での勉強を考えました。そこでたてた試験計画は下記です。

  • 合格物語の過去20年分×3周(構造は1周のみ)※ちなみに合格物語の教材は、一番安いコースです(PDF教材と、音声教材のみ)。
  • 4月~7月上旬までに法規⇒施工⇒計画⇒環境の順で3周。構造は1周。※この間にウラ指導の模試2回。
  • 平日の通勤、休憩中などのすき間時間は、計画・環境・施工の暗記に充てる。
  • 試験日前は連休をとって集中的に勉強。

 

計画をたてたあとは、この目標を達成できるよう愚直に進むだけです。

また去年は、「あやふやに記憶して失点した」ことを痛いほど後悔しました。人間の脳は暗記したものを、覚えた瞬間から次々と忘れていきます。エビングハウスの忘却曲線によれば、24時間後には暗記したことの74%を忘れるそうです。

6月末の直前模試でいい点数を取れた人が、本試験でダメになるのは上記の理由だと思います。記憶は、そうとう復習を積まないと定着しません。1日、2日ですぐに忘れます。6月末で良い点でも、試験日には忘れています。

逆に言えば、試験日直前に再復習できれば、なんとか試験日には覚えているだろう、と予測できます。土曜日だけでは5科目全てを再復習できません。そこで、土曜日を含めて3日間連休をとり、集中的に復習したのです。

 

と、まぁ色々と学科試験に向けた作戦を書きましたが、カッコよく勉強できたわけでは無いです。ウラ指導の模試では、1回目が91点、2回目が71と「もうダメだ・・・」と思うことも一瞬ありました。それでも腐らず勉強し続けた結果、掴みとれた98点だと思います。

ですから、最後の最後まであきらめないことが重要です。僕の場合、試験日当日は朝6時に起きて最終チェックし、試験会場に向かう電車の中でも復習。会場に着いた少しの時間も暗記をしました。

泥臭く製図試験への切符をつかみ取りました(多分)。

 

まとめ

H30年度の学科試験の結果は以上です。僕の勉強方法に再現性があるか不明ですが、参考になれば幸いです。ザックリいうと

  • 最後まであきらめないこと
  • 問題集過去20年分×3周
  • 計画を疎かにしない(この2年間は、計画難の傾向です。)
  • ・試験日直前は連休をとって勉強に充てること

でイケるのかなと。

ところで今年度末まであと8ヶ月ですね。僕の建築屋としての人生も残り8ヶ月です。

建築を辞める前に足の裏の米粒をとって、「こんな資格いらねーよ!」と米粒を投げ捨てる予定です。それが、僕の一級建築士試験合格のモチベーションですわ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  2. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  3. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  4. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  5. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    日建学院の「合格への道」で、お得情報はチェックしたか?

    ども、tyazukeです。このブログで散々、予備校はダ…

  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学で法規勉強したけどインデックスは必要ない件

    ども、tyazukeです。一級建築士で一番重要な科目といえば法…

  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験7日前の過ごし方

    ども、tyazukeです。一級建築士の試験7日前ってとても重要…

  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?

    ども、tyazukeです。総合資格学院の講師陣は全員が非常勤講…

  5. 一級建築の試験勉強

    主要構造部と構造耐力上主要な部分は何が違うの?

    現在、絶賛一級建築士の勉強中です。何を隠そう僕は一級建築士を無取得組で…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP