生きる知恵

自分の上司を有無を言わせず交代させるたった1つの方法

ども、tyazukeです。

僕は上司を交代してもらった経験が2度あります。もうここまでくれば、上司じゃなくて「僕」に問題あるような気もしますが。

それでも仕事を行う上で、上司との相性は重要です。相性悪すぎて業務に支障があるようでは意味がありません。ちなみに、僕の今の上司は、これまでで最も相性が良くて仕事がスムーズに進められます。

ストレスも減りました。ということで今回は、自分の上司を交代させる方法について紹介します。

スポンサーリンク

 

会社としても、相性良い同士で仕事をしてくれた方がメリットが多い

「上司を交代させる~」と書くと、何かとんでもない奴だと思われますが、そうではありません。会社は仲良しこよしで仕事をやっているわけではなく、あくまでビジネス。

上司と部下はビジネスパートナーの関係なんです。だから、相性の悪い上司と部下の組み合わせがあれば、もっと流動的に変えるべきなんです。

 

相性が良ければ仕事も円滑に進むし、退職者も減りますね。上司を交代させた方が、会社としてのメリットが大きいわけ。

だから遠慮する必要ない、と思います。

 

別の上司に相談を持ち掛ける

今の上司を変える最も現実的な方法は、別の上司に相談を掛けることです。僕はこの方法を実践しましたね。

もちろん最初は勇気が必要です。自分の上司がいないとき、静かに「ちょっと相談したいことが・・・」と一言でOK。その上司は察してくれますよ。

あとは淡々とことが進みます。「そこまで言うのなら」と重い腰を上げてくれるでしょう。

 

上司に相談を持ち掛けたら、次は社長への報告です。このとき、新しい上司と一緒に社長の元へ行きましょう。

これでOK。上司を交代させることができます。僕の会社の場合、たまたま別の上司の下に部下がいなかったので実行できました。また小さな会社なので、比較的人事異動も容易です。

 

大きな会社になると人事異動は、「4月1日から」「年始から」と制約があることに注意しましょう。また、別の上司の元に空きがあるか確認しましょう。相談するだけ無駄、という状況は避けたいですし。

 

まとめ

  • 相性の悪い上司と部下の組み合わせがあれば、もっと流動的に変えるべき
  • 今の上司を変える最も現実的な方法は、別の上司に相談を掛けること

というわけで、今の会社で上司に悩んでいる皆さん。転職という選択肢もありますが、今の会社でキャリアを積みたいなら、上司を交代させる方法もありますよ。

では。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  2. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  3. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  4. 自分の生き方に満足できていますか?
  5. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。

関連記事

  1. 生きる知恵

    ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。

    ども、tyazukeです。今回は構造目線で考えよう、の第二弾。…

  2. 生きる知恵

    会社を寝坊したら遅刻じゃなくて有給を使え、という話

    ども、tyazukeです。会社行く日に寝坊して、アタフタした記…

  3. ブログ運営

    アマゾンの「Kindle Unlimited」が予想の斜め上を行き過ぎている件

    ども、tyazukeです。僕は本が好きです。小さい頃は絵本、小…

  4. 生きる知恵

    失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法

    ども、tyazukeです。社会人5,6年目になると早い人は部下…

  5. ブログ運営

    1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

    ども、tyazukeです。入社して間もない頃は、業務を遂行する…

  6. 建築のこと

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

    ども、tyazukeです。設計GLとKBMはどういう関係かイメ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP