建築屋さんの転職

最終更新日: 2017.09.23

その働き方、何歳まで続けるつもりですか?

僕は何歳まで働くのだろう?と思うことがあります。事務所をみると、60歳以上の営業(完全に老人)や設計者が沢山。中には70歳過ぎになっても毎朝出社して仕事をしています。

さて、1950年代は、『人生50年』という時代でした。男性の平均寿命が58歳、女性の平均寿命が61.5歳。しかし、現在は平均寿命が男性で79歳、女性で86歳。2060年になると、男性は85歳、女性は90歳!になることが予測されています(内閣府調べ)。

一方、将来的に日本は、少子化で生産年齢人口が激減します。ですから、僕らの世代は年金受給できるだけの働き手が居ないのです。そこで政府は、年金受給を65歳から70歳まで引き上げることを政策に掲げています。

70歳まで仕事して、さて老後をゆっくり過ごそうか・・・と思っていると、男性はすぐにお迎えがきます。平均寿命で考れば、10年もありません。この生き方が本当に良いのか?と疑問に思うのです。

死ぬまで働け

ということでしょうか?年金受給年齢は、60⇒65⇒70歳と繰り上がっています。僕らの世代は、70歳になっても貰えないかも。つまり、『老後はゆっくり過ごそう♪』という考え自体成立しないのです。

スポンサーリンク

 

『生き方』という視点

僕は、『どんな仕事をするのか?』よりも『どんな生き方をするか?』という視点が重要だと思っています。しかし、前述したように20~60歳まで仕事、60歳~死まで老後といった、ブツ切りした人生が『一般的な生き方』に該当します。

ですから『生き方を模索している』、などと言えば不審がられ、変人と思われます。しかし先ほど述べたように、もはやブツ切り人生は成立しません。生産年齢人口の低下に伴って、年金受給年齢は引き上げ。『余生』はたったの9年。僕は、それが『一般的な生き方』とは思いたくありません。

だから、生き方はじっくり模索したい。でないと、このままでは余生9年のツマラナイ人生になってしまうのです。相当な危機感を感じています。ちきりん著書の『未来の働き方を考えよう』では、40歳まで今の仕事、40歳から全く別の人生を歩もう、と書いてあります。建築の設計者はプライドが高くて、他の仕事につくなんて想像できないと思いますが。

でも、生き方はけっして1つではありません。枝分かれしたレールが、そこらじゅうに広がっています。僕の場合、30歳で構造設計を引退予定で、そこから田舎暮らしが始まります。

まだ長い人生、皆さんも『仕事』に囚われ過ぎず、『生き方の模索』してみませんか?

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  2. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  3. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  4. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法
  5. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件

関連記事

  1. 建築屋さんの転職

    【コイツ】負けない設計者になるために・・・?【何言ってんだ】

    『負けない設計者になるために、建築紛争から学ぶ設計実務』という本を読み…

  2. 建築屋さんの転職

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて

    【※3000字くらいの文量あります。読了に10分くらいかかります。】…

  3. 建築屋さんの転職

    設計業務に『生産性』っていう言葉あるのかな(笑)

    『生産性』という言葉、よく聞きます。生産性を上げろとか、生産性をよくし…

  4. 建築屋さんの転職

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?

    ども、tyazukeです。将来は建築家として独立しよう。…

  5. 建築屋さんの転職

    大建設計に転職したら、年収はいくらになる?

    ども、tyazukeです。あなたは 「大建設計ってど…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    構造設計者が独立したら、何棟設計すれば食えるのか?
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の勉強法。独学か予備校か?
  3. 建築屋さんの転職

    MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件
  4. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    特定構造計算規準とは何か?
PAGE TOP