建築のこと

地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

ども、tyazukeです。

日本は地震国です。地震によって大きな被害を受けた歴史があります。だけど、それは建物が崩れて瓦礫の下敷きになったとか、建物が燃え広がったという被害です。

 

2011年の東日本大震災では地震によって原発建屋が大きな被害を受けましたね。

これらは元々、建築が無ければ起こりえない災害。つまり人災です。今回は、地震は天災ではなく人災だという話について。

スポンサーリンク

 

地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方

特に建築関係者に多いのですが、「地震による未曾有の大災害」という言い方。しかし、地震によって人が傷つくわけではなく、地震で建物が壊れることで被害が起きます。

 

これは案外忘れがちですが、僕は重要なポイントであると思います。建築ありきの世界で、人間中心に考えれば地震は天災でしょうが、もっと違う発想ができないかなと。

 

地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない

例えば建築が一切なくて、地面が揺れるだけなら、地震の被害は少ないでしょう。地割れが発生するとか、土砂が落ちてくるなどの被害は避けられませんが、それ以外の被害は無い。

 

「そんな前提は非現実的だ。」「建築が必要ないなら、お前はどうやって暮らすつもりだ」と言われるかもしれません。

では、軽い「テント」はどうでしょうか。地震が起きても、地面が揺れるだけ。テントが倒れたとしても、被害は無いでしょう(その代り台風は大変ですが)。

 

建築の目指すべき姿は、究極的に言えば「テント」でも良いかも、と思うのです。

 

壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想

つまり、「壊れない建築」より「建築ナシで壊れる物が無い」という発想へのシフトが重要かもしれません。

もちろん建築が不必要だとは言いません。やはり防犯、環境、意匠的な面で建築は必要ですし。ただ地震で建物が壊れ、人が被害を受ける。

 

何だか自業自得なことをやっている、とも思えます。

両方を満たす建築は無いものか。建築的な機能を満たし、地震で地面が揺れてもテントのように被害を受けない建築。

未来の建築の姿だと思います。

 

まとめ

  • 地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方
  • 地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない
  • 壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  2. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  3. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  4. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  5. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】

関連記事

  1. 本の紹介

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

  2. ブログ運営

    絞っても何も出ませんってくらい、アウトプットしたか?

    ども、tyazukeです。筋トレには「ワークアウト」という専門…

  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

  4. 建築のこと

    縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

    ども、tyazukeです。今でも建築業界では紙の図面を沢山使います。打…

  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法

    ども、tyazukeです。ある日、意匠設計部の上司から頼まれま…

  6. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
PAGE TOP