建築のこと

建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

ども、tyazukeです。

家、ビル、体育館。ありとあらゆる建物が浮いたら、地震から解放されるのになぁと思ったことはありませんか?

浮けば地震とは無縁。全て長期荷重のみ考えればよいのです。実は、この概念を具現化した技術が「免振」。一見突拍子もない妄想ですが、具現化すれば技術になる。

 

そうはいっても、免振は実際に浮いているわけではない。建物が地面に接しています。本当に浮いたらどうなるか?

今回は、建物が地面から10cm浮いたら、について考えます。

スポンサーリンク

 

磁力で浮かせる方法はどうか?

例えば、磁力で浮かせる方法はどうでしょうか。

実は既に、磁力で物を浮かせる技術はあります。これはチェス台を宙に浮かす動画。

 

台座に埋め込まれた磁力が反発し合い、チェス台を浮かせるわけ。ちなみに、この浮遊装置は最大9kgまで(生後間もない赤ちゃんなら2人分)浮かせることが可能。

 

要は、これを建築レベルまでスケールアップさせればいいじゃん、ということ。

アンタどうやってやるつもり的な質問は一切受け付けません。

 

建築を風船で浮かせることはでいないか?

建築を風船で浮かせる、という方法はどうでしょうか。

イメージはこんなバルーンの感じ。

バルーン, 風船, バルーニング, スカイ, 七面鳥, 石, ナチュラル, 鮮やかな, カラフル, 夏, 春

風船1つの浮力は5.21gのようです。

風船の浮力8.4g から 風船全体の重さ3.19gを引いた5.21gが、9インチのラテックスバルーン1個あたりの浮力ということになります。ーhttp://www.balloonworld.jp/column/knowledge/helium.htmlより

 

建築の重さは何百トンもあるので、風船で浮かせようと思えば天文学的な数が必要になります。が、数の問題だけであれば解決はできそうです。

 

建築を極限まで軽くすることもできますし。一般的な建築は無理でも、期間限定の仮設建築なら可能かもしれません。

何度も言いますが、アンタどうやってやるつもり的な質問は一切受け付けません。

 

建築を風圧で持ち上げる

風圧で持ち上げる、という方法も考えられます。

 

例えば、基礎下から噴射口があって、そこから風を送る。風圧も相当の力がないと建築を浮かせることはできません。

懸念されるのは、風圧による建築物の破壊でしょうか。

 

もしも建築が浮いたら。

もしも建築が浮いたら、地震とは無縁です。

免震とか、そういうレベルではなくて。本当に地震を考える必要がない。地震に悩まされてきた日本なら、研究開発をしてみる価値はある、と思うのですが。

 

突拍子もなくて、誰も研究しないかもしれないけど。強烈なブレイクスルーって、そういうバカな研究に隠れている、気がするんです。

 

まとめ

近代建築の巨匠、ル・コルビュジェは近代建築の5原則を提唱しました。その1つに、

  • ピロティ

が含まれているのですが、ピロティは地面との隔離を目指していたのだと思います。建築が何とかして地面から逃れたい。その苦し紛れの策だったのかな、と。

 

浮く建築。いずれ見たいものです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 自分の生き方に満足できていますか?
  2. 大学教授は上手い商売なのか
  3. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  4. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  5. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方

関連記事

  1. ブログ運営

    若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

    ども、tyazukeです。よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と…

  2. 建築のこと

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

  3. 労働のこと

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

    ども、tyazukeです。将来は建築家として独立しよう。そんな…

  4. 建築のこと

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

    ども、tyazukeです。設計GLとKBMはどういう関係かイメ…

  5. 建築のこと

    隈研吾が設計した浅草文化観光センターと根津美術館に行ってきた

    ども、tyazukeです。サニーヒルズの記事から引き続き、東京…

  6. 建築のこと

    メーカー5社の、既製柱脚の性能の違いを比較してみた

    ども、tyazukeです。鉄骨造で一番既製品が使われる箇所の1…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
PAGE TOP