建築のこと

建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

ども、tyazukeです。

家、ビル、体育館。ありとあらゆる建物が浮いたら、地震から解放されるのになぁと思ったことはありませんか?

浮けば地震とは無縁。全て長期荷重のみ考えればよいのです。実は、この概念を具現化した技術が「免振」。一見突拍子もない妄想ですが、具現化すれば技術になる。

 

そうはいっても、免振は実際に浮いているわけではない。建物が地面に接しています。本当に浮いたらどうなるか?

今回は、建物が地面から10cm浮いたら、について考えます。

スポンサーリンク

 

磁力で浮かせる方法はどうか?

例えば、磁力で浮かせる方法はどうでしょうか。

実は既に、磁力で物を浮かせる技術はあります。

台座に埋め込まれた磁力が反発し合い、チェス台を浮かせるわけ。ちなみに、この浮遊装置は最大9kgまで(生後間もない赤ちゃんなら2人分)浮かせることが可能。

 

要は、これを建築レベルまでスケールアップさせればいいじゃん、ということ。

アンタどうやってやるつもり的な質問は一切受け付けません。

 

建築を風船で浮かせることはでいないか?

建築を風船で浮かせる、という方法はどうでしょうか。

風船1つの浮力は5.21gのようです。

風船の浮力8.4g から 風船全体の重さ3.19gを引いた5.21gが、9インチのラテックスバルーン1個あたりの浮力ということになります。ーhttp://www.balloonworld.jp/column/knowledge/helium.htmlより

 

建築の重さは何百トンもあるので、風船で浮かせようと思えば天文学的な数が必要になります。が、数の問題だけであれば解決はできそうです。

 

建築を極限まで軽くすることもできますし。一般的な建築は無理でも、期間限定の仮設建築なら可能かもしれません。

何度も言いますが、アンタどうやってやるつもり的な質問は一切受け付けません。

 

建築を風圧で持ち上げる

風圧で持ち上げる、という方法も考えられます。

 

例えば、基礎下から噴射口があって、そこから風を送る。風圧も相当の力がないと建築を浮かせることはできません。

懸念されるのは、風圧による建築物の破壊でしょうか。

 

もしも建築が浮いたら。

もしも建築が浮いたら、地震とは無縁です。

免震とか、そういうレベルではなくて。本当に地震を考える必要がない。地震に悩まされてきた日本なら、研究開発をしてみる価値はある、と思うのですが。

 

突拍子もなくて、誰も研究しないかもしれないけど。強烈なブレイクスルーって、そういうバカな研究に隠れている、気がするんです。

 

まとめ

近代建築の巨匠、ル・コルビュジェは近代建築の5原則を提唱しました。その1つに、

  • ピロティ

が含まれているのですが、ピロティは地面との隔離を目指していたのだと思います。建築が何とかして地面から逃れたい。その苦し紛れの策だったのかな、と。

 

浮く建築。いずれ見たいものです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  2. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  3. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」
  4. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  5. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

関連記事

  1. ブログ運営

    建築系ブログを400記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログもついに400記事を達成しまし…

  2. 建築のこと

    建築とテクノロジーのこれからに関する考察

    ども、tyazukeです。現在に至るまで、建築業界は1度の大き…

  3. 建築のこと

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  4. ブログ運営

    建築系ブログを200記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログを始めて1年かかって100記事…

  5. 建築のこと

    建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

    ども、tyazukeです。建築嫌いを公言してブログをしておりま…

  6. 建築のこと

    【書評】平屋に暮らすー本当の豊かさを育む住まい20軒

    ども、tyazukeです。平屋で暮らすことに、僕は憧れています…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP