構造設計に関すること

敷地境界近くの直接基礎はDfに注意しよう。

最近、自宅マンションの近くに住宅が出来ました。ベランダから工事の様子が見えるのですが、3方が住宅に囲まれていて、とても工事がやりにくそうです。公共物件メインで設計している身からすると、敷地は広々としていることが前提なので、少し窮屈に見えます。でも住宅専門に設計されている方なら、当たり前なんですよね。

さて、敷地境界近くに基礎があるとき、支持力の計算方法に注意する必要があります。それは、Dfを過剰に考慮していないか?と言う点。DfとはGLから基礎底までの距離です。ご存じのように、直接基礎の支持力計算は3つの項から決まります。ざっくり説明すると、1つは粘性土に関する支持力の項、2つ目は砂質土に関する支持力の項、3つ目が基礎深さ(Df)に関する支持力の項です。

地盤は大別すると、粘性土と砂質土に分けられます。ですから、どちらかに該当した時点で、先ほどの3つの項は2つの項になるわけです。粘土地盤を支持層とするなら、内部摩擦角=0です。

で、Dfの項は基礎深さが深ければ深いほど支持力が大きくなります。要するに、基礎より上の土が、基礎を押さつけることによって支持力が上昇するのです。

しかし、境界近くの基礎は、本当にDfを考慮して良いのでしょうか?

スポンサーリンク

 

隣地で掘削する恐れはないだろうか?

境界近くに基礎を設ける場合、Dfの項は安全側に0とする場合もあります。理由は、相手側の敷地で、境界近くを掘削する恐れがあるからです。もし掘削して基礎が丸裸になったとき、基礎は片側しか土に埋まっていません。その状態で本当に土の押さえ効果が期待できるのでしょうか。

また、隣地が道路で、建設地のGLレベルが高く、道路のGLが低い場合、Dfは道路側のGLから基礎底までの距離で計算する必要はないでしょうか。片側が低く、片側が高い場合、安全側に判断すれば、GLが低いものとしてDfを算定する方が無難でしょう。

境界近くの基礎は、中々神経を使います。前述したDfの件もあれば、偏心基礎にしないと納まらないケースが多いからです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  2. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  3. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  4. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  5. ブログを書く時の、ネタ集めの方法とは?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  2. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

  3. 構造設計に関すること

    RC造ルート1の設計はAw=0の場合、適用できないから気をつけましょう

    1年目。入社して1ヶ月経った頃、隣の先輩にポイと図面を渡されました。「…

  4. 構造設計に関すること

    増築工事は既存建物の庇に気をつけましょう

    それは僕が3年目の頃でした。当時、EV棟の増築設計を沢山担当しておりま…

  5. 構造設計に関すること

    剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。

    ども、tyazukeです。剛度増大率とは、元々部材が持っている…

  6. 構造設計に関すること

    意図なく部材を細くしたところで、良い建築はできないよ

    学生や社会人1年目、今でもそうですが細い柱って憧れますわ。100mm以…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP