建築屋さんの転職

最終更新日: 2019.10.20

MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件

ども、tyazukeです。

  • 「今の年収に不満
  • スキル(能力)があるのに年収が低い
  • 転職して年収アップしたい」

今回は、そんなあなたに向けた記事です。

僕は中小の組織設計事務所に勤めています。今の年収は380万円くらい(5年目、27歳)。結婚、出産などキャリアステージの変化を考えると今の年収が不安です。

だから転職を考えています

 

で、漠然と「年収600万円くらい欲しいな」と思っていたんですけど、そもそも「それって適正な年収なのか??」と疑問が湧きました。

もし適正年収が700万円なら、年収600万円の会社に勤めると100万円損ですよね。

そこで色々調べてみるとMIIDAS(ミイダス)っていう「自分の市場価値」がわかる転職サービスを見つけたんですよ。使ってみると、僕の適正年収はなんと・・・今の年収の1.7倍になりました。

今回は、MIIDASのメリットとデメリット、登録から診断の流れについてご紹介します。

「tyazukeの記事は読みたくないけどMIIDASは登録してみたい」というあなた。下記公式サイトからの診断(無料)が必要です。早い人は5分で診断完了できます。

 

MIIDAS(ミイダス)の特徴と機能

MIIDAS(ミイダス)は、大手転職サイトdodaを運営するインテリジェンス社の転職サービスです。200万人の年収データから市場価値(年収診断)ができます

その他の特徴、機能を整理しました。

  • 7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出す
  • 転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開
  • あなたが比較したい人、と自分の年収を比較できる
  • 自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのか分かる。
  • 2000以上の求人から、あなたを求めている求人だけがわかる
  • あなたが転職すべきタイミングを面接確約オファーで通知

単に年収診断するだけでなく、その後、あなたを求めている企業からの面接確約オファーが来るのも凄いところ。

自分と似たキャリアの人材が、どれくらいの年収で転職したか分かる機能も素晴らしいですね。転職するときの参考になります。

MIIDAS(ミイダス)のメリットとデメリット

まず、僕が感じたメリットがこんな感じです。

  • 無料で年収診断ができる
  • 学歴、スキルに応じて、200万人の年収データから算出しており、診断が正確
  • 年収診断後に、自分を求めている企業からの面接確約オファー

 

デメリットは下記の通り。

  • オファーをくれた企業の年収が、適正年収より低いことがある

年収診断した後に面接確約オファーがきます。オファーしてくれた企業の年収をみると、診断した年収より低いことがあるんですよね。

とはいえ、思いもよらなかった転職先があったり、仕事内容が魅力的だったり、自分を求める企業の特徴が分かったりするので、結果的に役に立っています。低いといっても今の年収より多いわけですし。

今のスキル、能力に見合った年収を知りたい、という方はMIIDAS!

転職サービスは色々ありますが、MIIDAS(ミイダス)の診断は「リアルな転職データの量」で群を抜いています。200万人の年収データ、7万人の転職実績データを元に診断しますからね。

MIIDAS(ミイダス)の診断は無料です。「まぁ、とりあえず診断してみるか」くらいの軽い気持ちで利用してはいかがでしょうか?

無料で適正年収を診断する⇒ MIIDASが転職すべきタイミングを見出します!

あなたは適切に評価されていますか?

僕は中小組織設計事務所で働いています。小さな会社ですと給料やボーナスの決め方が曖昧で、一体何をどう評価されているのか?いつも不思議に思っています。

設計をこなした物件数なのか、それとも平米数か。もしくは、それらは全く関係なくて社長の一存で決められているとか。

 

とにかく「不透明」なんです。僕たち社員からすれば、「自分の価値」を正当に評価されたいですし、一体どのくらい頑張れば年収アップするのか、分かりません。

自分の価値を知ることができれば、もっとスキルアップしようと思いますし、今のスキルにマッチした転職先を見つけて、その後ギャップなく働くことが出来るでしょう。

 

一方、数ある転職サイト(マイナビネクストとか、DODA)は、イマイチ自分の市場価値が分かりにくいんですよね。だって、自分から転職したい会社を選んで、年収、休みチェックして、応募⇒面接⇒合否って流れでしょ?

でも、それでは転職後にスキルが足らずに困ったり、逆にスキルを持て余して、「俺はもっと貰っていいはず」と不満が出ますよね。

 

ですから、「自分の市場価値」を知ることができれば、それにマッチした会社が探せます

MIIDAS(ミイダス)を使えば、まさに「自分の市場価値にマッチした求人と、「適正年収」を知ることができるんです。

実際にMIIDASを使って年収が1.7倍に増えた

まずはMIIDAS(ミイダス)をクリックして、「現在の市場価値を調べる」をクリックします。

すると、まずはこんな画面。

3

 

見やすい画面だし、入力しやすいですね。まずは性別や年齢を入力します。

4

 

学歴を入れて・・・、

5

6

 

次は職歴を、

7

9

 

直近の会社は、「株式会社ブラック設計事務所」っと。

10

 

おぉ!なんか上に年収が610万って出てきた!既に満足なんですが。

11

 

次はビジネススキルね・・・、なるほど結構細かく入力するんだな。

12

 

勤務先の職歴か・・・

13

 

へぇ~、経験案件も入力するのか。公共施設を選択。

14

 

経験のある案件まで!驚きの精密さ。「事務所ビル、小学校、倉庫」っと。

15

 

具体的なCADソフトと、

16

 

何造ができるか? そんな情報まで。ここまで正確に情報をいれるので、診断結果も安心ですね。

17

 

最後は案件の規模。

18

で、

でた! どん!

19

年収660! しかも面接確定オファーが18件! もう年収1.7倍ですよ。

しかも「面接確約オファーが18件も!」確定しています。

素晴らしい!客観的に自分の市場価値がわかりました。

 

実際に使った感想ですが、

  • 選択肢を選ぶ形で診断が進むので、とても簡単
  • 選ぶ選択肢で年収が変わり、ゲームみたいで面白い
  • スキルや業務歴をかなり細かく入力した。診断結果の信頼性が高そう

と感じましたね。

診断は本当にスムーズに進んだし、「面白そうだからやってみる」くらいの気持ちでできますね。

無料で診断できる、というのも大きなメリット。

年収に不満がある、年収をアップさせたい、転職したいという方は、登録必須ですね。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  2. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  3. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  4. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話
  5. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない

関連記事

  1. 建築屋さんの転職

    営業が普通のトップ技術者と、営業トップの普通技術者はどちらが稼げるか?

    ども、tyazukeです。ふと疑問に思ったのですが、2人の男が…

  2. 建築屋さんの転職

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について

    ども、tyazukeです。仕事の適性って見極めるのが本当に難し…

  3. 建築屋さんの転職

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件

    ども、tyazukeです。マイナビエージェント(転職サイト)を…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築学生の就活

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ
  2. 建築屋さんの転職

    設計や仕事で失敗した?失敗の理由、失敗後の体験談、出した答えと現在
  3. 建築屋さんの転職

    上司を変えるには?僕が実践した1つの方法、その後の職場環境
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    試験勉強に使える!一級建築士のおすすめ情報サイト5選
  5. 構造設計の話

    保有水平耐力時の耐力が上がらないとき 層間変形角1/200の規定
PAGE TOP