労働のこと

あと十年後には技能労働者大量離職。職人単価は益々高騰するか?

まずは下図を見てください。これは、総務省による「技能労働者の大量離職の見通し図」です。

建設業を支えている多くは技能労働者(現場職人)であることは周知の事実。さて、彼らを年齢別に比率を算出すると、技能労働者の数は、330万人のうち、55歳以上が約112万人と約3分の1を占める一方、29歳以下の若者は約36万人と、僅か1割程度なのです。

1

つまり、10年経てば55歳は65歳になり定年です。業界の1/3を支えていた職人さんが大量離職するのです。

一方、現在でも長年の不況による職人不足で、「工賃の高騰」が叫ばれています。また東京オリンピックも相まって、東京に技能者が集中し、地方では散々な状況でしょう。

長年の不況による職人不足、と簡単に書きましたが、実際なぜ技能者が減っているのか?それは、何てことはない。

建設業界(職人業界)がブラックだから。

それは、過去記事を見てもらえば明らかです↓

建設業を土曜日が当たり前に休める産業にするために、できること。

 

あとツイッターでも要旨を呟きました。

 

リーマンショックが起きるまで建設業は比較的安定していました。特に平成9年ごろは技能者の数もピークでしたから、若い人が早期離職しても、それを補うように人材が得られていたのでしょう。

しかし、リーマンショックで不況の煽りを受けて、且つ、若い人が「建設業って何となくブラックじゃね?」と気づいたために、今の状況が起きました。

これは、経営者の怠慢だったり、建設業の悪しき風習が顕在化しただけで、腐った根を正さないとイケません。

さて、国交省もこの事態を重く見ています。何せ、今の技能者がごっそり1/3離職するのですから。で、国交省が中小企業向けに「人材を大切にしよう!」とか、「これからはICTで人材の効率化!」という当たり前の目標を打ち出したのが、今年の7月ごろ↓

3

4

う~ん・・・遅くないですか? 10年で変えられるのか疑問です。業界の体質を変えるには、職人業界へ問いかけても、その上にいるゼネコンやら何やらがいるので。

建設業界全体で10年間、取り組んでようやく良くなったと実感できるのでは。一方、今後大量離職が考えられる技能者ですが、ピンチゆえにチャンスがあるのかもしれません。

それは、言うまでもなく職人さん自身のチャンスです。

スポンサーリンク

 

工賃は5年前の30%増、10年後は200%増?

現状でも5年前と比べて工賃は30%増なのだそうです。工賃が上がるということは、当然、職人さんのお給料もアップしているのでしょう。

もしアップしていなければ、それは会社の社長がウハウハです。さっさとその会社を辞めるか、独立した方が良いかもしれません。

で、先ほど述べたように10年後は技能者が大量離職します。つまり、仕事の需要が多くなり、職人さんが少ないので、彼らは仕事を選ぶことができます。また、工賃の吊り上げが酷くなって、お金のある現場だけに人が集まるでしょう。

これは何の根拠も無いのですが、5年前に比べて今は3割増しの工賃ですから、10年後は比例計算すると、9割り増。つまり5年前の200%も工賃がアップするかもしれないのです。

現実は、市場の働きがあって、そこまでは増えないと思いますが。今よりも、もっと工賃は上がるでしょうね。

でもね、結局儲かるのは会社の社長なんですよ。工賃が上がっても、それを支払う社長が給料上げなければ意味が無い。もし、現状に満足せず先を見通しているなら、独立も良いかもしれません。もちろん自己責任ですが。

ただ昔に比べると、今の方が職人さんが独立できる好条件が整っているように思います。例えば5年~10年くらい下積みを積んで、その10年後に一気に仕事が集まるとかね。

あながち馬鹿にはできないかと思いますよ。

MIIDASは建設業にも強い転職・就活サイト。実際に登録して適正年収を調べましたが1.5倍まで増えました。面接確約なのも嬉しいですね。

ご興味のある方はこちら⇒面接確約!転職するならMIIDAS(ミーダス)!

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  2. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  3. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  4. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  5. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?

関連記事

  1. 建設業界に関するニュースのこと

    中古住宅市場は成長産業? あと10年後、ストックビジネスがくる!

    今回は、10年後はストックビジネスがくる! ということで考察します。と…

  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件

    ども、tyazukeです。僕が、学生の頃やっとけばよかったなー…

  3. 建設業界のこと

    地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

    地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確…

  4. 建設業界のこと

    新築物件は本当に減っているのか?統計から考える。

    僕が学生の頃、先生たちから『これからは改修が増える!』と耳にタコができ…

  5. 労働のこと

    あなたがどんなに設計を頑張っても給料が上がらない理由を教えるよ。

    僕はこれまで、何人もの先輩が退職や転職する後ろ背中をみてきました。先輩…

  6. 労働のこと

    建築業で独立する人に共通する、たった4つのこと

    ども、tyazukeです。建築の世界で独立する人って案外います…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  3. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  4. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
PAGE TOP