建築のこと

建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?

ども、tyazukeです。

学生時代、どの大学に入るかはとても大事です。

僕が言いたいのは学歴が重要、という意味ではなく(もちろん高学歴は有利ですが)良い大学に入れば、周りも優秀な人ばかり。周りに優秀な人が集まると、自然と自分も優秀になるからです。

 

しかし大学といっても旧帝大や名門私立など大学は山のようにあります。一体、どこにある大学へ行くのがベストなのか考えていきましょう。

スポンサーリンク

 

新しい建築が沢山ある都市がおすすめ

建築を学ぶなら、新しい建築が沢山ある都市がおすすめです。

京都のように古き良き街並みを眺めるのもいいですが、それらは文献が豊富なので図書でも十分についていけます。古き良き技術は進化しませんし。

 

大都市の東京で建てられる建築は、常に新しい。東京に建築家が多く集まっていること、新築の数が圧倒的に多いことが理由です。

最近で言えば東京オリンピック関連の建築が増えています。国立競技場が竣工したら、東京の学生は毎日のように見学できますよね。

 

学生の頃、良い建築に出会う経験は大切です。良い建築に出会うには、日本で言えば大都市がおすすめなんです。

 

有名建築家が教鞭をとっている大学がおすすめ

建築を学びたいのなら、有名建築家が教鞭をとっている大学がおすすめです。

手っ取り早いのは東京大学へ行くことですが、最近では様々な大学で建築家が教育者としてタクトを振るっています。

 

有名建築家を調べ、彼らがどの大学でいるか調べましょう。そこに入学することを目標にしてください。

そうなると必然的に、東京をはじめとする大都市の大学が多くなります。

 

建築やりたいなら東京の大学がおすすめ

結局、僕がおすすめするのは東京にある大学です。

僕は東京信者じゃありませんし、東京は嫌いなのですが・・・それでも東京で学生時代を過ごすことは勉強になる。

 

地方とは比べ物にならない建築の量。そして質。建築の新しいイベントや講演会も山ほどあります。地方なら参加できない講演会も、東京なら毎日のように開催中です。

 

地方の大学にいて、図書館やネットで情報収集する間、東京にいればリアルタイムで新しい建築の勉強ができます。

社会人になると、それを尚更痛感します。

やっぱり東京にいるアドバンテージは大きいなぁと。

 

まとめ

これから建築を勉強する方、社会人になろうとする方。どこで建築の勉強をすればいいか悩みますよね。

悩んだら東京です。

 

建築の勉強をしたいなら、地方の大学や会社へ行くメリットは少ないでしょう(建築の勉強という意味では)。

何も東京大学しか認めないってわけじゃありません。東京芸術大学、早稲田大学など。建築に明るい大学は東京に多くあります。

 

これから進学する方、社会人になる方の参考になれば。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ブログを書く時の、ネタ集めの方法とは?
  2. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  3. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  4. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  5. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

関連記事

  1. 建築のこと

    街中にある、とんでも建築を見つけたよ。

    街中にあるとんでも建築。絶対に設計してはならない、と思いつつこっそり見…

  2. 建築のこと

    未来の建築は動いたっていいじゃない。

    ども、tyazukeです。車の自動運転に向けた研究が目覚しいで…

  3. 生きる知恵

    ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。

    ども、tyazukeです。今回は構造目線で考えよう、の第二弾。…

  4. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話

    ども、tyazukeです。先日仕事で東京へ行きまして、予てより…

  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

  6. ブログ運営

    ブログの記事に一貫性なんて求めなくていい、という話

    ども、tyazukeです。ブログを書いていると、「アレ、この記…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 二級建築士の試験勉強

    【二級建築士】鉛直荷重に関する問題の解き方
  2. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP