構造設計に関すること

RC造の使用性と損傷制御性と安全性について

ども、tyazukeです。

RC規準書の1章ってあまり読んだことありません。でも重要なんですね。今日、あらためてRC規準の1章『総則』を読んでみました。

読んで面白いのは『目的と適用範囲』の項目。へーそうなんだ、と思うこともあります。まずRC規準の適用範囲は下記の通り。

1.本規準は、主として、鉄筋コンクリート造建物の使用性、損傷制御性を確認するために使用する。一部の条項は、安全性の確認のためにも用いられる。

 

つまり、安全性の確認は一部の条項でしか行われていない。では、使用性、損傷制御性、安全性とはどういった意味でしょうか?それぞれRC規準2010年版より引用します。

使用性:長期間作用する荷重によって使用上の支障が生じないこと。

損傷制御性:数十年に1回遭遇する程度の地震、台風、積雪を受けても、建物は補修せずに継続使用できること。

安全性:数百年に1回遭遇する程度の大地震が生じても、建物の転倒・倒壊を防止し人命の安全を確保できること。

と書いてあります。この3つの項目について細かくみていきましょう。

スポンサーリンク

 

使用性とは何か?

使用性の確認とは、『長期荷重にもつか?』ということです。素人さんに説明するなら『床そのものの重さや、歩いたり机やイスの重さに、床や梁が耐えられるか?』ということです。

もちろん、構造設計は長期荷重に耐える部材にすることは当たり前ですね。言われるまでもありません。

 

損傷制御性とは何か?

損傷制御性とは短期荷重に耐えるか?ということです。では短期荷重とは?『数十年に1回遭遇する程度の地震、台風、積雪』のようですね。

これを震度にむりやり置き換えると、震度5弱~6弱かなと思います。この程度の地震がきても、補修無しで継続使用できないといけません。数十年に1回の台風、積雪でも大丈夫なように、と書いています。が、意外と積雪で壊れる建物は多いような気がします。

 

安全性とは何か?

いわゆる終局時に耐えるか?ということです。でも『耐える?』という表現にすると補修無しでも継続使用できそうですね。これを解決するために『転倒、倒壊しない』という言葉づかいになっています。

ところで、数百年とは200以上を意味しています。100年に1回の地震は数百年と言いますか?数十年とは99年で良いですか?どこか曖昧な表現ですよね。

言葉通りに考えれば99年に1回の地震は数十年に1回の地震。つまり損傷制御性に耐える必要があります。

 

まとめ

今回、RC規準の総則を読んでみて分かったこと、分からなくなったことがありました。特に、地震の頻度は数十年とか数百年という表現しかなくて、とても曖昧です。

『震度○』という表現にするとなぜ問題があるのでしょう?昔は建物の倒壊度合いで震度を決めていましたが、現在は震度を計測してますよね?絶対的な評価は可能なように思います。

こちらRC規準に基づいた演習設計の本。設計用プログラムのCD付き、という珍しい代物。実務的で分かりやすいのが魅力。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  2. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  3. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  4. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  5. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話

関連記事

  1. 未分類

    そで壁柱の曲げ耐力 完全塑性理論について

    鉄骨と違ってRCは分からないことが沢山あります。最近、耐震補強の物件を…

  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士の定期講習費用はいくら?どの機関が開催しているの?

    ども、tyazukeです。一級建築士と構造一級建築士、2つの資…

  3. 構造設計に関すること

    基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

    普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように…

  4. 構造設計に関すること

    鋼の降伏とは何を意味するのか?

    現代の構造設計は、終局強度を考慮した設計が当たり前になってきました。部…

  5. 構造設計に関すること

    【RC規準のイロハ】壁部材の柱と梁の最少断面

    柱や梁を小さくしようと思ったとき、『どこまで小さくできるか?』考えたこ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
PAGE TOP