構造設計に関すること

優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

ども、tyazukeです。

「建築士に向いている性格、向いていない性格はあるのでしょうか?」

大学の後輩にそう聞かれたので、僕はこう答えました。

『優しい性格の人は向いてないね。』

 

後輩は少し驚いたような顔をしましたが、これが事実なんです。

優しくて、気が利いて自分よりも他人のことを考えられる人。とても素晴らしいと思います。でも、建築士には向いていません。

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

今回は、優しい性格の人は建築士に向いていない理由を説明します。

スポンサーリンク

 

建築士は詐欺師みたいなものだ

建築士として活躍する方法を説明しましょう。

『詐欺師になれ』

 

これだけです。建築士は本当に『自分』が大好きです。自分の考えを死ぬまで押し通します。彼らは、カラスの色を『白』と間違えても、死ぬまで『白い』と言い続けます。たとえ指摘されようが。

しまいには、白いカラスの写真をネットから引張って、自分の正当性を説明します。それほど、『我』が強いのが建築士です。逆に言えば、建築士はそれぐらいでないと務まりません。

 

設計は、ときに不合理なことも行います。例えば、ザハハディドが提案した東京オリンピックメイン会場のデザイン。

どう見ても不合理でしょう?あんな巨大で、不思議なデザイン。しかし、その不合理さを、あたかも合理的なように繕い、相手にもそう思い込ませるのが建築士です。

下記の記事は、そんな建築家全般に見られる性格を書いています。合わせて参考にしてください。

建築家の、「全て私がやりました」という風潮

 

ですから、建築士には話術も必要です。もう、詐欺師の領域ですよね。

何度も言いますが、建築士は我の強い人間が多いので、相手のことを全く考えません。部下や協力業者を徹夜させようが、『何とも思っていない』のです。

 

だから、優しい性格の人は建築士に向いていません。相手のスケジュールを気にして、相手を徹夜させることもできない。優しいから自分の意見を曲げてしまう。

人間としては大正解ですが、建築士としては成功できません。

 

建築士にはク○が多いので気を付けよう。

僕は、ブラック事務所に入社して何人ものク○を見てきました。その結論が、

建築士にはク○が多い。

理由は、我の強い人間が多いから、でしょう。僕は真逆の性格で、自分の意見なんか簡単に曲げしまいます。心底、この業界に向いていないと思いますが、人間性を失うくらいなら、建築士なんてやりたくないですね。

 

まとめ

  • 建築士≒詐欺師だ。
  • 建築士として活躍したいなら優しさを捨てろ。
  • 建築士にはク○が多いから気を付けよう。

というわけで、自分の性格がどんな仕事に向いているのか適性を見極めたいですね。下記の本が参考になります。

あとはベストセラーになったこの本。購入した人だけに、自分の「強み」が何か分かるWEBチェックシート付き。驚くほど当たるので、自分の強みとマッチする会社を選ぶと良い。就活や転職の場で役に立ちます。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?
  2. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  3. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  4. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  5. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    「今の建築の98%は糞だ」とフランクゲーリーは言った。

    「今の建築の98%は糞だ」これは、ぐにゃぐにゃ建築でお馴染…

  2. 構造設計に関すること

    構造設計者に必要な3つのセンスとは?

    下手でも構造屋さんをやっていれば、何か感覚のようなものが身に付いてきま…

  3. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

  4. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  5. 構造設計に関すること

    皆はどうしてる? 横補鋼材のお話。

    保有耐力横補鋼を満足していますか。確認申請や適合性判定で嫌とい…

  6. 構造設計に関すること

    えーーっと。会社員と独立した設計者を比較しないでください。

    ウチの事務所は構造部の規模が小さくて、結構外注を使います。僕の場合、外…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  4. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP