建築のこと

建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。

ども、tyazukeです。

建築家の名言を調べていると、あることに気が付きました。

「建築家って話が長そうだな」と。名言がどれもこれも長いんですよ。自分論を語りたいのはわかりますが、もっと落ち着いてもらいたい。

ということで今回は、建築家の長ーい名言を簡潔にしましたよ。

スポンサーリンク

 

「建築家は妥協点を見つけるな」ル・コルビュジェ

元の名言はコレなんですけどね↓長いんで、一言でまとめました。

建築家は、相反する要求条件でも、いずれをも切り捨てることなしにうまく処理しなければなりません。快適さとは涼しさでしょう。すなわち空気の流れや日陰です。しかし陽光を楽しみたいと思う季節には、やはり適当な時刻に太陽がさしこむべきなのです。また、やぶ蚊が余りに多いので何らかの策が講じられぬ限り窓を開け放つ事も許されません。

長くて読む気になれませんが、「相反する要求条件でも、いずれも切り捨てることなく~」と書いてあります。

つまりこれは、「妥協するな」ということ。妥協して、1つの条件は切り捨てる。優先的なもう1つの条件を採用。これはダメなんですね。

単に「妥協するな」だと名言ぽくないんで、「妥協点を見つけるな」と仕上げました。

 

 

「私は、自然を感じるんだ」アントニオ・ガウディ

全ては、自然が書いた偉大な書物を学ぶことから生まれる、人間が造る物は、既にその偉大な書物の中に書かれている。世の中に新しい創造などない、あるのはただ発見である。創造的たろうとして脇道にそれてはならない。通常なされていることを観察し、それをよりよくしようと努力すればそれでよい。

独創的な建築で有名なガウディ。彼の有機的な建築は、自然にモチーフを得たものが多いですよね。そんな名言も長ったらしくて、何が言いたいかわかりません。

とにかく「自然礼賛」をしたいようなので、「私は自然を感じるんだ」という名言に改変しました。

 

「個性は困難なときに発揮される」安藤忠雄

日本の巨匠、安藤忠雄氏の一言。

言いたいことは、とてもよく分かります。

(建築は)「自分はこれがしたいんだ」と思う人間の数だけ、個別の解があるのです。
答えがないのは人生も同じでしょう。判断力、決断力、実行力といった持てるすべての「力」を発揮して、自分の責任で精いっぱい考えて、道を探していくしかない。人間の個性とは、そんな厳しく不安な状況の中でこそ現れてくるものです

でも長いんでね。一言にさせていただきましたよ。要は最後の一文が言いたいわけで。

「個性はこんなときに発揮される」これでどうしょう。

 

「法律を、超えろ」安藤忠雄

もう1つ安藤氏の名言。

例えば海の家に一軒家を浮かせてみようかと。それはできないわけで、法律で。だけど法律をなんとか超えていこうと。面白いんじゃないかといろいろ考えるやんか。そのイタズラをどういうふうにして具現化するかということを考えないとその子供の発想がないと面白いもんはできない

要は、法律を超えたわけですね。安藤氏は。え?ちょっと解釈が違うんじゃないかって?僕は気に入っています。「法律は、超えろ」っていう安藤氏の名言。

彼らしいじゃないですか。

 

まとめ

  • 建築家の名言は長い
  • 建築家の名言は一言にできる

参考URL

  • http://todays-list.com/i/?q=/ubggCkceej/1/4/
  • https://ferret-plus.com/5149
  • http://earth-words.org/archives/16049
スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  2. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  3. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  4. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  5. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

関連記事

  1. 労働のこと

    【続】新入社員がいきなり仕事できると思うなよ

    新入社員の続報について。先日、新入社員が突然お休みされました。…

  2. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  3. 建築のこと

    建築家の、「全て私がやりました」という風潮

    ども、tyazukeです。建築家は世間に対して説明不足だと思う…

  4. 労働のこと

    やること無さそうな部長に限って、なぜ定時で帰らないのか?

    あぁ・・・まだ隣にいますよ・・・。ブラック部長が。なーんか、や…

  5. 建築のこと

    縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

    ども、tyazukeです。今でも建築業界では紙の図面を沢山使います。打…

  6. 本の紹介

    何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

    ども、tyazukeです。僕は普段小説を読まないのですが、実は…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP