労働のこと

中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

ども、tyazukeです。

この記事を読んでいるということは、設計事務所への就職を選択肢の1つとして考えていますよね。でも中小規模の設計事務所って、情報が少なくないですか?

HPをみても給料のことは「当社規定による」だし、福利厚生や休日日数もわからない。

「情報量が少なすぎて応募するか悩むなぁ」ですよね。その気持ち、よくわかります。僕も実際にそうでしたから。

今回は、そんな悩める建築学生たちに、中小規模の設計事務所への就職はアリ・ナシなのか、給与、休日面を踏まえて説明します。

スポンサーリンク

 

中小の設計事務所は、あくまでも滑り止めにしておこう

実際に僕は、中小規模の組織設計事務所へ入社しました。初任給は大学院卒で18万円。酷いものです。大手ゼネコンと比べると5万以上、一般企業と比べても3万以上は違います。

また休日は完全週休二日制ではありません。第一と第三土曜日が出勤日。普通の人よりも多く働いて、普通の人よりも給料が少なくなる。

これが中小設計事務所の現実です。

 

よって結論から言えば、「中小規模の設計事務所への就職はナシ」。

辞めておいた方が吉です。

もちろん事情によって、大手設計事務所などへの就職活動が失敗したなら、滑り止め入社も致し方ありません。

ただ、あくまでも滑り止め入社のみ、と考えて下さい。

 

それではもう少し、中小規模の設計事務所へ就職しないほうがいい理由を詳しく説明しましょう。

スポンサーリンク

 

中小規模の設計事務所がナシな理由① 物件に恵まれていない

皆さんは、どんな建築物を設計したいですか?

ドーム、美術館・図書館などの複合施設?空港建築でしょうか。

 

実は、それらの魅力的な建築物のほとんどは、大手設計事務所が設計を行っています。中小規模の設計事務所が行う設計といえば、街に汚すロクでもない建築ばかり。

環境は、自分をスキルアップさせることもあれば、スキルダウンさせる場合もあります。中小規模の設計事務所にいるようでは、どんなに努力しようとも限界がみえます。

 

やはり大手設計事務所や、アトリエ系事務所の所員に実力で負けるでしょう。それは物件に恵まれていないからです。

 

中小規模の設計事務所がナシな理由② 給料が少ない

初めに説明しましたが、給料が少ないことも理由の1つ。僕の初任給は大学院卒で18万円スタート、といいましたね?

コレ嘘でも何でもないですから。

世の中には、こーんな酷い設計事務所が沢山あります。そんでもって僕の待遇以下の事務所ですら、まだまだある。

 

だから中小規模の設計事務所は就職すべきでないのです。

 

中小規模の設計事務所がナシな理由③ 休みが少ない

休みが少ないことも理由の1つ。

誰だって働きたくない。ましてや、魅力的な仕事に恵まれない中小の設計事務所では、よりそう思うはず。その気持ちに反して、一般企業より休みが少ないのが中小規模の設計事務所です。

僕は、一般企業に勤める人よりも月に2日ほど休みが少ないのですが、1年間で24日。

24日もの休みが失われている・・・。やるせないですねぇ・・・。

 

中小規模の設計事務所がナシな理由④ 人が少ない

規模が小さいと、人材不足が懸念されます。人が出て行っては、入るの繰り返し。転職者の巣窟になっています。

そのため、組織が纏まらず意見が多方向へ。

 

また常に人材不足のため仕事も集中します。仕事が集中すると、1人当たりの作業量も増えますよね?残業も増えて休日出勤もすることに。

あぁもちろんサービス残業ですよ。人が少ない、ということは会社が人材投資を拒んでいる証拠。そんな会社は転職、転職。

 

中小規模の設計事務所がナシな理由⑤ 結局転職したくなる

一番の理由はコレなんですよ。

僕が勤める中小の組織設計事務所でも、毎年2~3人は転職して辞めていく。

 

結局みんな辞めるんです!

だったら就職活動のときから選択肢から外せばいーじゃん、と思うわけです。時間は貴重ですよ。回れ右しないためにも、よーく考えましょう。

就職活動できる限り頑張って、少しでも規模が大きな設計事務所へ入社しましょう!

 

まとめ

  • 中小規模の設計事務所への就職はナシ
  • 中小規模の設計事務所は給与、休み、人が少ない
  • 結局、みんな転職して辞めていく
  • 滑り止め就職はアリ
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  2. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  3. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  4. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  5. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

関連記事

  1. 管理人のこと

    設計事務所の徒弟制度は組織が育たない最大の悪だと思う。

    4月になって、うちの事務所にも新入社員が入社しました。それも構造設計志…

  2. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い

    ども、tyazukeです。建築家って基本は自分勝手で偏屈で僕は…

  3. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

  4. 構造設計に関すること

    設計者による考えの違いって、本当に邪魔くさいな。

    設計者による考えの違いって本当に邪魔くさいと思うことがあります。僕が1…

  5. ブログ運営

    建築系ブログを400記事書いたときのPVは?

    ども、tyazukeです。ブログもついに400記事を達成しまし…

  6. 建築のこと

    なぜ建築物の余裕度は一律1割以上と法律で決めないのか?

    政令36条の3の1項を読むと、建築物はあらゆる荷重に対して一様に安全で…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  4. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP