労働のこと

プレミアムフライデーの効果と実際

興味深いニュースが舞い込んできました↓

月末金曜の仕事を15時までにする「プレミアムフライデー」本格始動 経産省が推進

こんな話が進んでいたのですね。

 

月末金曜日の仕事を15時で切り上げて退社する制度。ただし、これは強制ではありません。「参加してもいいし」、「参加しなくてもいい」らしい。

嬉しい!という声もあれば、サービス業や小売業は結局大変になる、という意見も。また、本当に帰れるのか? 大企業しか実践できないのでは? という制度自体に懐疑的な目をあります。意見を整理しました。

・収入が増えていないのに、消費が増えるわけない
・月末締めの仕事では、早く帰ることなど不可能
・ほかの日の残業が増えるだけ
・有給消化を促進するほうが先決
・時短が給料引き下げの口実にされるおそれがある
・時間ができれば金を使うだろうという発想は国民を馬鹿にしている

スポンサーリンク

 

僕は、この試みが長時間残業に効果あるか? と言われると答えは「NO」です。考えてもみてください。既に似たような制度があったでしょ? そう。「水曜日はノー残業デー」です。

2010年に行った調査によれば下記の通り。

住信SBIネット銀行が2010年に行った「アフター5に関するアンケート」によると、ノー残業デーがある企業に勤めている人は全体の42%で、そのうち定時に帰ることができている人は20代で50%にとどまっている。

つまり全体の42%中の50%ですから、全体の20%程度しかノー残業デーの恩恵にあずかっていません。

統計が古いですから、最近はもっと増えているかもしれませんが。

プレミアムフライデーも同じような顛末になりそうです。日本人は空気に流される性質があります。空気を読む力に優れているといいますか、周りを気にして動けないのです。

よって、実行には「強制力」が必要。

 

また、プレミアムフライデーとノー残業デーを比較すれば、ノー残業デーの方が明らかに帰りやすいでしょうね。会社の仕事は、なんでも「末」が忙しい。年末、年度末、月末も。

その金曜日に15時退社は、ちょっと考えにくいのが私感です。残業時間を減らす根本的な施策にはなりませんし。

 

では、具体的にどうすべきか?

まず、「週休二日制」の企業は「完全週休二日制」にしてもらえません?うちの事務所がまさにそう。

「週休二日制」の会社です。月に1回は土曜日出社がある。もちろん、やる気がでない。疲れがとれないので、次の週に悪影響がでます。また土曜日出社をしたくないから有給を使う人が多い。

じゃあ、最初からなくした方が・・・と思いませんか?

次に有給取得に強制力を。毎年、無駄になっていく有給をみると悲しくなります。有給を買い取る会社もあるようですが、中小企業にそんな制度はありません。

 

最後に。経済が進めば進むほど、休めなくなるのは資本主義の宿命かもしれません。

休みたいなら片田舎に引っ越して、パンでも焼きながらひっそりと暮らすのも良いかもしれませんよ。

 

・・・というのは無理でも、働き方革命で人生にゆとりを。人生の質を高めて、時間の使い方を見直したい方には、この本。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  2. 建築は道路に支配されている、と言う話
  3. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  4. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  5. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?

関連記事

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について

    ども、tyazukeです。仕事の適性って見極めるのが本当に難し…

  2. 労働のこと

    ムヒカ大統領に見習う、これからの生き方と建築業界。

    ども、tyazukeです。『人生で最も重要なことは何でしょうか…

  3. 労働のこと

    今日の更新は夕方。テーマは『奨学金と教育問題について』です。

    昨日は久しぶりに、パソコンを使わず息抜きに出ていました。随分と頭がスッ…

  4. 労働のこと

    その働き方、何歳まで続けるつもりですか?

    僕は何歳まで働くのだろう?と思うことがあります。事務所をみると、60歳…

  5. 管理人のこと

    ブラック部長、あなたは仲間じゃなかったんですか・・・。

    休み明けから出張で打合わせってすごく嫌ですよね・・・。日曜日の夜中から…

  6. 労働のこと

    新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・

    ども、tyazukeです。『建通新聞』をご存知でしょうか。建設…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP