一級建築士試験の製図は独学で合格できる?TACの通信講座を受けてみた結果

一級建築士の勉強法

ども、tyazukeです。あなたは

  • 「一級建築士試験の製図は独学で合格できる?」

と思っていませんか。僕も同じことを考えました。で、学科試験は独学で合格できました。できることなら、製図試験もお金をかけずに合格したいですよね。

大手資格学校に行くと、製図コースだけでも50万円近くかかります。ボーナスが消えます…。

今回は僕の経験を元に、一級建築士試験の製図は独学で合格できる?TACの通信講座を受けてみた結果についてお話しします。

ちなみに資格学校のTACは、資格学校の中では最もコスパが良いですよ。講座の質も高いですし、資料請求しないと損です。

大手資格学校の半額で受講するなら 資格の学校TAC

 

TACの評判などは下記もご覧ください。

[s_ad]

一級建築士試験の製図は独学で合格できる?

結論から言うと、独学の合格が不可能では無いですが、かなり厳しい戦いになります。製図試験は、学校に通うか各通信講座を受けるべきでしょう。

もちろん、一級建築士試験をコスパよく合格するなら、独学が一番です。僕は学科試験を独学で合格しました⇒ 一級建築士は独学でコスパ良く合格!独学で80万円得した勉強法と必要なモチベーション

とはいえ、さすがに製図試験を独学で突破する勇気は無かったです。製図試験は他資格の試験と比べても、独特な試験内容です。毎年、異なるお題に対して「手書きで図面」を描きます。

そんな製図対策は、

  • 過去問学習が通用しない
  • 添削が重要
  • エスキスなど製図に関するテクニックの共有ができない

などの独学者に不利な内容が多いです。それぞれ詳細に説明します。

過去問学習が通用しない

まず製図試験は過去問学習が通用しません。

毎年異なる問題が出題されます。しかも製図試験の課題は、試験3ヶ月前に公表されます。前もって準備が一切できないのが、製図試験の辛い所です。

学科試験のように、過去問学習をひたすらやれば良い試験では無いです。3ヶ月前から同時に試験対策スタートするので、「効率的に、戦略的に」学習するべきです。

独学は基本的に1人で学習するので、効果的な戦略を立てることが不利です。

添削が重要

また添削が重要です。書き上げた図面の間違い、問題あるカ所を添削する役目が「資格学校の講師」です。当然、独学ではそのような添削は無いです。

添削が無いと、自分の図面が「正しいのか・間違っているのか」判断できません。

エスキスなど製図に関するテクニックの共有ができない

資格学校の講師は、色々なテクニックを持っています。実は、そういう情報が試験で役立つことも多いのです。独学だと、情報が入手しづらいです。学科試験に比べて製図試験は、グループ学習が大変効果的と言えます。

TACの通信講座を受けてみた結果

前述を踏まえて、製図試験は資格学校の製図対策コースを契約することにしました。ただし、大手2社は高すぎます。そこでTACと契約しました。

TACは大手2社の半額の上に、通信講座はさらにお安い(17万円ほどです。下記に示します。

  • 総合資格(1級建築士設計製図セット) 590,000円+税
  • 日建学院(設計製図本科コース) 450,000円+税
  • TAC(一級建築士設計製図本科生) 225,000円(税込)

このコスパの良さが魅力なのと、通信講座は自宅で学習(動画学習)できます。また添削サービスや作図例がついているのも契約の決め手でした。

講座の質も良いし、動画も見やすく使い勝手にも満足しています。コスパの魅力が大きいので、まずは資料請求して損は無いですね。

大手資格学校の半額で受講するなら 資格の学校TAC

 

ただ、受験結果は「不合格」でした。この年は、総合資格の受験生が大量合格した年のようです。「やっぱり総合資格か…」と思うかもしれませんが、TACのコスパの良さは否めないので、初期費用を押さえたい人にはおすすめですね。

製図試験の通信講座を5社徹底比較

実は、TAC以外にも製図試験の通信講座があります。特にコスパ最強な通信講座がスタディングです。スタディングは、学科+製図コースで9.8万円+税という驚異の価格。詳細は下記をご覧ください。

各社の名前、コース名、費用、特徴、学習期間の順で明記しました。

詳細は下記も参考になります。

スタディング

スタディングの建築講座は、まだ新しい通信講座です。但し、スタディング自体は10年前からあるサービスなので安心です。もちろん、他士業では何人も合格者がでています。

  • 1級建築士学科・製図 総合コース
  • 98,000+税
  • スキマ時間で学べるわかりやすいビデオ/音声講座(倍速機能付き)、過去問分析に基づく「最短で試験に合格するため」に考え抜いた合理的なカリキュラム一問一答、学科対策はスマホで演習!製図対策の新提案!「速く描くノウハウ」を可視化した新しい「動画学習」、知識が定着する!反復学習に便利なツール検索とメモができるフルカラーWEBテキスト、圧倒的な低価格!(学科+製図対策が98,000円+税)
  • 前年10月~実施年10月

学科と製図対策コースがついて9.8万円なので破格ですね。今なら無料講座を開講中です。講座(講義ビデオ)の質、使いやすさを確認する意味でも無料講座を受けるといいですね。

なお、無料講座はいつ終わるか分からないので、早めに受けないと損ですよ。

お手軽に1分で無料講座を受けるなら⇒ スマホで学べるスタディング

教育的ウラ指導

  • 最強コース(初心者向)
  • 72,600円(税込)
  • 前年10月~実施年10月

製図試験.com

  • 通信添削③オンライン指導コース3
  • 220,000(税込)
  • 1月~実施年10月

建築士塾

  • 長期通信合格講座・全19課題コース・3月1日開講!
  • 260,000(税込)
  • 3月1日より試験まで

資格の学校TAC[タック]

  • 一級建築士設計製図本科生プラス
  • 214,000(税込)
  • 実施年7月下旬~10月

大手並みのサービスで、価格も控えめなのがTACです。コスパ的に悪く無いですね。

大手資格学校の半額で受講するなら 資格の学校TAC

日建学院

  • 設計製図受験対策Webコース
  • 130,000(税込)
  • 実施年2月下旬~実施年10月

まとめ

今回は、一級建築士試験の製図は独学で合格できるかお話ししました。結論から言えば、不可能では無いです。

とはいえ厳しい戦いになります。コスパの良い資格学校を使うか、通信講座を上手に組み合わせて合格しましょう。下記も参考にご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました