構造設計に関すること

手書き計算書はフリクションボールで作成しよう

フリクションボール(こすって消えるボールペン)が発売されてから手書き計算書はこいつで作成しています。

そもそも構造計算書は電算やエクセルによる作成が多くなっています。が、まだまだ手書きの計算書も外せません。手計算でないとモデル化できない部分、細かい荷重拾い等、手に頼ることがあるからです。

スポンサーリンク

 

以前はシャープペンシルを使っていたが・・・

今まではシャープペンシルで手書き計算書を作っていました。でも消しゴムの消し跡が見苦しかったり書き間違えた時のダメージがでかいなど良いことありません。

 

フリクションボールに変えて起こった5つの良いこと。

それが、フリクションボールを使うことでストレスが6割くらい解消!理由は下記の感じ。

  1. シャープペンよりも滑らかで描きやすい。(そもそもが、ボールペンなので)
  2. 当然フリクションなので、こすれば消える。
  3. 青と赤を駆使すれば、様々な表現が可能。
  4. 印刷すれば黒ですやん。
  5. スキャンとれば、色つきですやん。

って感じ。一番はボールペンならではの滑りのよさ。書きやすさですね。シャープペンの摩擦の感じが一切なくて、非常に滑らかです。

色つきのペンなので分かりやすい資料を作ることができることも。コピーしてしまえば黒ですがスキャンをとってカラー印刷すれば、意図通りの表現です。

 

書類纏めのブレイクスルーが起きた

個人的には、書類纏めのブレイクスルーが起きたなと感じています。

ありがとうフリクションボール。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  2. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  3. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  4. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  5. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    鉄骨小梁のスパンと応力度の関係の勘所。

    RC小梁に比べて鉄骨小梁は部材選定に慎重になる必要があります。なぜなら…

  2. 構造設計に関すること

    3人の構造家と1人の研究者と会った話。

    社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したこと…

  3. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観とは?

    構造設計者としての倫理観はどうやって磨いていますか?学生の授業…

  4. 構造設計に関すること

    大学院まで卒業した僕が構造設計に向いていない3つの理由。

    来年、勤めているブラック事務所を辞めます。理由の半分は、田舎へのUター…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計者なら知っておきたい、重力とは何か?

    ほとんどの物には必ず重量があります。重量は、物質の質量×重力加速度9.…

  6. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その2

    前回に引き続き、EV棟の設計について紹介します。前回のおさらいポイント…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP