一級・二級建築士の勉強法

最終更新日: 2017.09.3

【一級建築士】平成29年度の計画が、酷い内容のテストだったわ。

ども、tyazukeです。

最近、一級建築士ネタが尽きません。落ちてもタダでは転びません。一級ネタでこのブログ半年間繋いでやる気でっせ。

 

今回は平成29年度の問題についてモノ申したい。一言、二言、言いたいのです。「弱い奴ほどよくしゃべる」、「負け犬の遠吠え」。何といってもらっても結構。ただ僕は言いたい。

「計画の問題酷くね?」

ということ。作成した奴、カイジの焼き土下座な。

スポンサーリンク

 

作品系の問題を7問も出すなよ。

これまでの一級建築士の試験では、「作品系(実例)の問題は数も少ないし、問題数も少ない。よって効率が悪いから、他の勉強をやるべし」。そう教わりました。

それが、7問も出しますかねぇ・・・。全くノーマークなんですが。もちろん勉強はしていましたよ。でもね、作品系の勉強は自然と優先順位が下がるじゃないですか。試験直前に、損な勉強はしたくない。

 

だからノーマークって人、結構いるはず。結果、計画の足切によって没落。僕が思うに、試験の傾向って大幅に変えるべきじゃないと思います。

毎年毎年「一級建築士試験の新傾向!」って・・・。昔はなんだったのよ、と。今と昔で、そんな差をつけていいんですか?国家資格って。

 

作品問題が7つも出題される「計画」に足切点数って必要か?

昔の一級建築士は足切点数が無かったと聞きます。例え他の点数が低くても、他でカバーできれば良い。

そんな考え方ですね。僕もそれで良いとおもうんです。現代の建築業界自体が、意匠もできて、構造もできる、環境も中々、施工も良く知っている。そんな人材を求めていませんよね?

 

より細分化され、専門化、分業化された時代に足切点数という、平均的な人間をつくるかの如く設定は必要ですか?

100譲って足切点数はOK。認めます。やっぱり最低限の知識は必要だし。でも、作品系が7つも出題される計画に足切必要かな?

 

「ル・トロネ修道院云々、ミース邸がなんちゃら~」という知識を、一級建築士に求めているのでしょうか?

OK。もっと分かりやすく説明する。下記をご覧ください。Aさんの点数は下記の通りでした。

I 0

Ⅱ 20

Ⅲ 30

Ⅳ 30

Ⅴ 20

計 100

 

計画は0点ですが(まぁ、あり得ませんけど)、他は満点。100点を取得しています。環境、法規、構造、施工の全てに精通しています。次はB君。

I 20

Ⅱ 20

Ⅲ 20

Ⅳ 20

Ⅴ 20

計 100

です。現在の一級建築士試験では、A君は不合格、B君は合格です。それは計画の足切のためです。足切点数があるがために、法規・構造・環境・施工に長けたA君は落ちるんです。もしかしたら、もう一級建築士になることは諦めるかもしれません。

そりゃあショックだもの。4教科の点数が良くて、1つ駄目だっただけで落ちるなんて。僕にはA君の評価、B君の評価は同率で見るべきだと思います。

 

または救済措置で、他科目の足切点数の余剰点数(Ⅱで20だった場合、9点)を当該科目の点数に加えてもよい、とかね。

 

弱点を無くそう、という日本的な考え方

「日本的」を悪いとは思いませんよ。でも、苦手なことを敢えて克服する必要ってありますか?そうやって苦労しても平均点しかとれませんよね?

それよりも得意分野を延ばすことに力を注ぐべきですよね。漫画の才能が凄くあるのに、「君は数学の点数が低いから漫画家になるのは諦めなさい」って言われているようなもの。支離滅裂です。

 

で、話を戻して計画の話。僕は何も計画が必要ない、なんて思っていません。むしろ建築は「計画に始まって計画に終わる」ですから。必要ですよ。

だけど、けっして!「作品事例の知識」は関係ないと思うんです。そんなテストの内容にするのなら、足切点数なんて設けるべきではないのです。

 

まとめ

計画の問題作成した奴、カイジの焼き土下座な。

では。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 日建学院や総合資格の合格実績は?予備校のトリックに気づいて自分の頭で考えよう
  2. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  3. 大学教授は上手い商売なのか
  4. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  5. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

関連記事

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級勉強】工事監理者と監理技術者って違うの?

    一級建築士の試験絶賛勉強中のtyazukeです。今年初めて一級…

  2. 一級・二級建築士の勉強法

    総合資格は高い?コスパの良い資格学校はどこ?

    ども、tyazukeです。あなたは 「総合資格の受講料は高い…

  3. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】

    学問に王道なしと言います。つまり色んな方法がある、ということ。…

  4. 一級・二級建築士の勉強法

    日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

    ども、tyazukeです。日建学院が、五千円をつかみ取れる紹介…

  5. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士合格者が語る「時間の使い方」を分析してみた

    ども、tyazukeです。成功者の格言って説得力がありますよね…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    構造一級建築士の定期講習費用はいくら?どの機関が開催しているの?
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    資格が無くても一級建築士事務所の社長になれる?
  3. 建築業界の分析

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話
  4. 建築屋さんの転職

    【一級建築士】個人設計事務所から中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】設計事務所からハウスメーカーへ転職した先輩の話【転職事情】
PAGE TOP