一級建築の試験勉強

特定構造計算規準とは何か?

昨年頃から確認申請書に第6面を書くことになました。第6面の書き方を教えてください、なんて言われませんか。

中身をみると、計算プログラムを書くなど、大した内容ではありませんが・・・「特定構造計算規準」というチェック項目があります。

建築基準法 目からウロコの確認申請
ん、「特定構造計算規準」?。今回は、特定構造計算規準について考えていきます。

スポンサーリンク

 

法第20条の第2号、3号の計算は「特定構造計算規準」となる(令第9条の2)

実は、特定構造計算規準とは法第20条第1項の二号、三号の計算方法と規定されています。これは平成26年の改正により、令9条の2で位置づけられました。

では、法第20条第1項の二号、三号の計算方法とは何か。まず法第20条では構造耐力に関する項目が書かれています。

 

まず一号は、いわゆる超高層建築物に関する規定です。高さが60メートル以上の建築物の計算方法が示されています(時刻歴応答解析)。

二号は高さ60メートル以下の建築物で、高さ13メートルまたは軒の高さ9メートルを超えるもの、または階数4階以上である鉄骨造、高さ20メートルを超えるRC又はSRC造の建築物、その他これに類するもの、と定められています。

三号の条文は少し省略しますが、石造、れんが造、コンクリートブロック造、無筋コンクリート造の計算方法が書かれています。

 

S造、RC造、SRC造の建物が一般的ですから、普通は二号に該当します。二号に該当するということは、特定構造計算規準となるわけです。

口が悪いでけど何も考えずに特定構造計算規準にチェックしても、普通間違いにはなりません。一号の設計はほとんどありませんし、四号の建物は六面自体を提出しないはずですから。

よって構造計算を行うほぼすべての建物は特定構造計算規準に該当するのです。ちなみに、計算ルートは令81条第2項に規定されます。

 

この法文の関係性も案外ややこしいので注意したいですね。個人的には、法6条と20条、81条が頭の中で混雑するのですが。第6条は建築物の建築などに関する申請及び確認、第20条は建築物の構造耐力と覚え、間違えないようにしたいものです。

 

まとめ

  • 法第20条の二号~三号は特定構造計算規準に該当する

確認申請に関する記事は久々に書きましたが、下記の記事を書いた頃は「特定構造計算基準」なんて言葉なかったんですねぇ。月日の流れを感じます・・・。

確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話

 

ということで下記は、今回の話題も含め確認申請のポイントが学べる本です。あわせて参考にしてください。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【書評】本田正信VS石田三成
  2. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  3. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  4. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  5. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話

関連記事

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。

    ども、tyazukeです。以前、僕が一級建築士試験を1ヶ月半間…

  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法

    ども、tyazukeです。そろそろ一級建築士を取りたいなぁ、と…

  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士合格者が語る「時間の使い方」を分析してみた

    ども、tyazukeです。成功者の格言って説得力がありますよね…

  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法

    ども、tyazukeです。一級建築士の試験で2択に迷ったとき、…

  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】平成29年度の計画が、酷い内容のテストだったわ。

    ども、tyazukeです。最近、一級建築士ネタが尽きません。落…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
PAGE TOP