設計事務所に関すること

業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。

ども、tyazukeです。

設計職を希望する方の中には「組織設計事務所」を選ぶ人も多いですよね。個人事務所とは違い、給与や勤務体制、福利厚生が安定しています。

一方、組織設計事務所の中には給料を非公開(当社規定による)している場合も多く、就職、転職する際の壁となっています。

 

特に中堅以下の組織設計事務所では、上記の傾向は顕著ですよね。「設計はしたいけど、年収があまりにも低いなら諦めようかな~」と思うことも。

建築学生のハローワーク (建築文化シナジー)

 

話変わって、僕は中堅組織設計事務所へ勤めています。まさに皆さんがお悩みの「年収」について隅々まで把握しているわけです。

もちろん大手組織さん、個人事務所の年収事情も耳にします。業界にいるからこその、リアルですね。ということで今回は、組織設計事務所の年収について特集しました。

スポンサーリンク

 

中堅組織設計事務所の年収300万からスタート

しょっぱなから酷な事実を1つ。僕は大学院卒ですが、月給は何と

  • 18万円/月(残業代含まず)

からのスタートでした。

 

ゼネコンやハウスメーカー、大手組織設計事務所に比べると4,5万円低いはず。奨学金も借りているので、正直キツイです。

1年目は残業も少ないので、年収に換算すると300万円。

もちろん、ずっと300万円のままではありません。年数を積み上げれば給料は上がるし、一級建築士を取得すれば技術手当もつきます。ただ中堅組織設計事務所の年収のスタートは、普通の企業に比べて大分低いことをお忘れなく。

 

設計事務所、ゼネコン、メーカー、公務員など様々な一級建築士の年収が知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

業界人が教える、本当の一級建築士の年収について

 

また、下記の記事で中小規模の設計事務所への就職はアリかナシか、書いています。合わせて参考にしてください。

中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

 

組織設計事務所の年収ランキング

さて、組織設計事務所と一口で言っても、大手、中堅、それ以外、と大別できます。ここでは、もっと細かく組織設計事務所を5つのランク別に分類しました。

年収は20代~60代のそれぞれの最大値と考えてください(「20代の年収~60代の年収」)。A~Cランクの事務所はHPを見れば計算できますね。Dランク以下は、体験談と業界で聞いた話です。

  • Aランク(日建設計、三菱地所など) 400~1500万
  • Bランク(山下設計、久米設計) 400~1000万
  • Cランク(石本、佐藤) 400~800万
  • Dランク(名もなき中堅) 300~650万 ←僕はこの位置にいる
  • Eランク(名もなき底辺) 200~400万

 

日建設計でも1500万は高すぎかなぁと思いますが、夢を込めて。特徴は20代でも年収が高いこと。各社HPをみて分かるように初任給が高いでしょ?

これが要因です。ただ頭打ちになることと、社内競争が高くて地方に飛ばされると年収が下がることに注意

 

Dランクは僕がいるような事務所です。20代後半でも年収300万円台です。このランクは給料が似たり寄ったりで伸び率が悪いのが特徴。幹部になっても1000万は夢のまた夢。

Eランクの事務所に就職しようものなら、人生詰みます。「200万円なんてありえない」と思いますよね。それがあり得るんです。事実は想像よりも奇なり。Eランクは20代で劇的に給料が少ない。コンビニでバイトした方がまし。

 

下記の記事は、そんなEランク事務所から転職した人の事例です。合わせて参考にしてください。

マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件

 

まとめ

ちなみに、僕の現在の給料ですが、手取りで20.0万。僕、大学院卒です。多分、他の業界見渡しても給料低い部類に入るんじゃないかなぁ。

組織設計事務所に入りたいなのなら、少なくともEランク以上を目指してください。できることなら大手組織に入ることをお勧めします。

その後、給料の伸び率が悪くても初任給が大会社並みに高いので結果、生涯賃金が全然違ってくるかなぁ。

 

僕も転職ですかね・・・。転職するだけで、年収が1.7倍以上になるみたいだし(下記の記事に詳細書いています)

気になる方は読んでください。読むだけで年収上がるチャンスが広がりますから。

MIIDASを使って自分の市場価値を見たら、年収が1.7倍まで増えた件

 

下記は転職考えて購入した1冊。建築士の資格を活かして、もっとお金を稼ぎたい人向けのガイド本です。設計業務以外の、様々な建築関係の職業が紹介されています。設計職はもちろん、それ以外の転職を考えている人なら一見の価値ありです。

 

下記の本は、建築学生向け。建築の仕事ってこんなにあるんだ!と驚きます。個人的には、社会人が読んでも参考になりました。色々な仕事があるんだなぁと。 「何となく設計、施工管理」という仕事以外がしたい、という人も大いに参考なります。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  2. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  3. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  4. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  5. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    設計ミスをした先輩。会社と社長は守ってくれなかった。

    僕の先輩の悲しい話。先輩はそれはもう働き者です。僕が勤めている事務所に…

  2. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

  3. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家は情報発信に初心だ、と書きまし…

  4. 労働のこと

    石本建築設計事務所に転職した場合の年収について

    皆さん転職したいですか?前回、安井建築設計事務所の記事を案外読…

  5. 労働のこと

    設計事務所勤めの皆さん。GW休みは何日ありました?

    休み明けの仕事ダルイですね。皆さん今日は省力モードで仕事中でしょうか?…

  6. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
PAGE TOP