一級・二級建築士の勉強法

最終更新日: 2020.01.14

一級建築士は独学でコスパ良く合格!独学で80万円得した勉強法と必要なモチベーション

ども、tyazukeです。あなたは、

  • 資格学校の費用が高すぎる…」
  • 「ネットだと独学で合格した人の話を聞くけど本当?」
  • 一級建築士は独学で合格できる?」

と思っていませんか。僕も同じ状況で悩んだことがあります。元々僕は、総合資格に2年間通っていました。100万円払って結果は、不合格

次も100万円払う金銭的余裕はありません。そこで「独学による合格」を目指しました。

 

結論からいうと学科試験は独学で突破可能です。これは身をもって体験しました。資格学校2社の学科対策費用は60~80万円以上!します。

つまり独学で合格すれば80万円以上もお得です。

過去の僕みたいに、お金を沢山払って不合格になる人は多いです。それなら、コスパ良く最小限の費用で一級建築士に合格しましょう。

今回は、独学で80万円得した勉強法と必要なモチベーションについてお話しします。下記も併せて参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

独学でコスパ良く合格!資格学校に大金を払う必要無し!【少なくとも学科試験は】

僕の経験上、少なくとも学科試験は独学で合格できます。

ちなみに大手資格学校の場合、学科対策コースで60~80万円以上の費用が発生します…。ボーナスの1年~2年分くらいですね。

正直きつく無いですか?毎日仕事頑張って、つまらない勉強に大金払うのは。

確かに資格学校の教材、講師陣、設備は充実していますが、全員が合格するわけでは無いです。むしろ、落ちる人も沢山います。

 

平日は仕事で、休日は資格学校に通学。休みは全くありませんね。大金払ってるし嫌々行くことになりますし。であれば、低コストで自宅で自由に学習した方が合理的です。

もちろん教材は必要です。市販の教材だけだと不十分なので、通信講座などを上手く活用すると良いですよ。ちなみに僕も、教材はネットで購入しました。詳細は下記をご覧ください。

 

ただし、製図試験については「独学は厳しい」という意見も多いです。とはいえ現実に独学で合格する人もいます。最近は、製図試験の独学支援サービスも増えています。

通学せずに製図試験に合格することも不可能では無いでしょう。

一級建築士の独学と通学の違い、メリットとデメリット

とはいえ、僕は「何が何でも独学が良い!おすすめ!」とはいいません。独学と通学のメリットとデメリットを理解した上で「自分には独学が合っている」という方は独学すれば良いと思います。

独学のメリットとデメリットを下記に示します。

メリット

  • 自由な時間に勉強できる。時間の融通が利く
  • 費用が圧倒的に安い資格学校の1/5~1/10程度
  • 土日の通学が不要
  • 人に会わなくてよい

独学の大きなメリットが「自由な時間に勉強できる」「圧倒的に費用が安いこと」です。

独学を考えている人は、大金を払いたくない人が多いと思います。また土日にわざわざ通学するのが苦痛な人も多いです。

僕もそうでした。

わざわざ電車に乗って人の多い所へ行きたくないし、自分のペースで勉強したいという希望もありました。

上記に当てはまる人は、独学のメリットが大きいと思います。

デメリット

  • 教材探しから始める必要がある
  • モチベーションを保てない
  • 学習のペースが分からない
  • 仲間ができない
  • 試験に関する情報が入手しにくい

一方、独学をする場合、上記のデメリットがあります。

独学の場合、まず教材探しから始める必要があります。独学だからといって市販の教材で合格できるほど甘く無いです。評判のよい通信講座やテキストを購入しましょう。下記が参考になります。

また独学は、基本的に1人で勉強します。家に1人でいると、どうしても誘惑があります。テレビやインターネット、お菓子、色々な誘惑に打ち勝つ「モチベーション」が必要です。

一級建築士試験の独学とモチベーションの保ち方

一級建築士試験は長丁場です。どうしても中だるみします。独学なら、なおさらです。僕が独学で学科試験に合格したときの、モチベーションの保ち方を紹介します。

  • 学習期間は短すぎず、長すぎず
  • 学習を習慣化する
  • 合格する、と周りに言う(合格しないと駄目な状況に追い込む)
  • 絶対に合格するという強い意志を持つ

それぞれ説明します。

学習期間は短すぎず、長すぎず

一級建築士試験は長丁場です。1・2次試験を含めて1年がかりの試験です。とはいえ、1年前から学科試験を始める必要は無いでしょう。学習期間を長めにとると、必ず中だるみします。

特に、暗記問題の多い学科試験では短期決戦で臨まないと、すぐに忘れてしまいます。

 

エビングハウスの忘却曲線をご存知ですか?これは記憶に関する研究調査結果をまとめたもの。

この実験から20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまうという結果が出たそうです。

学習期間を長期に設定する分、暗記問題は不利です。下記も参考にしてください。

【まとめ】一級建築士試験の学科対策と合格するためにやったこと、やらなかったこと

学習を習慣化する

とはいえ、毎日高いモチベーションを保つのは難しいです。よって、僕は学習を日常化していました。

普段、当たり前に歯磨きや顔を洗うじゃないですか。歯磨きしないと気持ち悪いですよね。これと同じで、資格勉強を習慣化すれば、モチベーションが低くても自然と勉強したくなります。勉強しないと気持ちがわるいんです。

合格する、と周りに言う(合格しないと駄目な状況に追い込む)

自分を追い込むのも効果的です。例えば周りに(会社の上司や同僚)、「今年は必ず合格します!」と言うなど。

人間、ギリギリになると力を発揮します。それを利用してください。

絶対に合格するという強い意志を持つ

高いモチベーションを保つには、「絶対に合格する」という意思や、「なぜ合格したいか」という目的を思い出すことです。

「家族がいるから必ず合格する。合格しなければ養えない」と思い出せば、家でゲームしたりテレビを見る時間が勿体なく感じるでしょう。

以上、モチベーションの保ち方を解説しました。勉強法など下記も参考になります。

【まとめ】一級建築士試験の学科対策と合格するためにやったこと、やらなかったこと

独学で80万円得した勉強法

大手資格学校では、学科対策コースのみで60~80万円もの費用がかかります。独学すれば教材費は1/5~1/10まで圧縮することが可能です。コスパ良く学科試験を突破しましょう。

使用した教材は合格物語です。合格物語は過去20年分の問題集を提供してくれます。過去問を徹底分析した大手資格学校の教材を使うなら10年分でも良いかもしれませんが、独学をするなら20年分の過去問を解く必要があると判断しました。

試験計画は下記です。

  • 合格物語の過去20年分×3周(構造は1周のみ)※ちなみに合格物語の教材は、一番安いコースです(PDF教材と、音声教材のみ)
  • 4月~7月上旬までに法規⇒施工⇒計画⇒環境の順で3周。構造は1周。※この間にウラ指導の模試2回
  • 平日の通勤、休憩中などのすき間時間は、計画・環境・施工の暗記に充てる
  • 試験日前は連休をとって集中的に勉強

計画をたてたあとは、この目標を達成できるよう愚直に進むだけです。

また「あやふやに記憶して失点」するのが建築士試験です。試験日直前も復習をするため、土曜日を含めて3日間連休をとり集中的に復習しました。

 

と、まぁ色々と学科試験に向けた作戦を書きましたが、カッコよく勉強できたわけでは無いです。

ウラ指導の模試では、1回目が91点、2回目が71と「もうダメだ・・・」と思うことも一瞬ありました。それでも腐らず勉強し続けた結果、掴みとれた98点だと思います。

ですから、最後の最後まであきらめないことが重要です。僕の場合、試験日当日は朝6時に起きて最終チェックし、試験会場に向かう電車の中でも復習。会場に着いた少しの時間も暗記をしました。

泥臭く製図試験への切符をつかみ取りましたね。独学で合格するなら、資格学校に行く人の2倍は勉強するくらいの気持ちで望みましょう。

まとめ

今回は一級建築士試験は独学で合格可能かお話ししました。結論から言うと不可能では無いです。適切な教材を購入し、努力し続ければ合格できるでしょう。

実際僕は、独学で合格できました。もちろん、今回お話しした勉強法が全ての人に適用できるとは思いません。ただし、「独学で学科試験の突破は可能」だと覚えてください。大手資格学校に行くと80万円が必要になることもあります。

コスパよく合格したいなら独学がおすすめですよ。下記も参考にしてください。

 

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  2. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  3. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  4. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。
  5. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

関連記事

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

    ども、tyazukeです。日建学院が、五千円をつかみ取れる紹介…

  2. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士合格者が語る、「受験中のエピソード」について

    ども、tyazukeです。一級建築士に合格したものなら、誰しも…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    【一級建築士】個人設計事務所から中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  2. 構造設計の話

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  3. 建築業界の分析

    なぜ伊東豊雄事務所は、安藤忠雄事務所よりも有名建築家(弟子)を輩出できたのか?
  4. 構造設計の話

    埋め込み柱脚にしたときの支点について
  5. 建築屋さんの転職

    業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
PAGE TOP