ブログ運営

アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件

ども、tyazukeです。

僕は本が好きです。小さい頃は絵本、小学生になると少し文章が入った本や、漫画。高校生になると小説。大学院では専門書。

今では特にこだわりなく、色んな本を読んでいます。ジャンルにこだわらず、面白いと思ったものを読むスタイルです。

 

で、毎月の本題が馬鹿にならないので、ある時から図書館に切り替えました。でも、図書館ってやっぱり不便なんですよね。

新しい本は少ないし、入荷したと思っても先約が入っている。

 

そこで、以前から読み放題タイプの電子書籍を検討していました。Yahoo!ブックストアとか、楽天マガジン、Kindle Unlimitedですかね。

結局どの会社がおすすめかなぁ、と色々ネットで調べてみることに。

このあたりのサイトが参考になりましたね。

で、僕は結局「Kindle Unlimited」の、お試し無料を30日間初めてみることにしました。良かったらそのまま継続。

というか、このまま不具合がなければ、30日どころか一生続けても良いってくらいスゴイんです。

 

月額980円でこのクオリティ!

驚きなのが、月額たったの980円で下記の本が読み放題、ということ。サービスのクオリティが高すぎますって、本当に。

  • ジャンル オールジャンル
  • 対象作品数 コミック・書籍・雑誌12万冊以上洋書120万冊以上
  • パソコンでの利用 ◯

好きなだけ本が読める、というキャッチは全然間違いじゃない。本当に好きなだけ、朝から晩まで年がら年中違う本を読めます。

 

何度も言いますが、月額980円ですよ。

もう何度でも言ってやりますが、月額980円ですよこのサービス。

僕は雑誌が好きなので、毎月5、600円払って雑誌を購入していました。その行為がいかに無駄なことか・・・。

 

雑誌ってすぐにボロボロになりますよね?元々消耗品感覚で買っているんです。コレクションとして紙の本をとっておく必要がないなら、電子データで良くない?と思いましたねー。

無料期間中の使用感ですが・・・Kindle Unlimitedを始めて、ほんと世界が広がりました。

 

毎月980円、本に費やしている人は電子書籍に乗り換えろ!

毎月980円、本に費やしているなら断然Kindle Unlimitedがおすすめ。

実際、980円以上の価値は十二分にあります。

 

・・・と言いつつも、ケチな僕はまだ契約していません。とりあえず迷っているので、Kindle Unlimitedを使い倒しつつ、無料期間中の30日間だけは様子をみて決めます。

先に書いた通り、たぶんこのまま使い続けると思いますが。

 

というわけで、今日はKindle Unlimitedを使ってみた報告でした(30日間の無料体験中)。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  2. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  3. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  4. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  5. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

関連記事

  1. 本の紹介

    何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

    ども、tyazukeです。僕は普段小説を読まないのですが、実は…

  2. 生きる知恵

    失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法

    ども、tyazukeです。社会人5,6年目になると早い人は部下…

  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?

    ども、tyazukeです。一級建築士と二級建築士の違いって何で…

  4. 労働のこと

    やること無さそうな部長に限って、なぜ定時で帰らないのか?

    あぁ・・・まだ隣にいますよ・・・。ブラック部長が。なーんか、や…

  5. 生きる知恵

    田舎育ちの僕が推薦。東京に疲れたあなたが観るべき田舎暮らしの映画

    ども、tyazukeです。僕は田舎で生まれた育ってきたのですが…

  6. 雑学

    今日の更新は夕方頃です・・・。

    毎日ありがとうございます。本日、ブログの更新は夕方頃になるかと…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP