構造設計の話

最終更新日: 2019.09.29

地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

ども、tyazukeです。

日本は地震国です。地震によって大きな被害を受けた歴史があります。だけど、それは建物が崩れて瓦礫の下敷きになったとか、建物が燃え広がったという被害です。

 

2011年の東日本大震災では地震によって原発建屋が大きな被害を受けましたね。

これらは元々、建築が無ければ起こりえない災害。つまり人災です。今回は、地震は天災ではなく人災だという話について。

スポンサーリンク

 

地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方

特に建築関係者に多いのですが、「地震による未曾有の大災害」という言い方。しかし、地震によって人が傷つくわけではなく、地震で建物が壊れることで被害が起きます。

 

これは案外忘れがちですが、僕は重要なポイントであると思います。建築ありきの世界で、人間中心に考えれば地震は天災でしょうが、もっと違う発想ができないかなと。

 

地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない

例えば建築が一切なくて、地面が揺れるだけなら、地震の被害は少ないでしょう。地割れが発生するとか、土砂が落ちてくるなどの被害は避けられませんが、それ以外の被害は無い。

 

「そんな前提は非現実的だ。」「建築が必要ないなら、お前はどうやって暮らすつもりだ」と言われるかもしれません。

では、軽い「テント」はどうでしょうか。地震が起きても、地面が揺れるだけ。テントが倒れたとしても、被害は無いでしょう(その代り台風は大変ですが)。

 

建築の目指すべき姿は、究極的に言えば「テント」でも良いかも、と思うのです。

 

壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想

つまり、「壊れない建築」より「建築ナシで壊れる物が無い」という発想へのシフトが重要かもしれません。

もちろん建築が不必要だとは言いません。やはり防犯、環境、意匠的な面で建築は必要ですし。ただ地震で建物が壊れ、人が被害を受ける。

 

何だか自業自得なことをやっている、とも思えます。

両方を満たす建築は無いものか。建築的な機能を満たし、地震で地面が揺れてもテントのように被害を受けない建築。

未来の建築の姿だと思います。

 

まとめ

  • 地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方
  • 地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない
  • 壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  2. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  3. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  4. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  5. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。

関連記事

  1. 構造設計の話

    増築工事は既存建物の庇に気をつけましょう

    それは僕が3年目の頃でした。当時、EV棟の増築設計を沢山担当しておりま…

  2. 建築屋さんの転職

    50㎡の建物が確認申請を出すまで1年かかって病んだ件。

    仕事は早く終わるほど精神衛生上良いものです。僕が入所しているブラック事…

  3. 構造設計の話

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  4. 建築業界の分析

    CLT建築ってどーなのよ。あれこれ口を出します。

    最近にわかに名前を聞くようになった「CLT」。ツイッターのタイムライン…

  5. 構造設計の話

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

  6. 構造設計の話

    設計者による考えの違いって、本当に邪魔くさいな。

    設計者による考えの違いって本当に邪魔くさいと思うことがあります。僕が1…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築学生の就活

    建築屋さんがもっとWEBで情報発信すべき3つの理由
  2. 建築業界の分析

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    構造一級建築士の定期講習費用はいくら?どの機関が開催しているの?
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】独学で法規勉強したけどインデックスは必要ない件
  5. 建築屋さんの転職

    MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件
PAGE TOP