建築業界の分析

最終更新日: 2017.09.23

土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

ども、tyazukeです。

僕が学生のころ、土木はダサい、建築はカッコいいという風潮がありました。いや、僕が思っていたことなんですけどね。

 

でも、現実に構造物を見れば、建築は明らかに作品を意識している一方、日本の土木構造物は格好が悪い。ありきたりです。

今回は、土木はカッコ悪い、建築はカッコいいという風潮について考えていきます。

スポンサーリンク

 

土木はなぜカッコ悪く映るのか?

僕が進路を決める10代のころは、談合の問題で建設業界に不信感を募らせていた時代でした。

そこまで深く考えていなかったにしろ、「何となく建設業界って嫌だなぁ。しかも土木って。土建みたいな響きでカッコ悪いし」と感じていましたね。

 

当時、急激にIT業界に人気が高まっていたことも、土木や建設が落ち目に感じていた理由の1つです。

 

さて、土木がカッコ悪く映る原因の1つは「土木」という名称。これダメですよね。今でこそ、「建設」や「環境建設」に名前を変えていますが。

いかにも泥臭くて、ブルーやブラックな仕事環境を連想する。今どきの学生は、そんな仕事をしたくないんです。

 

もっとスマートで、知的な仕事がしたい。土木は正反対の仕事なんです。

 

また土木構造物は、道路やダム、橋など絶対に必要な社会資本ですが、見た目は良くない。若者が共感しにくい、という側面がある。

 

建築はなぜカッコよく映るのか?

一方、建築はなぜカッコよく映るのかというと、作品としてデザインされているし、ある種芸術的な捉え方もされている。

若い時って、見た目にこだわるじゃないですか。

土木と建築を比較したとき、そりゃ建築がカッコよく映るのは当たり前。建築は芸術的だし、それを設計する建築家も知的でスマートです。

 

海外の土木はカッコいいけど、なぜ日本の土木はカッコ悪い?

一方、海外の土木構造物をみると、結構カッコ良いんですよコレが!スペインの建築家・構造家・彫刻家のサンディアゴ・カラトラバは箸の設計も行います。

これがその1つ。

日本ではほとんど造られない橋ですねぇ。

 

海外ではコレができる。日本は出来ない。その理由は、妙な事なかれ主義があると思うんです。チャレンジ精神の無さとも言えます。

どうも日本の土木は、昔造られた構造物を踏襲する癖がある。それも外観を度外視して。だから日本の土木はカッコ悪いまま、かもしれません。

 

まとめ

とは言いつつも、最近では日本の橋でもカッコいいものは増えています。

土木業界の意識が変わってきているのかな、と。

 

土木業界は結束力がとても強くて、ある事柄を進める時のスピード感は建築の数倍も早い。だからこそ、いい風潮が強まれば、日本の土木はもっともっと良くなる。

そう期待しています。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  2. 日建学院や総合資格の合格実績は?予備校のトリックに気づいて自分の頭で考えよう
  3. 一級建築士に受からない?僕が実践した合格するためのマインド3つ
  4. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。
  5. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】

関連記事

  1. 建築業界の分析

    建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

    ども、tyazukeです。家、ビル、体育館。ありとあらゆる建物…

  2. 建築屋さんの転職

    構造一級建築士の平均年収と、構造屋さんの年収の上げ方

    ども、tyazukeです。あなたは 「構造一級建築士…

  3. 建築業界の分析

    【祝2017年!】今年はさらにパワーアップ!建設業界に切り込む!

    さあ2017年が始まりました。僕にとって2017年はさらなるパワーアッ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級・二級建築士の勉強法

    日建学院の講義の特徴3つ、受講料、総合資格との違い
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    平成29年度 一級建築士の結果報告の件
  3. 一級・二級建築士の勉強法

    【一級建築士】独学で法規勉強したけどインデックスは必要ない件
  4. 建築業界の分析

    設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  5. 建築屋さんの転職

    営業が普通のトップ技術者と、営業トップの普通技術者はどちらが稼げるか?
PAGE TOP