構造設計に関すること

片持ち梁のハンチ部は断面算定を忘れないように。

意匠上の納まりで先端を絞ってほしい、と言う要望があります。鉄骨でもRC造でも有りうることなのですが、案外忘れがちなのがハンチ部の断面算定です。電算に入力すれば、ハンチ部を考慮して断面算定してくれます。

しかし手計算で行う場合、うっかり忘れてしまってZが足りないことが無いようにしたいですね。

 

例えば、鉄骨の片持ち梁で元々必要な断面にハンチをつけることになりました。元端は必要断面が確保できているのですが、柱芯から1000mmの位置では小さい断面にします。

この片持ち梁の元端応力をMdとするなら、ハンチ部の応力はMd‘です。片持ち梁の出寸法は3000mmとしましょう。ハンチ部に必要な断面係数は、元端の断面係数の何パーセント必要でしょうか?

片持ち梁の応力図を描くと、先端で0、元端で最大となるので、ハンチ部と全長の長さの比率でMd‘が算定できます。ハンチ部は柱芯から1000mmでしたから、

Md:3000=Md‘:2000

Md‘=2/3×Md

です。

つまり、元端で必要な断面係数をZ、ハンチ部で必要な断面係数をZ‘とするなら、

Z‘=2/3×Z

となり、元端部の66%程度の断面係数が必要になります。

 

例えば、元端部H-600x200x11x7のZ=2520x0.85(スカラップの断面欠損考慮して)=2142。ハンチ部は、2142x0.66=1413は必要です。これに相当する梁せいは、H-450x200だとギリギリ過ぎますし、H-500x200くらいになるでしょうか。

この比率で先端3000mmまでハンチをつけると、先端では250にまで絞ることができます。元端との梁せいの比率は600/250≒2.5程度。このくらいの勾配で先端を絞るなら問題ないことが確認できました。

断面係数は梁せいの二乗で小さくなります。片持ち梁の曲げモーメントは長さの比率です。急激にハンチをつける場合は断面算定を忘れずに。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  2. 大学教授は上手い商売なのか
  3. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  4. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  5. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    効率的な部材と断面性能、重量との関係について

    ども、tyazukeです。何十年も前にやりつくされた議論ですが…

  2. 構造設計に関すること

    鉄骨階段の、ササラの検討方法

    ども、tyazukeです。ササラのように、角度のついた部材はど…

  3. 構造設計に関すること

    降伏比は何を意味するのか?SS400をルート3で使って良い?

    SN材(建築用鋼材)は降伏比の上限規定しています。なぜか?…

  4. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  5. 構造設計に関すること

    えーーっと。会社員と独立した設計者を比較しないでください。

    ウチの事務所は構造部の規模が小さくて、結構外注を使います。僕の場合、外…

  6. 構造設計に関すること

    数回の地震に耐える建築物の設計とは?

    熊本地震が起きて構造設計者が感じたこと。それは、『今後は数回の地震に耐…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP