構造設計に関すること

RC梁せいはスパンの1/10で決めるのは、なぜ?

ども、tyazukeです。

RC規準を読み進めると、色々な発見があって面白いです。

RC梁は自重が大きく、強度も高くないので長いスパンを飛ばすことができません。RC梁では、せいぜい10mが限界です。

このとき梁せいの最低値はスパンの1/10を梁せいと考えますが、この根拠は一体何でしょうか?経験値だと思いますか?確かに直感が働いて、梁せいを1/10にしているケースもありますが・・・。

 

ちなみに、下記の本がおすすめ。僕も1冊持っていますが、剛域だけでなくRC造全般の構造計算を勉強するなら良いですよ。記事の終わりに書いていますが、実務の初学者や大学院生におすすめ。

大学生が持つには、まだ早いですが後々構造設計のに携わるなら損はないです。先行投資ですね。というわけで気になる人は下記のリンクからどうぞ。

鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説〈2010〉

 

実は、この根拠となる式があるのです(既にご存じかもしれませんが)今回は、RC梁のせいはスパンの1/10で決める根拠について特集します。

スポンサーリンク

 

建物の使用上の障害を防止するための、梁断面の算定方法

RC規準の13条解説1(5)に明記されていました(1988年版)。この検討式では、長期荷重時にコンクリートの過大なひび割れなど建物の使用上の障害を防止するため、梁の支点間距離と全せいの比を、規定の限度に定めています。下式を見てください。

L/D < (Cc/α × b/wo)^1/2

左項は、スパンと梁せいの比率です。右項は色々計算が必要みたいですね。

 

Ccは定数です。Cc=1 N/m㎡(T形梁)、=0.6 N/m㎡(長方形梁)です。αも定数。α=0.0625(両端固定)、=0.125(単純支持)、=0.5(片持ち梁)です。

bは梁幅。Woは梁の平均荷重です。これは、梁に作用する全荷重(負担荷重)÷梁長さで算定できるでしょう。

1つ例を示します。

 

実際に計算してみよう

6×8mのスラブがあります。48㎡のスラブは持ちませんから、短辺方向に1本、小梁を入れます。床のTL=6.0kN/㎡です。このとき、小梁は負担重量分の荷重を受けます。先ほどの式で、計算すべき未知数はwo=W/Lでした。

W=6.0x6.0x8/2=144kN(台形荷重ですが簡単のため等分布荷重と考えた)、L=6.0m、wo=W/L=24となりました。Cc=1.0、α=0.0625、b=300、wo=24、L=6000より、Dを逆算します。

 

まず、右の項を計算すると、(Cc/α × b/wo)^1/2=11程度です。つまり、D=6000/11=545mmとなりました。

この式から明らかであるように、僕たちが何となく使っていた『RC梁の梁せいはスパンの1/10』は正しそうですね。また、α=0.125で検討すると、

  • (Cc/α × b/wo)^1/2=10となります。まさかのピッタリ!

 

さて、RCの端部は小梁でも『単純支持』ではありません。しかし、『固定』ともいえないので、評価方法が無いときは安全側に『単純支持』で検討したほうが良さそうですね。

以上のように、『RC梁の断面はスパンの1/10』について明確な回答が得られました。『何となく』使っている式もひも解くと結構深い、まだまだ勉強が必要ですね。

 

RC規準書つながりで、話は逸れますが損傷制御性と安全性について記事を書きました。あわせに参考にしてください。

RC造の使用性と損傷制御性と安全性について

 

あと、下記の記事もRC規準書について書きました。曲げひび割れって実務で結構使う感じです。

曲げひび割れモーメントとは何か?

 

こちらは最新のRC規準・同解説。自宅でも規準書読みたい人は良いですよ。僕の場合、会社にもちろん置いてあるけど、手元に欲しいので購入しました。

高かったけど一生モンと思えば安いです。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学教授は上手い商売なのか
  2. 二級建築士の受験資格について
  3. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  4. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  5. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    「今の建築の98%は糞だ」とフランクゲーリーは言った。

    「今の建築の98%は糞だ」これは、ぐにゃぐにゃ建築でお馴染…

  2. 構造設計に関すること

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  3. 構造設計に関すること

    基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

    ども、tyazukeです。基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを…

  4. 構造設計に関すること

    鉄骨小梁の計算スパンとリブプレートを入れる理由

    鉄骨小梁を計算するときに、スパンはどのように考えていますか?普通にやる…

  5. 構造設計に関すること

    基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

    普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように…

  6. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その2

    前回に引き続き、EV棟の設計について紹介します。前回のおさらいポイント…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  4. 一級建築の試験勉強

    「一級建築士って簡単にとれますよ?今は価値がありません」
  5. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
PAGE TOP