構造設計に関すること

敷地境界近くの直接基礎はDfに注意しよう。

最近、自宅マンションの近くに住宅が出来ました。ベランダから工事の様子が見えるのですが、3方が住宅に囲まれていて、とても工事がやりにくそうです。公共物件メインで設計している身からすると、敷地は広々としていることが前提なので、少し窮屈に見えます。でも住宅専門に設計されている方なら、当たり前なんですよね。

さて、敷地境界近くに基礎があるとき、支持力の計算方法に注意する必要があります。それは、Dfを過剰に考慮していないか?と言う点。DfとはGLから基礎底までの距離です。ご存じのように、直接基礎の支持力計算は3つの項から決まります。ざっくり説明すると、1つは粘性土に関する支持力の項、2つ目は砂質土に関する支持力の項、3つ目が基礎深さ(Df)に関する支持力の項です。

地盤は大別すると、粘性土と砂質土に分けられます。ですから、どちらかに該当した時点で、先ほどの3つの項は2つの項になるわけです。粘土地盤を支持層とするなら、内部摩擦角=0です。

で、Dfの項は基礎深さが深ければ深いほど支持力が大きくなります。要するに、基礎より上の土が、基礎を押さつけることによって支持力が上昇するのです。

しかし、境界近くの基礎は、本当にDfを考慮して良いのでしょうか?

スポンサーリンク

 

隣地で掘削する恐れはないだろうか?

境界近くに基礎を設ける場合、Dfの項は安全側に0とする場合もあります。理由は、相手側の敷地で、境界近くを掘削する恐れがあるからです。もし掘削して基礎が丸裸になったとき、基礎は片側しか土に埋まっていません。その状態で本当に土の押さえ効果が期待できるのでしょうか。

また、隣地が道路で、建設地のGLレベルが高く、道路のGLが低い場合、Dfは道路側のGLから基礎底までの距離で計算する必要はないでしょうか。片側が低く、片側が高い場合、安全側に判断すれば、GLが低いものとしてDfを算定する方が無難でしょう。

境界近くの基礎は、中々神経を使います。前述したDfの件もあれば、偏心基礎にしないと納まらないケースが多いからです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて
  2. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  3. クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について
  4. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  5. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    応力を算定する時本当に反力は必要なのか?

    今回の記事は、オチも何にもありませんので、あしからず。突然、学生時代か…

  2. 構造設計に関すること

    構造設計者なら知っておきたい、重力とは何か?

    ほとんどの物には必ず重量があります。重量は、物質の質量×重力加速度9.…

  3. 本の紹介

    木造住宅は、本当は強い?熊本の地震が教えてくれたこと

    「木造住宅は、構造設計(計算)を行う必要がない」一般の方が聞け…

  4. 構造設計に関すること

    数学苦手だった僕が構造設計者になって悩んだこと。

    僕は学生の頃から数学が苦手でした。数式やら公式を誘導するとか、正直わか…

  5. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  6. 構造設計に関すること

    武藤清の力学本は読み応えがあって良いですね。

    昔の力学本は読み応えがあってとても良いです。もちろん、過去の本…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  3. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP