構造設計に関すること

優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

ども、tyazukeです。

「建築士に向いている性格、向いていない性格はあるのでしょうか?」

大学の後輩にそう聞かれたので、僕はこう答えました。

『優しい性格の人は向いてないね。』

 

後輩は少し驚いたような顔をしましたが、これが事実なんです。

優しくて、気が利いて自分よりも他人のことを考えられる人。とても素晴らしいと思います。でも、建築士には向いていません。

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

今回は、優しい性格の人は建築士に向いていない理由を説明します。

スポンサーリンク

 

建築士は詐欺師みたいなものだ

建築士として活躍する方法を説明しましょう。

『詐欺師になれ』

 

これだけです。建築士は本当に『自分』が大好きです。自分の考えを死ぬまで押し通します。彼らは、カラスの色を『白』と間違えても、死ぬまで『白い』と言い続けます。たとえ指摘されようが。

しまいには、白いカラスの写真をネットから引張って、自分の正当性を説明します。それほど、『我』が強いのが建築士です。逆に言えば、建築士はそれぐらいでないと務まりません。

 

設計は、ときに不合理なことも行います。例えば、ザハハディドが提案した東京オリンピックメイン会場のデザイン。

どう見ても不合理でしょう?あんな巨大で、不思議なデザイン。しかし、その不合理さを、あたかも合理的なように繕い、相手にもそう思い込ませるのが建築士です。

下記の記事は、そんな建築家全般に見られる性格を書いています。合わせて参考にしてください。

建築家の、「全て私がやりました」という風潮

 

ですから、建築士には話術も必要です。もう、詐欺師の領域ですよね。

何度も言いますが、建築士は我の強い人間が多いので、相手のことを全く考えません。部下や協力業者を徹夜させようが、『何とも思っていない』のです。

 

だから、優しい性格の人は建築士に向いていません。相手のスケジュールを気にして、相手を徹夜させることもできない。優しいから自分の意見を曲げてしまう。

人間としては大正解ですが、建築士としては成功できません。

 

建築士にはク○が多いので気を付けよう。

僕は、ブラック事務所に入社して何人ものク○を見てきました。その結論が、

建築士にはク○が多い。

理由は、我の強い人間が多いから、でしょう。僕は真逆の性格で、自分の意見なんか簡単に曲げしまいます。心底、この業界に向いていないと思いますが、人間性を失うくらいなら、建築士なんてやりたくないですね。

 

まとめ

  • 建築士≒詐欺師だ。
  • 建築士として活躍したいなら優しさを捨てろ。
  • 建築士にはク○が多いから気を付けよう。

というわけで、自分の性格がどんな仕事に向いているのか適性を見極めたいですね。下記の本が参考になります。

あとはベストセラーになったこの本。購入した人だけに、自分の「強み」が何か分かるWEBチェックシート付き。驚くほど当たるので、自分の強みとマッチする会社を選ぶと良い。就活や転職の場で役に立ちます。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  2. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  3. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  4. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  5. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

関連記事

  1. 建設業界のこと

    【建築界の常識】なぜ適判員は事務所に来てくれないのか?【世間の非常識】

    当たり前のことを知人に話していたとき『それ、おかしくない?』、と言われ…

  2. 労働のこと

    設計が失敗続き。『死にたい』と悩むあなたへ。

    仕事に失敗は付き物です。居酒屋の『つきだし』と同じで、要望もしていない…

  3. 建設業界のこと

    建築士と建築家の間にある、絶対に超えられない壁とは。

    一般の方には、建築士と建築家の違いが認知されていないように思います。実…

  4. 構造設計に関すること

    鋼の降伏とは何を意味するのか?

    現代の構造設計は、終局強度を考慮した設計が当たり前になってきました。部…

  5. 管理人のこと

    オレADDかもと思ったら?構造設計をして日々思うこと。

    精神論大好きの日本では、精神的な障害はまだまだ認知されていません。その…

  6. 労働のこと

    3月の残業時間が130時間だった・・・。

    ども、tyazukeです。先月の残業時間を集計したら130時間…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP