建築のこと

地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

ども、tyazukeです。

日本は地震国です。地震によって大きな被害を受けた歴史があります。だけど、それは建物が崩れて瓦礫の下敷きになったとか、建物が燃え広がったという被害です。

 

2011年の東日本大震災では地震によって原発建屋が大きな被害を受けましたね。

これらは元々、建築が無ければ起こりえない災害。つまり人災です。今回は、地震は天災ではなく人災だという話について。

スポンサーリンク

 

地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方

特に建築関係者に多いのですが、「地震による未曾有の大災害」という言い方。しかし、地震によって人が傷つくわけではなく、地震で建物が壊れることで被害が起きます。

 

これは案外忘れがちですが、僕は重要なポイントであると思います。建築ありきの世界で、人間中心に考えれば地震は天災でしょうが、もっと違う発想ができないかなと。

 

地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない

例えば建築が一切なくて、地面が揺れるだけなら、地震の被害は少ないでしょう。地割れが発生するとか、土砂が落ちてくるなどの被害は避けられませんが、それ以外の被害は無い。

 

「そんな前提は非現実的だ。」「建築が必要ないなら、お前はどうやって暮らすつもりだ」と言われるかもしれません。

では、軽い「テント」はどうでしょうか。地震が起きても、地面が揺れるだけ。テントが倒れたとしても、被害は無いでしょう(その代り台風は大変ですが)。

 

建築の目指すべき姿は、究極的に言えば「テント」でも良いかも、と思うのです。

 

壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想

つまり、「壊れない建築」より「建築ナシで壊れる物が無い」という発想へのシフトが重要かもしれません。

もちろん建築が不必要だとは言いません。やはり防犯、環境、意匠的な面で建築は必要ですし。ただ地震で建物が壊れ、人が被害を受ける。

 

何だか自業自得なことをやっている、とも思えます。

両方を満たす建築は無いものか。建築的な機能を満たし、地震で地面が揺れてもテントのように被害を受けない建築。

未来の建築の姿だと思います。

 

まとめ

  • 地震の被害が人災だ、は人間中心の考え方
  • 地面が揺れるだけ(地震)なら被害は少ない
  • 壊れない建築より、建築ナシで壊れる物が無い、という発想
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  2. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  3. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  4. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。
  5. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  2. 建築のこと

    アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?

    ども、tyazukeです。日本の近代建築をつくった巨匠前川國男…

  3. 構造設計に関すること

    2本打ち杭基礎のねじり曲げの検討について

    最近の傾向として、杭は複数本打つよりも高支持力の杭にして1本打ちとする…

  4. 建築のこと

    家は影の下なのになぜ熱いのか?

    ども、tyazukeです。木の木陰に入ると涼しく、暑さをしのげ…

  5. 生きる知恵

    失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法

    ども、tyazukeです。社会人5,6年目になると早い人は部下…

  6. 構造設計に関すること

    菱形と正方形では、どちらが強いのか?

    菱形と四角形では断面係数が違います。どの程度違うのか?…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP