構造設計に関すること

手書き計算書はフリクションボールで作成しよう

フリクションボール(こすって消えるボールペン)が発売されてから手書き計算書はこいつで作成しています。

そもそも構造計算書は電算やエクセルによる作成が多くなっています。が、まだまだ手書きの計算書も外せません。手計算でないとモデル化できない部分、細かい荷重拾い等、手に頼ることがあるからです。

スポンサーリンク

 

以前はシャープペンシルを使っていたが・・・

今まではシャープペンシルで手書き計算書を作っていました。でも消しゴムの消し跡が見苦しかったり書き間違えた時のダメージがでかいなど良いことありません。

 

フリクションボールに変えて起こった5つの良いこと。

それが、フリクションボールを使うことでストレスが6割くらい解消!理由は下記の感じ。

  1. シャープペンよりも滑らかで描きやすい。(そもそもが、ボールペンなので)
  2. 当然フリクションなので、こすれば消える。
  3. 青と赤を駆使すれば、様々な表現が可能。
  4. 印刷すれば黒ですやん。
  5. スキャンとれば、色つきですやん。

って感じ。一番はボールペンならではの滑りのよさ。書きやすさですね。シャープペンの摩擦の感じが一切なくて、非常に滑らかです。

色つきのペンなので分かりやすい資料を作ることができることも。コピーしてしまえば黒ですがスキャンをとってカラー印刷すれば、意図通りの表現です。

 

書類纏めのブレイクスルーが起きた

個人的には、書類纏めのブレイクスルーが起きたなと感じています。

ありがとうフリクションボール。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  2. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  3. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  4. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  5. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について

関連記事

  1. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  2. 構造設計に関すること

    【いい加減覚えろ】毎回言わないと設備荷重をくれない設備設計者たち。【設備屋さんへ】

    建築物は工業製品の塊にも関わらず、1つ1つ全て違います。もちろん構造計…

  3. 建設業界のこと

    優秀な構造家が育つ、組織の在り方とは?

    ども、仕事は大してしないのに組織論が好きなtyazukeです。…

  4. 建設業界のこと

    僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無…

  5. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。

    ども、tyazukeです。僕は大学院で鉄骨造に関する研究室にい…

  6. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP