建築のこと

地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

ども、tyazukeです。

日本は地震国です。地震によって大きな被害を受けた歴史があります。だけど、それは建物が崩れて瓦礫の下敷きになったとか、建物が燃え広がったという被害です。

 

2011年の東日本大震災では地震によって原発建屋が大きな被害を受けましたね。

これらは元々、建築が無ければ起こりえない災害。つまり人災です。今回は、地震は天災ではなく人災だという話について。

スポンサーリンク

 

地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方

特に建築関係者に多いのですが、「地震による未曾有の大災害」という言い方。しかし、地震によって人が傷つくわけではなく、地震で建物が壊れることで被害が起きます。

 

これは案外忘れがちですが、僕は重要なポイントであると思います。建築ありきの世界で、人間中心に考えれば地震は天災でしょうが、もっと違う発想ができないかなと。

 

地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない

例えば建築が一切なくて、地面が揺れるだけなら、地震の被害は少ないでしょう。地割れが発生するとか、土砂が落ちてくるなどの被害は避けられませんが、それ以外の被害は無い。

 

「そんな前提は非現実的だ。」「建築が必要ないなら、お前はどうやって暮らすつもりだ」と言われるかもしれません。

では、軽い「テント」はどうでしょうか。地震が起きても、地面が揺れるだけ。テントが倒れたとしても、被害は無いでしょう(その代り台風は大変ですが)。

 

建築の目指すべき姿は、究極的に言えば「テント」でも良いかも、と思うのです。

 

壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想

つまり、「壊れない建築」より「建築ナシで壊れる物が無い」という発想へのシフトが重要かもしれません。

もちろん建築が不必要だとは言いません。やはり防犯、環境、意匠的な面で建築は必要ですし。ただ地震で建物が壊れ、人が被害を受ける。

 

何だか自業自得なことをやっている、とも思えます。

両方を満たす建築は無いものか。建築的な機能を満たし、地震で地面が揺れてもテントのように被害を受けない建築。

未来の建築の姿だと思います。

 

まとめ

  • 地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方
  • 地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない
  • 壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  2. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  3. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  4. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  5. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

関連記事

  1. 建築のこと

    なぜ建築物の余裕度は一律1割以上と法律で決めないのか?

    政令36条の3の1項を読むと、建築物はあらゆる荷重に対して一様に安全で…

  2. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その2

    前回に引き続き、EV棟の設計について紹介します。前回のおさらいポイント…

  3. ブログ運営

    建築屋さんがもっとWEBで情報発信すべき3つの理由

    ども、tyazukeです。建築屋さんってWEBの情報発信が少な…

  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?

    ども、tyazukeです。RC部材に曲げ応力が作用するとひび割…

  5. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき、たった2つの構造計算とは

    ども、tyazukeです。「建築」は、一口で言えないほど分野が…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
PAGE TOP