構造設計の話

最終更新日: 2019.09.29

地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

ども、tyazukeです。

日本は地震国です。地震によって大きな被害を受けた歴史があります。だけど、それは建物が崩れて瓦礫の下敷きになったとか、建物が燃え広がったという被害です。

 

2011年の東日本大震災では地震によって原発建屋が大きな被害を受けましたね。

これらは元々、建築が無ければ起こりえない災害。つまり人災です。今回は、地震は天災ではなく人災だという話について。

スポンサーリンク

 

地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方

特に建築関係者に多いのですが、「地震による未曾有の大災害」という言い方。しかし、地震によって人が傷つくわけではなく、地震で建物が壊れることで被害が起きます。

 

これは案外忘れがちですが、僕は重要なポイントであると思います。建築ありきの世界で、人間中心に考えれば地震は天災でしょうが、もっと違う発想ができないかなと。

 

地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない

例えば建築が一切なくて、地面が揺れるだけなら、地震の被害は少ないでしょう。地割れが発生するとか、土砂が落ちてくるなどの被害は避けられませんが、それ以外の被害は無い。

 

「そんな前提は非現実的だ。」「建築が必要ないなら、お前はどうやって暮らすつもりだ」と言われるかもしれません。

では、軽い「テント」はどうでしょうか。地震が起きても、地面が揺れるだけ。テントが倒れたとしても、被害は無いでしょう(その代り台風は大変ですが)。

 

建築の目指すべき姿は、究極的に言えば「テント」でも良いかも、と思うのです。

 

壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想

つまり、「壊れない建築」より「建築ナシで壊れる物が無い」という発想へのシフトが重要かもしれません。

もちろん建築が不必要だとは言いません。やはり防犯、環境、意匠的な面で建築は必要ですし。ただ地震で建物が壊れ、人が被害を受ける。

 

何だか自業自得なことをやっている、とも思えます。

両方を満たす建築は無いものか。建築的な機能を満たし、地震で地面が揺れてもテントのように被害を受けない建築。

未来の建築の姿だと思います。

 

まとめ

  • 地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方
  • 地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない
  • 壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  2. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  3. 図面の縮尺がわからない?縮尺が合わない図面の三角スケールの使い方
  4. 【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  5. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件

関連記事

  1. 構造設計の話

    構造設計で使う計算ソフトって?SS3がほとんど!

    構造設計のほとんどが『一貫計算プログラム』と呼ばれるソフトを使っていま…

  2. 構造設計の話

    天秤になる部材は気を付けよう。

    最近読んだ本の紹介ばかりしていますが・・・。もちろん毎日構造設計もして…

  3. 構造設計の話

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。

    椀の上に箸をおくとき、本を積むとき、私たちは、『落ちないように、崩れな…

  4. 構造設計の話

    吹き抜け部の移行せん断力による、剛床の確認について

    均等にフレームが組まれたラーメン構造の場合、吹き抜け部があっても特に問…

  5. 構造設計の話

    大学院まで卒業した僕が構造設計に向いていない3つの理由。

    来年、勤めているブラック事務所を辞めます。理由の半分は、田舎へのUター…

  6. 建築業界の分析

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築屋さんの転職

    MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件
  2. 建築屋さんの転職

    中小企業は教育しない?教育しない会社、設計事務所で若手が育たない理由
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    TACの一級建築士講座の評判は?実際に使ってみた感想、大手2社との違い
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    月額500円で、日建学院の過去問題5年分が勉強できる件
  5. 建築業界の分析

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP