建築屋さんの転職

最終更新日: 2019.10.27

最近の若者は忍耐が無い?3年以内に仕事を辞める若者の気持ち

ども、tyazukeです。

「最近の若者は忍耐力がない」

と言うお年寄り多くないですか?

今の50、60歳の方が若者をみたら、そう思うのかもしれません。仕事をすぐに退職する若者が多いようですし。

でも違うんですよ。

若者は忍耐が足らないんじゃなくて、「人生を豊かに生きたい」と考えています。今回は、「最近の若者は忍耐が無い?」について考えます。

下記も参考にどうぞ

スポンサーリンク

最近の若者は忍耐が無い?

大卒者の3割が入社から3年以内に退職する。この法則は約30年ほぼ変わっていないそうです。https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/28/news018.html

だから、そもそも「最近の若者は~」というのは間違い昔と一緒です。

 

最近はSNSで新卒の退職が目立つようになっただけ。でも確かに、40~60代の方から見ると忍耐力が無いように見えますよね。

でも忍耐力が無いのではなくて、彼らは「人生を豊かに生きたいのでは?」と思います。

 

若者は悲観的ですよ。必死で毎日働いて、定年迎えてようやく老後。

老後は悠々自適に・・・なんて思っていたら、自分たちの老後は70歳からスタート。男性の平均寿命は79歳だから、老後は9年しか楽しめない⇒ 一級建築士の65歳からの働き方は?今の働き方を続ける気?

これっておかしくないか?

と気づいたわけです。だったら、ギャップのある企業に勤めるより、より良い会社に転職しますよ。それも3年とはいわず1年、2年で。

 

しかも、

3年以内に転職した若手の7割が、転職先に満足している

らしいです。どうやら、若手が転職で重視するのが「仕事内容や人間関係などの環境」ですね。

誰だって楽しく生きたいでしょ?

「苦労は買ってでもしろ」という格言。この意味は、若いうちに苦労しないと「年をとってから苦労するよ」だと解釈しています。

が、一生苦労しなければ、それに越したことはない。

誰だって楽しく生きたいです。

 

入社した会社を、数か月で辞める若手もいるようです。実際に新入社員が1ヶ月足らずで辞めました。

でもそれって、「忍耐力が無い」わけではなくて、若者がより合理的になったと思うんですよ。

老後を楽しく生きるんじゃなくて、人生そのものを楽しくしたい、と思います。

最小の努力で、最大の成果を出したい若者

例えばyoutuber(最近youtubereの話ばかりしていますが)。彼らは、僕より10歳近く若いにも関わらず、既に僕の年収の10倍以上を稼ぐ人がいます。

 

youtubeで稼ぐのが簡単、とは言いません。しかし建築のように「長年の修業(笑)」無しでも、数千万円を稼ぐことができるのは事実。

若者は知っているんですよ。時代が大きく変わっていることに。最小の努力で最大の成果を出す。合理的な考え方をする人が増えたんですね。

 

例えば20年間の修業を経て、一級建築士として独立しました。努力の末、年商1000万円です。一方、1年くらいyoutubeやってみて動画が人気となり、年商1000万円。

もちろん前者は技術を持っているので仕事が完全には、無くなりません。でも圧倒的に時間が使えない

 

時間>お金です。

1年足らずでお金を稼いだ若者。それ元手に、もっとビジネス展開できるし。ビジネスじゃなくても、自分の好きな勉強ができる。海外留学とかね。

今の若者はそれを分かっているんです。本当に賢明なことです。

ゆるく、ゆるく生きたい若者

若者は「ゆるく、とにかくゆるく生きたい」のです。

仕事に縛られ、がんじがらめになりたくない。プライベートが仕事より何より優先したい。この考え方が若者の大多数を占めています。

 

というより昔が異常だっただけなんです。団塊世代は異常。彼らは今の日本をつくったかもしれませんが、壊した人たちでもある。

そんな考えがスタンダードになれば日本は終わりでした。もう終わっているかもしれませんが。

 

ともかく今の若者は、まっとうな考え方をしています。だって「仕事を早く終えて、家族や友人、趣味を大切にしたい」って言うんでしょ?

当然じゃないですか。

仕事は「仕事のためにあるんじゃない」ですよ。仕事は手段。あくまで生活の手段に過ぎない。

自分の時間を大切にしたいのです。

まとめ

  • 若者は合理的になった。
  • 若者はゆるく生きたい。

僕はそう思います。だから仕事をすぐに辞める若者に「忍耐力が無い」、論点がズレています。

価値観も時代も、全く違うと思います。こちらの記事も参考にどうぞ⇒ 一級建築士の65歳からの働き方は?今の働き方を続ける気?

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。
  2. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  3. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  4. 中堅組織設計事務所の3つの特徴、大手に転職できる可能性
  5. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

関連記事

  1. 建築業界の分析

    設計監理と設計の仕事、給料はどう違う?

    ども、tyazukeです。現在学生で、就活中のあなた。就活中、…

  2. 設計事務所の実態

    失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法

    ども、tyazukeです。社会人5,6年目になると早い人は部下…

  3. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の資格にどれだけの価値があるか?

    ども、tyazukeです。一級建築士学科試験が終わり、無事ダラ…

  4. 設計事務所の実態

    会社を寝坊したら遅刻じゃなくて有給を使え、という話

    ども、tyazukeです。会社行く日に寝坊して、アタフタした記…

  5. 設計事務所の実態

    ブラック部長のクソ格言。2徹してもフル回転できる脳みそをつくれ。

    うちのブラック部長、能力は本当に素晴らしいと思います。構造設計の経験、…

  6. 建築屋さんの転職

    営業が普通のトップ技術者と、営業トップの普通技術者はどちらが稼げるか?

    ども、tyazukeです。ふと疑問に思ったのですが、2人の男が…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  2. 構造設計の話

    溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件
  3. 建築業界の分析

    構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか?
  4. 建築業界の分析

    これで成功できる!ノーマンフォスターの教え、戦略とは?
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    二級建築士の難易度と必要な勉強時間は?学科試験って本気出せば〇日で受かる?
PAGE TOP