建築のこと

有名建築家による欠陥住宅が酷すぎる件

ども、tyazukeです。

少し世代が古い日本の建築家の中には、外観だけを気にする方がいました。外観だけを気にするとどうなるか?

欠陥住宅の誕生です。雨は漏るし、夏は暑い。冬は寒い。住めたものじゃありません。

 

今回は、そんな欠陥住宅を設計した有名建築家とその住宅について考えます。

スポンサーリンク

 

設計したのは早稲田大学のカリスマ教授

早稲田大学のカリスマ教授です(名前を知りたい方は動画を最後までご覧下さい・・・)。住人のことを考えていない。お金を使って遊んだ。などと辛辣なことを言われています。

 

それもそのはず。この欠陥住宅、夏は灼熱(45度近く)冬は冷蔵庫状態だそう。全ては断熱設計が満足でないから。

「10年間住んだ心地がしない家」と施主さんは言っています。酷いですね・・・。

 

 

雨水が玄関に溢れる?ずさんな防水処理

中庭と玄関はバリアフリーのため、同じレベル。中庭には、排水口が設けられていました。しかし、その排水口は枯葉1枚で塞がってしまう代物。排水口が小さすぎるんですね。

この欠陥住宅では、雨が降ると雨水が玄関に溢れるそう。

何度も言いますが、惨すぎますよ(動画をみてビックリします)。

 

また雨漏りが酷い。笠木から雨漏りしています。防水にシーリングを用いていますが、通常耐久性1年、2年。太陽光ですぐに劣化します。

案の定、この欠陥住宅の笠木を外すと、サビだらけ・・・。シーリングに頼る防水はよくないですねぇ。

 

プールのように水浸しになった3階

この住宅は3階で、和室がありました。しかし雨漏りが酷くて、床下一面に水が溜まっていたそうです。

「水たまりの上で寝ていたもの」と施主は語ります。原因は曲がりくねった配管。普通は排水のため近くから、建物の外に出す配管が、なぜか建物の中をくねくねを曲がって外に出ていた模様。

水が流れる勾配もないことから、水が溢れました。

 

ガラス張りの灼熱地獄

玄関から入ると家に窓がない、ガラス張りの家です。ガラスを透過した熱が、部屋の温度を上昇させ、とても住めないとのこと。

施主さんは急遽自分たちで窓を開けました。「見てくれだけの家」と施主。またアルミサッシの部分に止水が全然ない。そこからサビ汁が漏れる。

 

この建物鉄筋コンクリート造ですが、夏は夜でも暑い。冬は昼でも寒い。部屋の中で44度にも上がる。コンクリートの蓄熱が原因で、断熱設計が全く施されていないようですね。

う~ん酷い!

まとめ

考えてみれば、無名の建築家は愚直に正しい仕事をしないと認められません。

一方、有名建築家は存在そのものが有難いわけで、正しい技術なんてもっていない可能性もあります。建築の見てくれはいいかもしれませんが。

有名建築家に設計依頼する機会がある人は気をつけましょうぜ。

 

参考動画

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  2. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  3. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?
  4. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  5. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について

関連記事

  1. 建築のこと

    屋根に折板を使うときの注意点3つ。

    ども、tyazukeです。鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を…

  2. 建築のこと

    絶対に見るべき、隈研吾が設計した建築物5選

    ども、tyazukeです。僕が好きな建築家の1人、隈研吾氏は木…

  3. 労働

    公務員になりたいなら、土木学科入学をおすすめする3つの理由

    ども、tyazukeです。将来、公務員になりたいと思う学生は多…

  4. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  5. 建築のこと

    建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

    ども、tyazukeです。家、ビル、体育館。ありとあらゆる建物…

  6. ブログ運営

    建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。

    ども、tyazukeです。ブログを2年以上続け、400記事を超…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
PAGE TOP