建築学生の就活

最終更新日: 2019.09.29

建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?

ども、tyazukeです。

学生時代、どの大学に入るかはとても大事です。

僕が言いたいのは学歴が重要、という意味ではなく(もちろん高学歴は有利ですが)良い大学に入れば、周りも優秀な人ばかり。周りに優秀な人が集まると、自然と自分も優秀になるからです。

 

しかし大学といっても旧帝大や名門私立など大学は山のようにあります。一体、どこにある大学へ行くのがベストなのか考えていきましょう。

スポンサーリンク

 

新しい建築が沢山ある都市がおすすめ

建築を学ぶなら、新しい建築が沢山ある都市がおすすめです。

京都のように古き良き街並みを眺めるのもいいですが、それらは文献が豊富なので図書でも十分についていけます。古き良き技術は進化しませんし。

 

大都市の東京で建てられる建築は、常に新しい。東京に建築家が多く集まっていること、新築の数が圧倒的に多いことが理由です。

最近で言えば東京オリンピック関連の建築が増えています。国立競技場が竣工したら、東京の学生は毎日のように見学できますよね。

 

学生の頃、良い建築に出会う経験は大切です。良い建築に出会うには、日本で言えば大都市がおすすめなんです。

 

有名建築家が教鞭をとっている大学がおすすめ

建築を学びたいのなら、有名建築家が教鞭をとっている大学がおすすめです。

手っ取り早いのは東京大学へ行くことですが、最近では様々な大学で建築家が教育者としてタクトを振るっています。

 

有名建築家を調べ、彼らがどの大学でいるか調べましょう。そこに入学することを目標にしてください。

そうなると必然的に、東京をはじめとする大都市の大学が多くなります。

 

建築やりたいなら東京の大学がおすすめ

結局、僕がおすすめするのは東京にある大学です。

僕は東京信者じゃありませんし、東京は嫌いなのですが・・・それでも東京で学生時代を過ごすことは勉強になる。

 

地方とは比べ物にならない建築の量。そして質。建築の新しいイベントや講演会も山ほどあります。地方なら参加できない講演会も、東京なら毎日のように開催中です。

 

地方の大学にいて、図書館やネットで情報収集する間、東京にいればリアルタイムで新しい建築の勉強ができます。

社会人になると、それを尚更痛感します。

やっぱり東京にいるアドバンテージは大きいなぁと。

 

まとめ

これから建築を勉強する方、社会人になろうとする方。どこで建築の勉強をすればいいか悩みますよね。

悩んだら東京です。

 

建築の勉強をしたいなら、地方の大学や会社へ行くメリットは少ないでしょう(建築の勉強という意味では)。

何も東京大学しか認めないってわけじゃありません。東京芸術大学、早稲田大学など。建築に明るい大学は東京に多くあります。

 

これから進学する方、社会人になる方の参考になれば。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築は道路に支配されている、と言う話
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  4. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  5. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法

関連記事

  1. 建築業界の分析

    屋根に折板を使うときの注意点3つ。

    ども、tyazukeです。鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を…

  2. 建築業界の分析

    家は影の下なのになぜ熱いのか?

    ども、tyazukeです。木の木陰に入ると涼しく、暑さをしのげ…

  3. 建築業界の分析

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  4. 建築業界の分析

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家は情報発信に初心だ、と書きまし…

  5. 建築業界の分析

    CLT建築ってどーなのよ。あれこれ口を出します。

    最近にわかに名前を聞くようになった「CLT」。ツイッターのタイムライン…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    建築素人におすすめする、建築物の見方について
  2. 建築屋さんの転職

    設計事務所への就職はどう?種類、仕事内容、給料、労働環境など
  3. 建築業界の分析

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について
  4. 建築業界の分析

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    月額500円で、日建学院の過去問題5年分が勉強できる件
PAGE TOP