労働のこと

中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

ども、tyazukeです。

この記事を読んでいるということは、設計事務所への就職を選択肢の1つとして考えていますよね。でも中小規模の設計事務所って、情報が少なくないですか?

HPをみても給料のことは「当社規定による」だし、福利厚生や休日日数もわからない。

「情報量が少なすぎて応募するか悩むなぁ」ですよね。その気持ち、よくわかります。僕も実際にそうでしたから。

今回は、そんな悩める建築学生たちに、中小規模の設計事務所への就職はアリ・ナシなのか、給与、休日面を踏まえて説明します。

スポンサーリンク

 

中小の設計事務所は、あくまでも滑り止めにしておこう

実際に僕は、中小規模の組織設計事務所へ入社しました。初任給は大学院卒で18万円。酷いものです。大手ゼネコンと比べると5万以上、一般企業と比べても3万以上は違います。

また休日は完全週休二日制ではありません。第一と第三土曜日が出勤日。普通の人よりも多く働いて、普通の人よりも給料が少なくなる。

これが中小設計事務所の現実です。

 

よって結論から言えば、「中小規模の設計事務所への就職はナシ」。

辞めておいた方が吉です。

もちろん事情によって、大手設計事務所などへの就職活動が失敗したなら、滑り止め入社も致し方ありません。

ただ、あくまでも滑り止め入社のみ、と考えて下さい。

 

それではもう少し、中小規模の設計事務所へ就職しないほうがいい理由を詳しく説明しましょう。

スポンサーリンク

 

中小規模の設計事務所がナシな理由① 物件に恵まれていない

皆さんは、どんな建築物を設計したいですか?

ドーム、美術館・図書館などの複合施設?空港建築でしょうか。

 

実は、それらの魅力的な建築物のほとんどは、大手設計事務所が設計を行っています。中小規模の設計事務所が行う設計といえば、街に汚すロクでもない建築ばかり。

環境は、自分をスキルアップさせることもあれば、スキルダウンさせる場合もあります。中小規模の設計事務所にいるようでは、どんなに努力しようとも限界がみえます。

 

やはり大手設計事務所や、アトリエ系事務所の所員に実力で負けるでしょう。それは物件に恵まれていないからです。

 

中小規模の設計事務所がナシな理由② 給料が少ない

初めに説明しましたが、給料が少ないことも理由の1つ。僕の初任給は大学院卒で18万円スタート、といいましたね?

コレ嘘でも何でもないですから。

世の中には、こーんな酷い設計事務所が沢山あります。そんでもって僕の待遇以下の事務所ですら、まだまだある。

 

だから中小規模の設計事務所は就職すべきでないのです。

 

中小規模の設計事務所がナシな理由③ 休みが少ない

休みが少ないことも理由の1つ。

誰だって働きたくない。ましてや、魅力的な仕事に恵まれない中小の設計事務所では、よりそう思うはず。その気持ちに反して、一般企業より休みが少ないのが中小規模の設計事務所です。

僕は、一般企業に勤める人よりも月に2日ほど休みが少ないのですが、1年間で24日。

24日もの休みが失われている・・・。やるせないですねぇ・・・。

 

中小規模の設計事務所がナシな理由④ 人が少ない

規模が小さいと、人材不足が懸念されます。人が出て行っては、入るの繰り返し。転職者の巣窟になっています。

そのため、組織が纏まらず意見が多方向へ。

 

また常に人材不足のため仕事も集中します。仕事が集中すると、1人当たりの作業量も増えますよね?残業も増えて休日出勤もすることに。

あぁもちろんサービス残業ですよ。人が少ない、ということは会社が人材投資を拒んでいる証拠。そんな会社は転職、転職。

 

中小規模の設計事務所がナシな理由⑤ 結局転職したくなる

一番の理由はコレなんですよ。

僕が勤める中小の組織設計事務所でも、毎年2~3人は転職して辞めていく。

 

結局みんな辞めるんです!

だったら就職活動のときから選択肢から外せばいーじゃん、と思うわけです。時間は貴重ですよ。回れ右しないためにも、よーく考えましょう。

就職活動できる限り頑張って、少しでも規模が大きな設計事務所へ入社しましょう!

 

まとめ

  • 中小規模の設計事務所への就職はナシ
  • 中小規模の設計事務所は給与、休み、人が少ない
  • 結局、みんな転職して辞めていく
  • 滑り止め就職はアリ
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  2. 自分の生き方に満足できていますか?
  3. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  4. 公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由
  5. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    【定期報告】ブレース構造からラーメン構造へ変更。【構造設計辞めたい】

    これまで構造設計辞めたい辞めたい言ってきましたが、定期報告しようと思い…

  2. 労働のこと

    「日本再興戦略 2016 ―第4次産業革命に向けて―」を読んだ感想。

    国交省のHPからPDFでダウンロードできるコレ⇒日本再興戦略 2016…

  3. 建築のこと

    クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について

    ども、tyazukeです。クレーンが走行する場合、それを受ける…

  4. 建築のこと

    建築は自然を壊しているのでは、と言う話

    ども、tyazukeです。地盤調査報告書を読んでおりまして、ふ…

  5. 労働のこと

    あと十年後には技能労働者大量離職。職人単価は益々高騰するか?

    まずは下図を見てください。これは、総務省による「技能労働者の大量離職の…

  6. 労働のこと

    『お金が無いから勉強できない・・・』。それは日本にとって大変な機会損失である。

    『お金が無いから勉強できない』。これは、日本にとって大変な機会損失です…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP