労働のこと

「最近の若者は忍耐が足らん!」いや、それ違うよ?

ども、tyazukeです。

「最近の若者は忍耐が足らん」っていう老人多いですよね。今の5、60歳の方が若者をみたら、そう思うのかもしれません。

でも違うんですよ。

若者は忍耐が足らないんじゃなくて、「最小の仕事量で最大の成果をだす」ことを考えている。つまり「楽をしたいんです」

スポンサーリンク

 

誰だって楽はしたいでしょ?

「苦労は買ってでもしろ」という格言。この意味は、若いうちに苦労しないと「年をとってから苦労するよ」だと解釈しています。

が、一生苦労しなければ、それに越したことはない。

誰だって楽はしたいはずです。

 

今の若者は仕事が続かないようですね。入社した会社を数か月で辞めるとか。実際に僕の会社でも1ヶ月足らずで新入社員が辞めました。

でもそれって、「忍耐力が無い」わけではなくて、若者がより合理的になったと思うんですよ。

 

最小の努力で、最大の成果を出したい若者

例えばyoutuber(最近youtubereの話ばかりしていますが)。彼らは、僕より10歳近く若いにも関わらず、既に僕の年収の10倍以上を稼ぐ人がいます。

 

youtubeで稼ぐのが簡単、とは言いません。しかし建築のように「長年の修業(笑)」無しでも、数千万円を稼ぐことができるのは事実。

若者は知っているんですよ。時代が大きく変わっていることに。最小の努力で最大の成果を出す。合理的な考え方をする人が増えたんですね。

 

例えば20年間の修業を経て、一級建築士として独立しました。努力の末、年商1000万円です。一方、1年くらいyoutubeやってみて動画が人気となり、年商1000万円。どちらが有意か、火をみるより明らかです。

もちろん前者は技術を持っているので仕事が完全には、無くなりません。でも圧倒的に時間が使えない。

 

時間=お金。いや時間はお金より貴重です。1年足らずでお金を稼いだ若者。それ元手に、もっとビジネス展開できるし。ビジネスじゃなくても、自分の好きな勉強ができる。海外留学とかね。

今の若者はそれを分かっているんです。本当に賢明なことです。

 

ゆるく、ゆるく生きたい若者

若者は「ゆるく、とにかくゆるく生きたい」のです。

仕事に縛られ、がんじがらめになりたくない。プライベートが仕事より何より優先したい。この考え方が若者の大多数を占めています。

 

というより昔が異常だっただけなんです。団塊世代は異常。彼らは今の日本をつくったかもしれませんが、壊した人たちでもある。

そんな考えがスタンダードになれば日本は終わりでした。もう終わっているかもしれませんが。

 

ともかく今の若者は、まっとうな考え方をしています。だって「仕事を早く終えて、家族や友人、趣味を大切にしたい」って言うんでしょ?

当然じゃないですか。

仕事は「仕事のためにあるんじゃない」ですよ。仕事は手段。あくまで生活の手段に過ぎない。

自分の時間を大切にしたいのです。

 

まとめ

  • 若者は合理的になった。
  • 若者はゆるく生きたい。

僕はそう思います。だから仕事をすぐに辞める若者に「忍耐力が無い」なんて、本当に論点がズレています。

価値観も時代も、あなたたちの頃とは全く違うのですよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  2. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  3. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  4. 社員旅行に参加しないための、もっともらしい理由
  5. 2年間総合資格に通った結果、100万円無駄にした話

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】文章力の基本 簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック、を読んで

    文章力を鍛えたい、うまい文章を操りたい、そう思っている。文章力…

  2. 労働のこと

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

  3. 労働のこと

    【時はきた!】今年度末で退職する旨を上司に伝えた結果

    ついに今年度の退職に向かって動き始めました。tyazukeです。長かっ…

  4. 雑学

    理系のあなた、その言葉遣い嫌われていますよ?

    僕はバリバリの理系なんですが、喋り方に気をつけています。理系の人って喋…

  5. 労働のこと

    新入社員がいきなり仕事できると思うなよ。

    春になりました。新入社員が入ってきましたね。僕が務めている会社にも新入…

  6. 雑学

    『で?』と返してくる上司と、それを言われた部下の気持ち。

    社内で、同僚と上司のやりとりを聞いていました。同僚は、上司に質…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
PAGE TOP