設計事務所の実態

最終更新日: 2019.11.5

仕事は質と量のどちらが大切?1日12時間働いて出した答え、成長に必要なこと

ども、tyazukeです。あなたは

  • 「仕事は質と量のどちらが大切?」

と思っていませんか。

実は結構難しい問題です。

  • 「量が大切」
  • 「質が大切」

のように真逆の意見の方は何人もいます。僕は前の職場で、2人の上司の元で仕事をしましたが、考え方が全く違うので驚きました。1人目の上司は「量」派、めちゃくちゃ仕事を詰め込まれました

2人目の上司は「質」派でしたね。こちらの方は、1つの仕事を徹底する、というスタイル。今回は、そんな僕の経験を元に、仕事は質と量のどちらが大切?1日12時間働いて出した答え、成長に必要なことについてお話しします。

 

ちなみに仕事の量が過ぎると病みます笑。仕事丸投げ上司やブラック企業に勤めると辛いです。下記も参考にどうぞ。

スポンサーリンク

仕事は質と量のどちらが大切?

僕の答えは、

条件付きの量

です。条件は、正しい方向へ仕事を導く上司がいること、が前提です。

仕事の量をこなすのは効果的です。僕は新卒の頃からめちゃくちゃ仕事を詰め込まれました笑。1日12時間以上は仕事でしたし、徹夜も平然とありましたね。その代わり、確かに成長できます

ただし、闇雲に仕事の量をこなしても意味無いです。若手の頃は仕事のやり方なんて、全く分かりません。「やっていることが正しいのか?間違った方向に向かっていないか?」フォローする上司がいないと意味無いです。

 

ちなみに僕が入社した会社はブラック企業でした⇒ ブラック企業に入社したらどうなる?僕の体験と新入社員の結末

ブラック上司のいるブラック企業だと「上司がフォローする」という環境が無いです。僕はそれを経験し身体を壊しました。

というのも、上司が部下をしっかりフォローする環境があれば、労働時間を圧縮した上で、仕事量を増やすことが可能と考えるからです。

 

さらに、仕事の量をこなすと、ある時から「量⇒質」に転化します。質の高い仕事を、量こなすことが可能です。

以上、仕事は質より量が大事だとお話ししましたが、最後に「仕事は量が大事だ」という格言を紹介いたします。

  • 仕事は100回負けて1回勝てば良い、というメンタルで望め
  • 数打てば当たる、は成功の絶対法則
  • 理解しなくても暗記すればいい。暗記すれば理解する

仕事は100回負けて1回勝てば良い、というメンタルで望め

中国には、こんな逸話が残っています。

中国の漢王朝の始祖・劉邦(りゅうほう)は、徹底的に弱い戦国武将でした。生涯のライバルである項羽(こうう)に負けつづけましたが、99回負けたあげく、最後に1回だけ項羽に勝って中国を統一しました。

 

量を重視すると1つ1つの質が落ちて失敗するのでは、と思いますよね。でも、それでいいんです。

数こなして失敗して、最後の1回に勝つ。そのくらいのメンタルで臨めば心理的にも楽ですね。

数打てば当たる、は成功の絶対法則

数打ちゃ当たる。

この言葉って、ビジネスに関わらず成功の絶対法則だと思います。新商品だって何が売れるか分かりません。

どんなにマーケティングやって、リサーチしても売れない物は売れない。ところが、意外なものが売れたりする。

 

人の心理、流行は本当にカオスです。予測不可能と言っても良い。そのカオスに対抗できる手段が「数」。天才的な分析力があれば別ですが、そうでなければ数をこなすことです。

あの有名な画家のピカソだって、膨大な数の作品を世に残してやっと認められたとか。小説家の東野圭吾さんも、ものすごいハイペースで作品を残していますね。

 

それに数をこなすことは質にもつながります。例えば漫画の1巻よりも、10巻の方がキャラの描き方が上手いですよね。

数打ちゃ当たるは、成功の絶対法則です。

理解しなくても暗記すればいい。暗記すれば理解する。

理解より暗記が重要、という話をしますね。

僕がそう思う理由は、「暗記すれば結局理解できるから」です。

 

「理解」と「暗記」は表裏一体の関係。小さいころ「2×2=4」や「3×2=6」と習いましたね。

「九九」は、私たちは別に理解しているわけじゃ無いんです。「2×2=8」にはならないと理解はしていますが、その理解には「暗記」というバックボーンがあります。

 

ですから勉強は暗記が重要。1から10まで暗記です。ただし暗記するには、ノートに何度も書いて繰り返したり、声に出して復唱しますよね。

暗記をするには、質よりも「量」が重要。丁寧に時間をかけて文字を書いたところで、暗記できませんよね。

まとめ

今回は僕の経験から、仕事は量の方が大切(但し、上司フォローがあるなら)という話をしました。仕事の量をこなせば成長できます。そして量⇒質になります。ただし、ブラック企業やブラック上司がいる場合、上司のフォローが望めません。

自分が成長するまで歯を食いしばって耐えるか、別の環境に移るかは本人次第ですね・・・。ちなみに僕は歯を食いしばったタイプですが、結局身体を壊して転職しました笑

下記も参考にどうぞ。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  2. アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件
  3. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  4. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 設計事務所の実態

    建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?

    ども、tyazukeです。ついに当ブログの記事数が500記事を…

  2. 建築屋さんの転職

    建築設計は残業が多い?1ヶ月に残業130時間した結果感じたこと

    ども、tyazukeです。あなたは「建築設計は残業が多…

  3. 建築屋さんの転職

    設計事務所への就職はどう?種類、仕事内容、給料、労働環境など

    ども、tyazukeです。あなたは「設計事務所への就職」…

  4. 建築業界の分析

    建築家のおくりもの、頂きました。

    ども、tyazukeです。絶えず本を読んできた。ところがどんな本に…

  5. 建築屋さんの転職

    組織設計事務所へ転職したときの待遇・年収と、転職に役立つおすすめサービス

    あなたは、「組織設計事務所への転職ってどうなの?待遇、年収は?…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    平成29年度 一級建築士の結果報告の件
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    日建学院の講義の特徴3つ、受講料、総合資格との違い
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    試験勉強に使える!一級建築士のおすすめ情報サイト5選
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    二級建築士になって転職すると、年収いくらになるのか?
  5. 建築屋さんの転職

    独立した設計者の仕事ぶりを、リーマン設計士と比較してみた
PAGE TOP