構造設計に関すること

片持ち梁のハンチ部は断面算定を忘れないように。

意匠上の納まりで先端を絞ってほしい、と言う要望があります。鉄骨でもRC造でも有りうることなのですが、案外忘れがちなのがハンチ部の断面算定です。電算に入力すれば、ハンチ部を考慮して断面算定してくれます。

しかし手計算で行う場合、うっかり忘れてしまってZが足りないことが無いようにしたいですね。

 

例えば、鉄骨の片持ち梁で元々必要な断面にハンチをつけることになりました。元端は必要断面が確保できているのですが、柱芯から1000mmの位置では小さい断面にします。

この片持ち梁の元端応力をMdとするなら、ハンチ部の応力はMd‘です。片持ち梁の出寸法は3000mmとしましょう。ハンチ部に必要な断面係数は、元端の断面係数の何パーセント必要でしょうか?

片持ち梁の応力図を描くと、先端で0、元端で最大となるので、ハンチ部と全長の長さの比率でMd‘が算定できます。ハンチ部は柱芯から1000mmでしたから、

Md:3000=Md‘:2000

Md‘=2/3×Md

です。

つまり、元端で必要な断面係数をZ、ハンチ部で必要な断面係数をZ‘とするなら、

Z‘=2/3×Z

となり、元端部の66%程度の断面係数が必要になります。

 

例えば、元端部H-600x200x11x7のZ=2520x0.85(スカラップの断面欠損考慮して)=2142。ハンチ部は、2142x0.66=1413は必要です。これに相当する梁せいは、H-450x200だとギリギリ過ぎますし、H-500x200くらいになるでしょうか。

この比率で先端3000mmまでハンチをつけると、先端では250にまで絞ることができます。元端との梁せいの比率は600/250≒2.5程度。このくらいの勾配で先端を絞るなら問題ないことが確認できました。

断面係数は梁せいの二乗で小さくなります。片持ち梁の曲げモーメントは長さの比率です。急激にハンチをつける場合は断面算定を忘れずに。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  2. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  3. 建築は道路に支配されている、と言う話
  4. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について
  5. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    効率的な部材と断面性能、重量との関係について

    ども、tyazukeです。何十年も前にやりつくされた議論ですが…

  2. 構造設計に関すること

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  3. 構造設計に関すること

    許容曲げ応力度を算定する2式で、値はどれくらい違うか?

    許容曲げ応力度を算定するとき、fb=89000/(lb×h/Af)と、…

  4. 構造設計に関すること

    設計が苦しいなら辞めちゃえば?と、僕が思う3つの理由。

    ども、tyazukeです。設計が嫌いになった、という人は多いと…

  5. 構造設計に関すること

    安全性の証明は不可能?世間を賑わせている杭の話。

    最近、世間を賑わせている杭の話、一体何が起きたのか調べて整理しました。…

  6. 構造設計に関すること

    【初心者必見】構造設計でミスした前後ですべき3つのこと

    ども、tyazukeです。どんな仕事でもミスは付き物です。10…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
PAGE TOP