労働

就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件

ども、tyazukeです。

僕が、学生の頃やっとけばよかったなーと思うことの1つが「自己分析」です。自己分析をキッチリして、就活エージェントに客観的なアドバイスをもらっていれば就職に失敗することもありませんでしたから。

OBからの金言ですよー。「就活は適当にやるな!」です。

 

特に、就職後のミスマッチを避けるためには自己分析が不可欠。でも、自己分析ってイマイチ納得いきませんよね?

それもそのはず。自分で自分のことを正しく評価出来る人はいません。

 

「自分の強み・弱み」「自分は何がやりたいのか」と悶々と悩みます。今回は、そんな就活生の悩みを聞いてくれる相談サービス「キャリセン」について調べてみました!

就活生必見ですよー。

スポンサーリンク

 

相談から始まる就活支援サービス

キャリセンは、普通の就活サイトとは違うんですよ。皆さん就活サイトに登録していますが、どこか機械的ですよね?

一応担当者からメールは送られてくるけど自動送信っぽいし、「処理されている感」が半端ない。

 

キャリセンは、「相談」から始まる点が他の就活サイトとは違います。愛情ぶかい、というか。親身、というか。初回は専任の採用コンサルタントが1時間、じっくりと個別相談を実施するそうな。

 

僕が学生の頃、こんな支援サービスがあればなぁ・・・

 

特徴① 企業からメッセージがもらえる

就活で第一希望の会社に落ちたら、「なぜ落ちたんだ?」と思いますよね。

入りたかった会社であれば、あるほどその気持ちは強くなる。次の会社に影響がでることも。せめて、落ちた理由くらい教えて欲しい。そう思いませんか?

 

キャリセンでは合否に関わらず選考企業からのフィードバックがもらえるんですよ。次に繋がるし、仮に落ちても無駄死にではなかった、と思えます。

「相談サービス」ならでは。普通の就活サイトよりも愛情がある気がしませんか?

 

特徴② プロの就活エージェントとの個別相談が嬉しい

僕が一番興味惹かれたのは、プロの就活エージェントが完全無料で就活相談にのってくれること。

コレ本当に凄いですよ。基本、大学教授って就活には無関心じゃないですか?俺は関係ないっていうスタンスの人多いですよね。

 

もうね。「キャリセン」の就活エージェントの方が何十倍も心強いですよ。これまで累計5万人の就活生が利用しているし、エージェントは10年以上の経歴がある。

しかも個別相談ですよ?

よくある合同の就職説明会より、断然よくないですか。

 

キャリセンを使って、将来が開けた人たち

HPを見てみると、実際に利用した人の声が書いてあります。皆さん揃いも揃って、就活をコミットさせています。結果にコミット。

それよりも注目したのは、「将来のビジョンが描けた」「やりたいことがわかった」という声。一生やりたいことが見つからない人がいる中で、これはスゴイよ。

将来のビジョンや夢が明確に描けず就活エージェントへ就職相談

「何が正しい」のかわからなかったが個別面談をしたことで2ヶ月で内定!

緊張で面接がうまくいかなかったが就活エージェントに助けられ内定率100%!

 

とりあえず無料なんでね。物は試しにってことで、登録してみるのもアリですよ~。何度も言うけど、大学教授より何倍も心強いから!

では!

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  2. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  3. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  4. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  5. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる

関連記事

  1. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて

    【※3000字くらいの文量あります。読了に10分くらいかかります。】…

  2. 建築のこと

    今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

    ども、tyazukeです。「日本の技術力は一番!」「日本は最強…

  3. 建設業界のこと

    印象最悪! 兵庫県住宅建築総合センターへ行ってきた。

    僕は、設計した物件の半分以上が関西圏の建物で、なぜか兵庫県の物件に多く…

  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。

    ども、tyazukeです。建築嫌い系建築ブロガーとして、散々こ…

  5. 建設業界のこと

    設計事務所にインターンへ行くメリットとは?

    このブログで散々、設計事務所はブラックだと公言していますが、まだまだ広…

  6. 建設業界のこと

    副本、控えは必要ない。原本の「同期」とVR技術による申請業務の簡略化提案

    新入社員に任せる仕事は少ない。それでも、申請図書の印刷くらいはできるだ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    「一級建築士って簡単にとれますよ?今は価値がありません」
  2. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  3. 二級建築士の試験勉強

    【二級建築士】鉛直荷重に関する問題の解き方
  4. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP