本の紹介

【書評】建築に夢をみた、を読んで。

安藤忠雄さんの著書です。随分前に執筆された本ですが、実はNHKのテレビ番組?を

編集してつくったものらしい。

あとがきの文体と、本文の文体が明らかに違っていて、あとがきが本当の忠雄氏だと思います。よって、本文は読みやすい。編集の人ありがとう。

 

さて、安藤忠雄と名前が付いていれば色眼鏡で本を読んでしまいます。僕が想像している忠雄のイメージは、「傲慢、芸術家、偏屈、上から目線・・・」などご覧のとおり、良く思っていませんでした。

それが本書を読んでイメージが一変したというか、大変な思慮の上に建築に取り組まれているのだと感服したのです。なぜ彼が高卒から独学で建築を学び、そして大成できたのか?もちろん時代が求めていた建築をつくりだす「運」もあります。

しかし、芸術や文化、近代建築の潮流を読み解き、時代に呼応する建築を見出す才があったのだ、と納得したのです。

 

例えば光の教会、これは忠雄氏の代表作の1つ。RCの箱に十字型の開口を空けることで暗闇の室内に、光の十字架が差し込む仕掛け。これはコルビュジェのロンシャン教会に衝撃を受け、影響を受けたもの。日本でそのような光の使い方は画期的で、一躍時代の寵児となりました。

代表作、住吉の長屋も海外を見て回り、海外の土着建築に影響を受けたのかもしれません。日本の画一的で経済優先、合理主義の建築から脱却が見られます。「雨が降ったら、雨を感じれば良い。」というように、建築の既成概念をぶち壊す挑発的な一手のように思えます。

 

また忠雄氏の建築にはRC造が多く、しかも素地をみせるデザインが印象的です。これは、欧州の石造り建築に着想を得たのでしょうか。

忠雄氏の建築には批判を受けるものが少なくありません。普通、一度批判を受けると萎んでしまうのが人間です。しかし忠雄氏はそれすらも跳ね除け、強烈な我を持って日本の画一的で経済優先の建築を壊そうとした1人だったのだ、と思いました。

 

今でも「住吉の長屋」に批判的な業界関係者は多くいます。しかし、現在でも住み続けている施主をみれば、そんな批判は全く無意味でしょう。

本書を読み進めているうちに、欧州や欧米の巨匠たちに影響を受けているのがわかります。それを日本へ輸入してきたのが忠雄氏だったのかなぁと思います。つまり建築家の才能はもちろんですが、これは売れる!という「商売人の才覚」が並みならぬものだったとも感じました。

文庫本の割に読み応えがあります。丸二日ないと読めないヴォリューム。片手間に読みたいのなら1~2週間。良い本でした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  2. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ
  3. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  4. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  5. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】本田正信VS石田三成

    ども、tyazukeです。久々に小説を買いました。コレです。 …

  2. 本の紹介

    【書評】理系バカと文系バカを読んで。

    キャッチーなタイトルが目を引きます。逆に言えばそれだけの本でした。…

  3. 本の紹介

    【書評】まさか!の地震に強い住まい選びを読んで。

    3.11以降、一般向けに地震関連の本が数多く出版されました。本書も…

  4. 本の紹介

    【書評】ロスジェネの逆襲を読んで

    半沢シリーズ、ロスジェネの逆襲。ドラマでも有名になった半沢直樹の連載を…

  5. 本の紹介

    【書評】ゼロから始める建築知識「鉄骨造」を読んで

    本書はエクスナレッジが出版している「ゼロから始める建築知識シリーズ」の…

  6. 本の紹介

    【書評】住まいを守る耐震性入門、を読んで

    住宅と言えば一般的に「木造住宅」のことを指す。木は何とも使い勝手が悪い…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP