労働のこと

MIIDASを使って自分の市場価値を見たら、年収が1.7倍まで増えた件

僕の適正年収は660万だって! 今の年収が380万くらいだから約1.7倍の増! へぇ、やっぱり今の会社は給料少ないんだな!

あ・・・何の話だよって思われた方、すみません。年収が2倍近く増で、テンション上がって書き出す順番間違えました。

 

ミーダスっていう『自分の市場価値』を調べる転職サービスを使ってみたんですよ。で、僕の適正年収がわかりました。

「tyazukeの記事は読みたくないけどMIIDASは登録してみたい」というせっかちなあなた。下記の公式サイトから登録できます。断言しておきますけど、この転職サイトは120%おすすめ。

スポンサーリンク

 

自分の市場価値って?

僕は中小規模の設計事務所で働いていますが、小さな会社ですと給料やボーナスの決め方が曖昧で、一体何をどう評価されているのか? いつも不思議に思っています。

設計をこなした物件数なのか、それとも平米数か。もしくは、それらは全く関係なくて社長の一存で決められているとか。

 

とにかく『不透明』なんです。僕たち社員からすれば、『自分の価値』を正当に評価されたいですし、一体どのくらい頑張れば年収アップするのか、分かりません。

自分の価値を知ることができれば、もっとスキルアップしようと思いますし、今のスキルにマッチした転職先を見つけて、その後ギャップなく働くことが出来るでしょう。

 

一方、数ある転職サイト(マイナビネクストとか、DODA)は、イマイチ自分の市場価値が分かりにくいんですよね。だって、自分から転職したい会社を選んで、年収、休みチェックして、応募⇒面接⇒合否って流れでしょ?

でも、それでは転職後にスキルが足らずに困ったり、逆にスキルを持て余して、『俺はもっと貰っていいはず』と不満が出ますよね。

 

ですから、『自分の市場価値』を知ることができれば、それにマッチした会社が探せます

はい、では最初の話に戻って、ミーダスを使えば、まさに『自分の市場価値』にマッチした求人と、『適正年収』を知ることができるんです。

 

実際にMIIDASを使って年収が1.7倍に増えた。

ミーダスに行ってみると、まずはこんな画面。

3

 

ほぅ。で。なるほど、入力しやすい。まずは性別やら年齢を。

4

 

学歴を入れて・・・、

5

6

 

次は職歴を、

7

9

 

直近の会社は、『株式会社ブラック設計事務所』っと。

10

 

おぉ!なんか上に年収が610万って出てきた!既に満足なんですが。

11

 

次はビジネススキルね・・・、なるほど結構細かく入力するんだな。

12

 

勤務先の職歴か・・・

13

 

へぇ~、経験案件も入力するのか。公共施設を選択。

14

 

経験のある案件まで!驚きの精密さ。『事務所ビル、小学校、倉庫』っと。

15

 

ほぅ、具体的なCADソフトと、

16

 

何造ができるか? そんな情報まで!

17

 

最後は案件の規模。

18

で、

でた! どん!

19

年収660! しかも面接確定オファーが18件! もう年収1.7倍ですよ。ミーダス素晴らしいシステムですね。

客観的に自分の市場価値がわかるとは!

 

設計事務所でこき使われ、上司に叱られている貴方。そんな会社にいるより、もっと価値ある会社に行きましょう。

今の時代、技術者は取り合いです。少しでも興味のある方は、是非下記の公式サイトからミーダスを登録!年収アップを狙いましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  2. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  3. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  4. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  5. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

関連記事

  1. 労働のこと

    石本建築設計事務所に転職した場合の年収について

    皆さん転職したいですか?前回、安井建築設計事務所の記事を案外読…

  2. 労働のこと

    建築設計の仕事は、労働量を決めるのがとても難しい話

    久々に建築設計の労働に関する話題でも。最近、国が定める残業時間…

  3. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件

    ども、tyazukeです。マイナビエージェント(転職サイト)を…

  4. 労働のこと

    あと十年後には技能労働者大量離職。職人単価は益々高騰するか?

    まずは下図を見てください。これは、総務省による「技能労働者の大量離職の…

  5. 労働のこと

    構造設計がどんな仕事が知りたい?誤解されている点も説明するよ。

    このブログでは建設業界の労働環境に切り込んできました。また断片的に『構…

  6. 労働のこと

    中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

    ども、tyazukeです。この記事を読んでいるということは、設…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
PAGE TOP