Kindle Unlimitedで建築系雑誌や電子書籍を無料で100冊以上読んだ話

設計事務所へ転職したい!避けるべき設計事務所の特徴3つと、転職先の選び方

建築屋さんの転職事情

ども、Tです。

あなたは

  • 設計事務所に転職したいなぁ。どうしたら転職できるかな」
  • 「どんな種類の設計事務所があるかな」
  • 「設計事務所の年収はいくらかな」

と思っていませんか。僕は組織設計事務所に勤めて6年目になります。業界のことが色々わかりました。

いきなり夢を壊すことを言いますが・・・正直、設計事務所はブラックが多いです。業界人なら、多くの人が納得してくれると思うんですけど・・・。

 

基本、低収入、長時間労働、ストレスフルですからね?もちろん、中にはまともな設計事務所もあります。

でも、求人情報見ただけでは正直わかんないですよね(笑)。企業の求人情報って、良いことしか書かないので。

そこで今回は、避けるべき設計事務所の特徴3つと、最後におすすめの転職先の選び方を紹介します。下記の記事も参考になるかも。

スポンサーリンク

避けるべき設計事務所の特徴3つ

先輩建築士が毎年何人も転職していきます。6年間に20人程度は若手が辞めたかな?入れ替わりが激しいんですよ。

今の職場の話だけど、新卒が10年以内に辞める割合は95%。5年以内に辞める人は80%超。そんな辞めていく人の理由のほとんどが、この3つでした。

  • 基本給が少ない(給料が少ない)
  • 残業時間、労働時間が長い
  • 会社(社長)にビジョン(将来の構想)が無い

それぞれ解説しますね。

① 基本給(給料)が少ない

辞めていく理由第1位。お金大事です。

ライフイベント(結婚、出産、マイホーム購入)が多い30代まで、お金はある程度欲しいです。

ブラック事務所は基本給が低いんです。※ちなみに僕は初任給18万円(大学院卒)。こんな事務所は真っ先に転職ですよ。

 

ブラック事務所は、なぜ基本給が少ないか?基本給だけはどんなに能力が低くても、支払う義務があります。だから設計事務所は、基本給を出し渋るんです。

基本給が少ないってことは人材に投資したくないって表れでもあります。社員としては、そんな社長や幹部連中の思惑が透けて見えてるんです。

転職されてもしょうがない・・・でしょ?

基本給が少ない設計事務所は避けるべき、ですね。

② 残業時間、労働時間が長すぎる

朝早く出社して、毎日22~23時過ぎまで仕事。土日も片方は仕事をする。もちろん残業代は上限までしか出ない。

そんな設計事務所は避けるべき。

 

人手不足の中規模堅設計事務所は、組織体制が不十分。仕事の割振りが下手です。仕事が早い人ほど仕事が集まります。で、残業時間が不当に長くなる。

お子さんが生まれて家族との時間を大事にしたい。20代後半~30代前半にかけて、そんな理由で別の会社へ転職されます。

つまり、仕事ができる人ほど転職し、仕事ができない人ほど残る

あら不思議。ブラック事務所のできあがり!

③ 会社(社長)にビジョンが無い

「この会社、将来的にどうしたいんだろう」

先輩方は「会社(社長)にはビジョンが無い、将来性が無い」と不満を漏らしていました。そして転職を決意されました。

 

僕も6年間仕事をしていますが・・・

  • 何でこんな仕事とってきた?

というのを山ほどやりました。どの事務所もやりたがらない仕事を、安請け合いしてとってくるんです。

  • うちの社長一体何がやりたいの
  • この会社ってビジョン無しで、今を生きるだけで精一杯なの?

こう思いますよね。小さな事務所になればなるほど、社長との距離が近いのでそう感じます。

設計事務所に転職するとき、その事務所の仕事をよく調べること。事務所の雰囲気、環境、仕事内容もしっかり調べること。

転職先の選び方と、おすすめの転職サービス

設計事務所はブラック企業が多いです。身をもって体験しました。僕は新卒で中小の組織設計事務所に入りました。

失敗でした。

就活を頑張らなかった自分が悪いので、言い訳できません。

だから、転職するときは絶対にブラック事務所には入りたく無いです。だからこそ、僕の経験を元に、避けるべき設計事務所の特徴を残しました。

 

そして、どうすれば転職に成功できるか調べました。分かったことは、転職は1人ですると失敗します。転職サイトに登録して申し込んでも駄目。職務経歴書の添削、模擬面接などあらゆるサービスを利用すべき。例えば、

が必須ではないかと思います。しかも、転職サービスは無料利用できるのが嬉しいです。

 

転職先を選ぶとき「企業情報」をみて決める人がいます。コレ危ないです。企業情報に、あえて企業の悪い面を書くわけ無いですよね。

転職サイトのキャリコネは、

  • 企業の口コミをチェック
  • 大手転職サイト一括検索

ができます。例えば、コレ日建設計の口コミなんですけど・・・

総合評価、年収、残業時間、有給消化率まで!何から何まで丸裸にされてますね(笑)

単なる口コミというより、企業の分析資料みたいです。しかも企業側の情報じゃなくて、実際に働いた人の口コミを元にしているので信頼性高いですね。

企業情報だけでは、ブラック事務所を見抜くのは至難の業。だからこそ、キャリコネを使うべきですね。

\無料で企業の口コミを調べる!/

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

あとは自分の適正年収を調べるのも大事。転職するとき、漠然と「年収は高い方が良い」と思いますよね。「年収600万円は欲しいなぁ・・・」とか。

でも、あなたの価値(年収)がいくらか調べたことありますか?

もしあなたの適正年収が700万円だとしたら、600万円の会社に転職したら損ですよね。MIIDAS(ミイダス)では、そんな、あなたの適正年収を診断できます

大手転職サイトdodaを運営する会社のサービスなので安心です。会員登録から診断完了まで5分で終了。しかも診断完了後は、企業から面接のオファーが来る仕組み。

手っ取り早く済むので、面倒なことが嫌いな方にもおすすめですね。※もちろん利用は無料ですよ。

\無料で転職後の年収を調べる!/


無料で転職後の年収を調べるなら⇒ MIIDAS(ミイダス)

僕がMIIDASを使って年収1.7倍になった結果はこちら⇒ MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件

まとめ

今回は、避けるべき設計事務所の特徴と、転職先の選び方を紹介しました。

僕は設計事務所に勤めて6年になります。残念ながら就活に失敗しました。でも分かったことがあります。それは、

  • 基本給が少ない設計事務所は避ける
  • 残業時間・労働時間が多すぎる設計事務所は避ける
  • 会社(社長)にビジョンの無い事務所は避ける

こと。

転職してブラック設計事務所に入りたくない方、今回紹介した転職サービスを使って情報収集してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました