労働のこと

「最近の若者は忍耐が足らん!」いや、それ違うよ?

ども、tyazukeです。

「最近の若者は忍耐が足らん」っていう老人多いですよね。今の5、60歳の方が若者をみたら、そう思うのかもしれません。

でも違うんですよ。

若者は忍耐が足らないんじゃなくて、「最小の仕事量で最大の成果をだす」ことを考えている。つまり「楽をしたいんです」

スポンサーリンク

 

誰だって楽はしたいでしょ?

「苦労は買ってでもしろ」という格言。この意味は、若いうちに苦労しないと「年をとってから苦労するよ」だと解釈しています。

が、一生苦労しなければ、それに越したことはない。

誰だって楽はしたいはずです。

 

今の若者は仕事が続かないようですね。入社した会社を数か月で辞めるとか。実際に僕の会社でも1ヶ月足らずで新入社員が辞めました。

でもそれって、「忍耐力が無い」わけではなくて、若者がより合理的になったと思うんですよ。

 

最小の努力で、最大の成果を出したい若者

例えばyoutuber(最近youtubereの話ばかりしていますが)。彼らは、僕より10歳近く若いにも関わらず、既に僕の年収の10倍以上を稼ぐ人がいます。

 

youtubeで稼ぐのが簡単、とは言いません。しかし建築のように「長年の修業(笑)」無しでも、数千万円を稼ぐことができるのは事実。

若者は知っているんですよ。時代が大きく変わっていることに。最小の努力で最大の成果を出す。合理的な考え方をする人が増えたんですね。

 

例えば20年間の修業を経て、一級建築士として独立しました。努力の末、年商1000万円です。一方、1年くらいyoutubeやってみて動画が人気となり、年商1000万円。どちらが有意か、火をみるより明らかです。

もちろん前者は技術を持っているので仕事が完全には、無くなりません。でも圧倒的に時間が使えない。

 

時間=お金。いや時間はお金より貴重です。1年足らずでお金を稼いだ若者。それ元手に、もっとビジネス展開できるし。ビジネスじゃなくても、自分の好きな勉強ができる。海外留学とかね。

今の若者はそれを分かっているんです。本当に賢明なことです。

 

ゆるく、ゆるく生きたい若者

若者は「ゆるく、とにかくゆるく生きたい」のです。

仕事に縛られ、がんじがらめになりたくない。プライベートが仕事より何より優先したい。この考え方が若者の大多数を占めています。

 

というより昔が異常だっただけなんです。団塊世代は異常。彼らは今の日本をつくったかもしれませんが、壊した人たちでもある。

そんな考えがスタンダードになれば日本は終わりでした。もう終わっているかもしれませんが。

 

ともかく今の若者は、まっとうな考え方をしています。だって「仕事を早く終えて、家族や友人、趣味を大切にしたい」って言うんでしょ?

当然じゃないですか。

仕事は「仕事のためにあるんじゃない」ですよ。仕事は手段。あくまで生活の手段に過ぎない。

自分の時間を大切にしたいのです。

 

まとめ

  • 若者は合理的になった。
  • 若者はゆるく生きたい。

僕はそう思います。だから仕事をすぐに辞める若者に「忍耐力が無い」なんて、本当に論点がズレています。

価値観も時代も、あなたたちの頃とは全く違うのですよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  2. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  3. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  4. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。
  5. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?

関連記事

  1. 労働のこと

    MIIDASを使って自分の市場価値を見たら、年収が1.7倍まで増えた件

    僕の適正年収は660万だって! 今の年収が380万くらいだから約1.7…

  2. 建設業界のこと

    業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。

    ども、tyazukeです。就職活動を始めると沢山の会社が目に留…

  3. 建設業界のこと

    技術屋は新しい世代の方が損じゃないか?

    昔の時代は良かった・・・と思いませんか?バブルとか、お金や女にまみれた…

  4. 本の紹介

    何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

    ども、tyazukeです。僕は普段小説を読まないのですが、実は…

  5. 労働のこと

    建築設計のライフワークバランスって?

    文字通り、ワーク(仕事)とライフ(生活?人生?)のバランスのこと。建築…

  6. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方

    tyazukeです。僕は設計事務所に勤めています。今年で6年目…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
PAGE TOP