構造設計に関すること

優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

ども、tyazukeです。

「建築士に向いている性格、向いていない性格はあるのでしょうか?」

大学の後輩にそう聞かれたので、僕はこう答えました。

『優しい性格の人は向いてないね。』

 

後輩は少し驚いたような顔をしましたが、これが事実なんです。

優しくて、気が利いて自分よりも他人のことを考えられる人。とても素晴らしいと思います。でも、建築士には向いていません。

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

今回は、優しい性格の人は建築士に向いていない理由を説明します。

スポンサーリンク

 

建築士は詐欺師みたいなものだ

建築士として活躍する方法を説明しましょう。

『詐欺師になれ』

 

これだけです。建築士は本当に『自分』が大好きです。自分の考えを死ぬまで押し通します。彼らは、カラスの色を『白』と間違えても、死ぬまで『白い』と言い続けます。たとえ指摘されようが。

しまいには、白いカラスの写真をネットから引張って、自分の正当性を説明します。それほど、『我』が強いのが建築士です。逆に言えば、建築士はそれぐらいでないと務まりません。

 

設計は、ときに不合理なことも行います。例えば、ザハハディドが提案した東京オリンピックメイン会場のデザイン。

どう見ても不合理でしょう?あんな巨大で、不思議なデザイン。しかし、その不合理さを、あたかも合理的なように繕い、相手にもそう思い込ませるのが建築士です。

下記の記事は、そんな建築家全般に見られる性格を書いています。合わせて参考にしてください。

建築家の、「全て私がやりました」という風潮

 

ですから、建築士には話術も必要です。もう、詐欺師の領域ですよね。

何度も言いますが、建築士は我の強い人間が多いので、相手のことを全く考えません。部下や協力業者を徹夜させようが、『何とも思っていない』のです。

 

だから、優しい性格の人は建築士に向いていません。相手のスケジュールを気にして、相手を徹夜させることもできない。優しいから自分の意見を曲げてしまう。

人間としては大正解ですが、建築士としては成功できません。

 

建築士にはク○が多いので気を付けよう。

僕は、ブラック事務所に入社して何人ものク○を見てきました。その結論が、

建築士にはク○が多い。

理由は、我の強い人間が多いから、でしょう。僕は真逆の性格で、自分の意見なんか簡単に曲げしまいます。心底、この業界に向いていないと思いますが、人間性を失うくらいなら、建築士なんてやりたくないですね。

 

まとめ

  • 建築士≒詐欺師だ。
  • 建築士として活躍したいなら優しさを捨てろ。
  • 建築士にはク○が多いから気を付けよう。

というわけで、自分の性格がどんな仕事に向いているのか適性を見極めたいですね。下記の本が参考になります。

あとはベストセラーになったこの本。購入した人だけに、自分の「強み」が何か分かるWEBチェックシート付き。驚くほど当たるので、自分の強みとマッチする会社を選ぶと良い。就活や転職の場で役に立ちます。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  2. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  3. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  4. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  5. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    設計者による考えの違いって、本当に邪魔くさいな。

    設計者による考えの違いって本当に邪魔くさいと思うことがあります。僕が1…

  2. 構造設計に関すること

    柱符号、梁符号の付け方について

    柱符号、梁符号の付け方悩みますよね。あまり細かく分けると施工性が悪くな…

  3. 構造設計に関すること

    分かりやすい計算書の作り方について

    計算書の構成は何が正しいのでしょうか?働いて4年になりますが、いまだに…

  4. 建設業界のこと

    大手設計事務所の図面を拝見。スッキリしてとても見やすい件。

    ひょんなことから、大手組織設計事務所さんの図面を手に入れました。といっ…

  5. 構造設計に関すること

    鉄骨階段の、ササラの検討方法

    ども、tyazukeです。ササラのように、角度のついた部材はど…

  6. 構造設計に関すること

    角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

    鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?小…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  3. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
PAGE TOP