本の紹介

木造住宅は、本当は強い?熊本の地震が教えてくれたこと

「木造住宅は、構造設計(計算)を行う必要がない」

一般の方が聞けば「え?なんで。危ないじゃん」と思うでしょう。もちろん地震で倒れるわけにはいかないので、「壁量計算」や「仕様規定」があり、安全であるよう設計します。

僕はこれまで「だから木造住宅は危ないんだよ」と思っていました。「きちんと構造設計しないとヤバいよ」って。でも名古屋大学の福和教授によると、この価値観がそもそも間違いみたいです。

「構造設計するから地震で倒れるんだよ」

だなんて。つまり「木造住宅は強い」ということ。詳しくはこちら⇒次の震災について本当のことを話してみよう。

今回は、木造住宅の強さと構造設計は必要ないのか、考えてみます。

 

きちんと構造設計するから弱い

詳しくは本書を読んでもらいたいのですが、福和教授によると今の設計は「価値工学」に左右されている。つまり、安さを追求するあまり、「ギリギリの設計をしている」と指摘されています。

計算が緻密になればなるほど、計算精度は上がるのか?YESと言いたいところですが、実のところ良く分からない。一見正しくて緻密な計算でギリギリの設計をすると、実はとんでもなく余裕が無くなることになる、らしい。

 

一方、木造住宅は「構造設計をしない」。

その代り、過去の地震被害の経験から必要な壁量や、接合部、基礎の規定(決まりごと)を増やした。構造設計をしないので、「住宅の耐震性は、よくわからない」。分からないからこそ、「法律以上のことをやる」。

これが結果、熊本の地震ではよかった。

 

木造住宅は倒れなかった

熊本では2度の大地震が起きました。

この地震で、新耐震のRC建物に被害が起きて、木造住宅は案外倒れなかったらしい。その理由の1つが前述した「構造設計をしていないから」「価値工学に左右されているから」ということ。

 

うん、中々言うね。福和先生も。

構造設計したけど壊れた⇒構造設計しないから、壊れない⇒「じゃあ、もう全部仕様規定にすればいいっすわ

法律を変えてギリギリの設計をするな、とすればいい。例えばQu/Qun=2.0を最低満たすことにするとか。

 

価値工学を捨てるには

福和教授の価値工学の批判は、確かにもっともですが、「言うだけかい」。どうすりゃいいんですか。現場の設計者は、お客さんにどう説明すればよい?

余裕を建築基準法の2倍以上みたいから、お金出してくれ。そんなこと言えますか?

え?その説得も設計者の仕事って?そんな他人任せな。

 

一番良いのは法律を変えることですよ。建築基準法を変えよう。検定比1.00以下でOKはダメ。大地震時の余裕は2倍以上みること、と文言を付け加えればいい。

そうすれば構造屋は安心です。それで費用が高くなろうと知ったことですか。地震が起きて壊れないよりも良いでしょ。

 

 

皆さんはどう思われますか?

建物の安全と、お金。地震が10年以内にくる!というのなら、多分お金を出す人も増える。でも「いつくるか分からない!」なら、財布の紐が固くなるのも理解できます。

本当に難しい問題です。答えは出ません。単に価値工学を批判するだけでは。⇒次の震災について本当のことを話してみよう。

 

まとめ

1つ言えるのは、インフォームドコンセントをしっかり行うこと。お施主さんに、建物の耐力を十分に説明し、それについて十分な理解を得ること。同意を得ること。

お施主さんがギリギリでも良い、というのなら「あえてそれ以上のことをする」のは、どうなんだろう・・・。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  2. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  3. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  4. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  5. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    【RC造の設計】鉄筋の剛性を考慮すると計算の収束が遅くなる件

    RC造の建物は計算が色々と面倒です。僕が最近担当している物件でよく起き…

  2. 構造設計に関すること

    効率的な部材と断面性能、重量との関係について

    ども、tyazukeです。何十年も前にやりつくされた議論ですが…

  3. 本の紹介

    【書評】建設現場の玉手箱、を読んで

    図書館で見つけた本だが、ただならぬ何かを発していた。何か筆者の叫び、と…

  4. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

  5. 建設業界のこと

    防腐処理していない木材を使って柱が折れた話

    誤解のあるタイトルですが、建物の話では無いのであしからず。以前、実家の…

  6. 本の紹介

    【書評】建材・設備はどこで何から作られているのか、を読んで。

    「その手があったか。」―この本を手に取ったとき、そう思いました。まぁ読…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP