労働のこと

自分の生き方に満足できていますか?

ども、tyazukeです。

皆さん、どんな生き方がしたいですか?

今の生き方に満足ですか?

今、まさにこの瞬間に命が終わるとしたら・・・悔いはないですか?

スポンサーリンク

 

生き方に満足できれば、幸せになれる

「生き方」というのは仕事よりも大事です。

例えば、「仕事を毎日定時で終わらせて、平日はプライベートにいそしむ。休日もしっかり休む」これも1つの生き方です。

 

または「とにかく仕事が大好き。仕事に一生を捧げる」という人もいる。「起業してビジネスの最前線に!」と考える方もいるでしょう。

もっと真逆の生き方で言えば、「海外を放浪しながら過ごしたい」とかね。立派な生き方です。

 

ところが大学では、生き方について何も教えてくれません。大学に入って就活して、なるべく良い会社に入って仕事をする。運が良ければ同じ会社に定年まで働き詰めて、老後を迎える。

このステレオタイプの生き方が、あたかも当然であるかのように。

 

しかし、人はひとりひとり違います。仕事に熱中できる人がいる一方で、そうじゃない人もいる。そもそも会社に属さない生き方が合う人も。

万人が同じ生き方ができればよいのですが、それは無理ですよね?

 

僕は学生のころ、そして社会人になっても「自分の生き方をどうするか?」悩んでいました。

偉そうなことを書きましたが皆さんと同じ。皆と同じように就職しましたが、僕はどうしても会社という組織が好きになれませんでした。

それは今の会社だから、というわけでなく転職しても変わらないでしょう。

 

だから退職して自分の道を進みたくなったのです。

 

自分の人生を本当に生きているか?

自分の人生を生きるのは本当に大変です。少し目を離すと、自分の人生はどこか遠くに行ってしまって、たちまち他人の人生になってしまいます。

自分の人生なのに、自分中心に進まない時って何をやっても上手くいかないんですよね。僕が就職した後、まさにそんな状況でした。

 

「これは本当に自分が望んだ生き方か?」

そう思いました。

男性が死ぬ間際、一番後悔すること。それが「もっと自分の人生に向き合えば良かった」そうです。まさに他人の人生を歩んでしまった人の言葉ですよね。

 

さぁもう一度質問しますよ。

「今の生き方に満足ですか?」

「今、まさにこの瞬間に命が終わるとしたら・・・悔いはないですか?」

「はい」と答えられるような人生を送りましょう。

 

では!

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?
  2. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  3. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  4. 大学教授は上手い商売なのか
  5. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話

関連記事

  1. 労働のこと

    『拓新産業』と『未来工業』にみるホワイト企業の共通点とは。

    おはようございます。今朝、久々に夢をみました。先輩から額面68万という…

  2. 建設業界のこと

    業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。

    ども、tyazukeです。就職活動を始めると沢山の会社が目に留…

  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて

    【※3000字くらいの文量あります。読了に10分くらいかかります。】…

  4. 労働のこと

    【時はきた!】今年度末で退職する旨を上司に伝えた結果

    ついに今年度の退職に向かって動き始めました。tyazukeです。長かっ…

  5. 労働のこと

    ホテル会社を4つも経営。沖縄の老舗ゼネコン「屋部土建」【勝手に会社紹介 第二回】

    今回も沖縄の会社を紹介します。その名も、「屋部土建」さん。…

  6. 労働のこと

    設計事務所勤めの皆さん。GW休みは何日ありました?

    休み明けの仕事ダルイですね。皆さん今日は省力モードで仕事中でしょうか?…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP