一級・二級建築士の勉強法

最終更新日: 2019.10.9

【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ

ども、tyazukeです。

独学組の皆さんはどういった勉強を実践中でしょうか?問題集重視の方もいれば、テキスト重視の方も。

僕はどちらかと言えば問題集重視でしたね。前回の記事を読んだ方はご存知ですが、僕は2年間総合資格に通っていました。よって総合資格のテキストを持っています。

 

今回は総合資格のテキストについてレビューしたいと思います。ちなみに総合資格のテキストは非売品です。ネットで売れているわけでもなく、譲渡も負荷のはずなのでほしい方は契約が必要ですよ。

 

この本なら、本屋で購入可能。過去問が625問収録されています。ただ、非売品はその3倍(1500問以上)収録です。

1級建築士試験学科厳選問題集500+125〈平成27年度版〉

日建学院の講義の特徴はこちら⇒ 日建学院の講義の特徴3つ、受講料、総合資格との違い

スポンサーリンク

暗記の箇所を効率的に学べる点は、さすが予備校のテキスト

一級建築士の勉強で一番大変なこと。それは膨大な試験範囲を暗記しなければならない点。当然、人間はそこまで優秀ではありません。

暗記には限度があります。ある程度範囲を絞って暗記出来たら最高ですね?そういう意味でも、総合資格のテキストは効率的。

 

テキストは黒文字、黒太文字、赤文字の3種類に分かれています。赤文字が最も重要度が高い部分です。過去問にも頻出して出題される項目を赤文字としています。

次に黒太文字。これは過去問にも出題経験があり、総合資格独自の判断で重要と考えられる項目。

つまり総合資格のテキストを使えば、かなり範囲を絞った暗記が可能、ということです。僕も実際に使ってみて、それなりにメリットはあるなぁと。

挿絵が分かりやすい。

現場を見たことが無い人は、どうしても施工のイメージが湧きません。最近はyoutubeで動画検索すれば様々な工事が見られるので良いですが。

テキストを読むだけでは理解が進まないことも。その点、総合資格のテキストは挿絵が細かく入っているので分かりやすい。

親切なテキストだと思います。

新しい情報は網羅してないから注意!

注意したい点は、あくまでも資格学校のテキストということ。つまり、試験の傾向によって内容はゴロッと変わります。

僕が持っているテキストは5年前のものなので、既に通用しなくなっている部分もあるかもですね。

また施工は毎年新技術が更新されたり、規準が変わることもある。覚え間違いしていることもあるので、そこは新しい問題集などでカバーしましょう。

 

計画・法規も毎年内容が変わっていきます。計画・法規・施工は予備校のテキストを丸々信じないように注意しましょうねー。

まとめ

総合資格のテキストは確かに分かりやすい。100万円を支払ったのだから当然と言えば当然ですが(一生根に持つでしょう)。でも無くても問題ありません。

基本、問題集を勉強すればOKですし、分からない項目があればネットで調べれば95%は答えが出てきますからね。

以上、総合資格のテキストレビューでした!

 

ちなみに日建学院の資格本なら、この本が人気です。やっぱ過去問ですね!

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  2. 建築の将来は?10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  3. 建築士に向いていない性格は?働いて分かったこと、解決方法3つ
  4. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  5. 一級建築士はどんな人が落ちる?落ちたらどう過ごす?

関連記事

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士試験の法規を独学1.5ヶ月で21点取ったコツ6つ

    ども、tyazukeです。あなたは「一級建築士の法規の…

  2. 一級・二級建築士の勉強法

    建築士試験の時間は?時間割と休憩時間の使い方

    ども、tyazukeです。あなたは 「建築士試験は何時から?…

  3. 一級・二級建築士の勉強法

    二級建築士の受験資格は?

    ども、tyazukeです。今回は二級建築士の受験資格について紹…

  4. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】

    学問に王道なしと言います。つまり色んな方法がある、ということ。…

  5. 一級・二級建築士の勉強法

    日建学院の講義の特徴3つ、受講料、総合資格との違い

    ども、tyazukeです。あなたは「日建学院と総合資格…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計の話

    アンカーボルトのABMとABR、この違い知っていましたか?
  2. 建築業界の分析

    設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  3. 建築屋さんの転職

    上司を変えるには?僕が実践した1つの方法、その後の職場環境
  4. 建築屋さんの転職

    設計事務所への就職はどう?種類、仕事内容、給料、労働環境など
  5. 設計事務所の実態

    仕事は質と量のどちらが大切?1日12時間働いて出した答え、成長に必要なこと
PAGE TOP