労働のこと

建築業で独立する人に共通する、たった4つのこと

ども、tyazukeです。

建築の世界で独立する人って案外います。建築業界には自分の考えを持っている人が多くて、それを体現したいと思うからですね。

若い人なら30歳で独立してしまいます。

 

自分も、そのくらいパワフルに働きたいと思ったことはありませんか?自分のやりたい建築のことを、誰にも指示されず自由気ままに・・・。

ということで今回は、建築業で独立する人のたった一つの特徴について考えていきます。

 

5年程度は建築の技術を学ぶ下積みが必要

世の中には、社会に出て1年足らずで独立する方もいます。大学出てそのまま独立、なんて強者も。

一方建築業界では、そういうわけにはいきません。この業界で独立するためには資格が必須だからです。例えば設計で独立したいなら

  • 一級建築士
  • 二級建築士

が必要。一級建築士の資格を取得するためには、実務経験が2年。これを満足しないと独立できませんね。

 

もちろん建築の技術を学ぶ下積みも必要。独立される方に共通するのは、概ね5年程度は下積みを経験していること。

この業界は正しい技術を持っていれば食いっぱぐれることはないです。なぜなら、建築を設計する或いは創る技術、というのは何十年も大して変わっていません。

 

この業界のトップに君臨する方の多くが60歳以上であることが良い証拠ですね。

正しい技術を積み重ねて行けば、計画性が多少なくてもやっていけるのが建築業界です(もちろん、有ると無いでは大きな差はあります)。

 

計画性の前に勢いも大事

綿密な計画の上に独立される方もいますが、勢いも大事。

夏水組というデザイン会社を立ち上げた坂田夏水のように仕事を転々としながら、「転職じゃなくて一人で仕事をしよう」と独立される方も。

あれこれ考えるよりも、自分の体が「今だ!」と感じる瞬間を大事にしたいですね。

 

成功された有名建築家に、綿密な計画性のエピソードを聞いたことがありません。彼らは、芸術的で正しい技術を積み重ねました。

そして、その技術を持っているからこそ、少ないチャンスをモノにしてスターダムへとのし上がったのです。

これは、まさしく「技術×勢い」が成せる技です。

 

独立するなら自分が楽しめることを

独立すればボスは自分です。全ての決定権は自分にあるし、自分で仕事のペースも進めることができる。

それだけでも十分に楽しいですが、独立するなら「自分が楽しめる仕事」をやるべき。

 

その証拠に、独立した人に共通するのは「この仕事が楽しいからやっている」ということ。建築のインテリアデザインが好きなのに、わざわざ図面のトレース会社を立ち上げる人はいませんよね?

そういうことです。

 

貯金は最低300万円は必要

昔は会社を設立するために、最低300万円の資本金が必要でした。

2)商法改正により、株式会社の財産的基礎を確保するために、最低資本金制度が導入され、株式会社では1000万円(旧商法168条ノ4)、有限会社では300万円(有限会社法9条)とされた。ーコトバンク

しかし今ではその上限はありません。1円からでも会社設立が可能。

 

ただ、独立してもいきなり仕事が舞い込むことはありません。営業を重ねて徐々に仕事が増えるのが普通。つまり、初年度は仕事が全くない状況もあります。

これを考慮すると、少なくとも1年間無給で生活する費用として300万円は用意しておくべきでしょう。

もちろん生活レベルによて上下しますよ。

 

まとめ

  • 技術が何より大事。
  • 計画性よりも勢いが大事。
  • 独立する人は、楽しめる仕事を持っている。
  • 貯金が300万円は必要となる。
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  2. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  3. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  4. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  5. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう

関連記事

  1. 労働のこと

    建設業を土曜日が当たり前に休める産業にするために、できること。

    ども、tyazukeです。建通新聞の社説より、抜粋しました。…

  2. 建築のこと

    建築とテクノロジーのこれからに関する考察

    ども、tyazukeです。現在に至るまで、建築業界は1度の大き…

  3. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

  4. 労働のこと

    半沢直樹に学ぶ、利益追求と公共性の話

    池井戸潤さんの社会派小説が好きで数冊持っています。中でも「銀翼のイカロ…

  5. 建築のこと

    アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?

    ども、tyazukeです。日本の近代建築をつくった巨匠前川國男…

  6. 労働のこと

    社会人になって必要なことは知力ではなく「○○力」だ!

    ども、tyazukeです。会社に1人はいる声も、態度もでかい奴…

お問い合わせ

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP