構造設計に関すること

のんびりした性格の人は構造設計やめとけ。

どんな仕事も適性があります。能力云々よりも性格です。簡単な例で、常に人と話をする仕事なのに対人恐怖症や根暗な人は、あまりにもミスマッチ。

逆に仕事の適性と自分の性格がマッチすれば能力が多少劣っていても、長い目で見れば問題ないです。

スポンサーリンク

 

構造設計者の適性って?

じゃあ構造設計者に必要な適性ってなに?と考えます。

  1. キッチリしていること。
  2. 常に忙しくしたい人。

かなあと思います。

どんな仕事でもキッチリすべきです。が、構造設計に関しては人の命と建物を守ります。適当人間には勤まりません。実は、僕の性格はどちらかというと、のんびりしていてテキトーです。

構造設計は性格的に向いていないかもなーと思います。

 

適当人間にもやり方はある。

それでも安全な建物を設計しなきゃいけない。大変です。テキトーな人間にもやり方はあります。構造設計で全てにおいて許される「安全側」という言葉を使います。荷重をきっちり拾うよりも多めに見込んでおいて不測の事態を回避するとかね。

いずれにしろ、のんびりーとした性格の人や適当人間に構造設計は向く職業ではないかな。でも、もう少しだけ構造設計で頑張ってみようと思います。

 

人の性格は変わらない。変えなくていい。

ところで、人の性格って簡単に変わりません。幼少期から人見知りの人は、大人になっても人見知りだし。明るい人はずっと明るい。

それが個性でしょ?会社に性格を合わせる必要はありません。就職活動中なら、自分の性格を思い返すと会社を絞れるかも。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 自分の生き方に満足できていますか?
  2. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  3. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  4. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  5. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    柱芯とブレース芯がズレたときの柱脚の設計について

    ブレース構造って面倒ですよね。納まりも考えることが多いし。ラーメン構造…

  2. 構造設計に関すること

    構造設計者なら知っておきたい、重力とは何か?

    ほとんどの物には必ず重量があります。重量は、物質の質量×重力加速度9.…

  3. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

  4. 構造設計に関すること

    構造屋なら電卓は、普通の電卓を使おう。

    3か月前くらいから、電卓を変えました。きっかけは、大学時代から使ってい…

  5. 構造設計に関すること

    片持ち柱の設計はどうすれば良い?

    ちょっとした庇をつくりたいとき、又は自転車の雨除けなど、片持ち柱の構造…

  6. 構造設計に関すること

    柱脚の保有耐力接合の検討方法について

    『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP