構造設計に関すること

敷地境界近くの直接基礎はDfに注意しよう。

最近、自宅マンションの近くに住宅が出来ました。ベランダから工事の様子が見えるのですが、3方が住宅に囲まれていて、とても工事がやりにくそうです。公共物件メインで設計している身からすると、敷地は広々としていることが前提なので、少し窮屈に見えます。でも住宅専門に設計されている方なら、当たり前なんですよね。

さて、敷地境界近くに基礎があるとき、支持力の計算方法に注意する必要があります。それは、Dfを過剰に考慮していないか?と言う点。DfとはGLから基礎底までの距離です。ご存じのように、直接基礎の支持力計算は3つの項から決まります。ざっくり説明すると、1つは粘性土に関する支持力の項、2つ目は砂質土に関する支持力の項、3つ目が基礎深さ(Df)に関する支持力の項です。

地盤は大別すると、粘性土と砂質土に分けられます。ですから、どちらかに該当した時点で、先ほどの3つの項は2つの項になるわけです。粘土地盤を支持層とするなら、内部摩擦角=0です。

で、Dfの項は基礎深さが深ければ深いほど支持力が大きくなります。要するに、基礎より上の土が、基礎を押さつけることによって支持力が上昇するのです。

しかし、境界近くの基礎は、本当にDfを考慮して良いのでしょうか?

スポンサーリンク

 

隣地で掘削する恐れはないだろうか?

境界近くに基礎を設ける場合、Dfの項は安全側に0とする場合もあります。理由は、相手側の敷地で、境界近くを掘削する恐れがあるからです。もし掘削して基礎が丸裸になったとき、基礎は片側しか土に埋まっていません。その状態で本当に土の押さえ効果が期待できるのでしょうか。

また、隣地が道路で、建設地のGLレベルが高く、道路のGLが低い場合、Dfは道路側のGLから基礎底までの距離で計算する必要はないでしょうか。片側が低く、片側が高い場合、安全側に判断すれば、GLが低いものとしてDfを算定する方が無難でしょう。

境界近くの基礎は、中々神経を使います。前述したDfの件もあれば、偏心基礎にしないと納まらないケースが多いからです。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  2. 【二級建築士】風圧力、地震力の計算に関する問題
  3. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  4. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  5. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    埋め込み柱脚にしたときの支点について

    ども、tyazukeです。これまで、柱脚の納まりを埋め込み柱脚…

  2. 建築のこと

    ALC版の許容スパンは、同じ荷重でも各メーカーで違う件

    ども、tyazukeです。屋根や床にALC版を使うことがあります。荷重…

  3. 建設業界のこと

    地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

    地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確…

  4. 構造設計に関すること

    剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。

    ども、tyazukeです。剛度増大率とは、元々部材が持っている…

お問い合わせ

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP