建築屋さんの転職

最終更新日: 2019.10.27

建築設計を辞めたい3つの理由と、答えを導く3チェック、実際に僕が退職して思うこと

ども、tyazukeです。

あなたは、

  • 「建築設計の仕事ができなくて怒られてばかり
  • 「毎日残業で土曜日も仕事建築士の勉強もできない
  • 給料も少なくて将来が不安

と思っていませんか。実は僕自身、「建築設計を辞めたい」と思ったことは何度もあります。

 

毎日辛かったからです。

上司に怒られて怖くなり、質問しづらくなって仕事をミス。で、また怒られて・・・という悪循環。

それに毎日の残業や休日出勤で疲れ、余計に仕事が上手くいかない。何だか、仕事を繰り返すたびに、頭が悪くなっているんじゃないか、と思うくらいでした。

 

それでも建築設計を辞めていいか悩みました。

  • 「自分がワガママなだけ?根性が無い?」
  • 「建築設計に向いていない?」

そんな風に思いました。そして2019年現在、僕は設計事務所を退職しています。「辞めて良かった」と思っています。

今回は、そんな僕の経験を元に、建築設計を辞めたい3つの理由と、答えを導く3チェック、実際に僕が退職して思うことをお話しします。

こちらも参考になります。

建築士に向いていない性格は?働いて分かったこと、解決方法3つ

組織設計事務所へ転職したときの待遇・年収と、転職に役立つおすすめサービス

スポンサーリンク

建築設計を辞めたい理由3つ

僕が建築設計を辞めたい理由は下記の3つです。

  • 上司が厳しくて辛い(怒ってばかり)
  • 毎日遅くまで残業、土曜日も仕事
  • 給料が少なく、将来不安

それぞれ詳しく説明しますね。

上司が厳しい(怒ってばかり)

僕の上司は厳しい人でした。部下が徹夜しても何とも思わない人でした。とにかく仕事が第一という人。

入社間もない頃、「2日間徹夜しても大丈夫な脳をつくれ」と言われた時は、ひきましたね⇒ ブラック部長のクソ格言。2徹してもフル回転できる脳みそをつくれ。

 

仕事の失敗を許さない人だったので、その度に怒られました。怒られると委縮します。

そして怖くなり、質問しづらくなって仕事をミス。で、また怒られて・・・という悪循環でした。

職場に行くのが本当に嫌でしたね。

毎日遅くまで残業、土曜日も仕事

とにかく仕事漬けでした。

新入社員の頃から夜10時や11時は当たり前。朝は8:30から仕事。家に帰っても寝るだけの生活です。

 

休日出勤も常態化していて、土曜日も仕事をしていました。だからといって振替休日にできませんでした。

「お前の仕事が遅いからだ」と言われたからです。

 

毎日仕事をすると、判断力が低下してきます。簡単なことにも時間がかかりました。

仕事を続けるほど「頭が悪くなっていく」ようでした。

休みの日は寝るだけ。遊びに行くのも面倒だし、建築士の資格勉強も満足にできません。

こちらも参考にしてください⇒ 3月の残業時間が130時間だった・・・。

給料が少なく、将来が不安

給料が少なかったです。大学院卒で基本給18万円です。もちろん生活はできますが・・・。奨学金を借りて、1人暮らしして、正直きつかったです。

車も持てないし、良い部屋も借りられないし。結婚や旅行。周りの人が普通に楽しんでいることが、全くできない苛立ちもありました。

本当に将来が不安でした。参考⇒ 【業種別】働いて分かった一級建築士の30代の平均年収、独立後の年収

辞めたい人に答えを導く3つのチェック

そんな悲惨な状態だったのですが、それでも建築設計を辞めていいか悩みました。

  • 自分がワガママなだけ?根性が無い?」
  • 建築設計に向いていない?」
  • 「いつか慣れて楽になる?」
  • 「大学院まで行かせてくれた親に申し訳ない」

と思っていましたね。だけど、このまま仕事を続けたら身体を壊す、とある時思いました。

そして、3つのチェック項目をつくりました。3項目を総合的に判断し、僕は退職を決意したのです。

「辞めたいけど悩んでいる」という方に答えを導けると思います。3項目は下記の通りです。

  • チェック① 自分優先で考えてみよう。
  • チェック② 判断力が鈍ってないか?
  • チェック③ どういう人生を描きたいか?

解説しますね。

チェック① 自分優先で考えてみよう。

重要なのは自分優先で考えることです。

会社に気を使ってしまうと、どうしても『会社に残る』という選択肢が強く残ります。

一方、自分優先で考えれば「退職」「転職」という選択肢が見えてくるはずです。

 

もちろん辞めるタイミングも自分優先で考えてくださいね。ボーナス支給を待ってから辞めましょう年度末まで我慢、とか思わなくていいです。実際僕は、年度末を待たずに辞めました。

自分優先で考えると、自分の身体や「自分の命が、仕事なんかより大事」と気づきます。

(だけど仕事を退職して、次の仕事はどうしよう・・・)

大丈夫。仕事はあふれています。貯金なしで仕事辞めたって、何とかなります。何度も言いますが「自分優先で考えてください」。

あなたの人生は、あなただけのもの。会社は一切関係ありません。

チェック② 判断力が鈍ってないか?

忙しいときは判断力が弱っています。

仕事を辞めたいと思ったとき、自分を疑うことから始めましょう。忙しいと、心も弱っています。心が弱っているとき判断力が鈍ります。

ですから、『こうなったら仕事を辞めても良いまたは続ける』というチェックリストやメモを残しましょう。

よくある例が『3年経過したら転職する』です。これは3年経過するまでは辞めないという制約を自分に設けています。

 

僕の場合、「体を壊したら終わり」と決めていました。実際に体を壊しました。その後、仕事は調整してもらいましたが、素直に設計を辞める決断ができました。

もし、それを決めていなかったら一生設計にしがみつく人生で、後悔したかもしれません。

あわせて参考にしてください⇒ 【厳選】設計を辞める人におすすめの前職を活かす転職先5つと、僕がおすすめする転職サービス2選

チェック③ どういう人生を描きたいか?

あなたは「どういう人生を描きたい」でしょうか。僕が自分に問いかけたとき、

自分の人生を、毎日楽しく幸せに生きたい

と思いました。

平凡で抽象的かもしれません。でも、これで良かったんです。この時気づいたのは、そんな人生を描くのに「仕事は関係ない」ということです。

仕事は人生の一部です。けっして人生=仕事じゃないし、人生 < 仕事にはなりません

自分の人生を「どう生きたいか」が大切です。例えば

  • 都会で設計をして、忙しく働くのがいいか?
  • 田舎の工場でのんびり定時上がりで仕事をするのがいいのか?

色々考えられますね。

建築の大学に行ったからと言って、建築関係の仕事を続ける義務はないです。

「せっかく大学院まで行ったのに・・・」と思う人は、ご両親に「仕事を辞めたい」と告白してください。すんなりOKを出されると思います。

『自分の歩みたい人生』を少し打算的になって見つめなおしていきましょう。「そんなこと言われたってわかんないよ」という方は、自分の上司を見てください。

下記の記事に、詳しく書いています。あなたの上司は輝いて見えますか?

以上、僕が設計事務所で働いて「建築設計を辞めたいな」と思ったときにチェックした3項目をご紹介しました。

 

最近ネットの記事を見ていると、全然、経験者じゃない人の声(建築設計の仕事をしたことのない人)が大きくて・・・真に受けた方が少し心配です。

僕は安易に「建築設計を辞めた方が良い」とは言えません。なぜって、あなたにも生活がありますから。それに、頑張って勉強して、就活して建築設計の仕事をやってきましたから。

あなたの顔は見えなくても、僕にはそのことが良く分かります。だから難しいんです。簡単に「ブラックだから辞めなよ」なんて、無責任なこと言えません。

 

だけど、今回ご紹介した3つのチェックをよく考えてみてください。

その上で、あなた自身が出した答えがどちらにせよ、僕は背中を押したいと思います。

実際に僕が退職、転職して思うこと

2019年現在、僕は新卒で勤めていた設計事務所を辞めました⇒ 【さらば建築業界】退職できました。【ありがとう建築】

おまけに今は別業界で仕事をしています。

悔いはありません。

それどころ、今が人生で一番幸せじゃないでしょうか。本当に辞めて良かったです。苦しくて「設計を辞めたい」と思ったとき、それは心の叫びでした。

そんな心の叫びに、僕は気づけました。気づけない人、気づいても無視する人も大勢います。そして身体を壊します。そんなことは勿体ないです。

人生をどう生きたいか

よく考えてください。

転職は、あなたの人生を切り開くため

「退職・転職」を決断された方は、今後、新たな道を歩むことになります。

転職で1番大切なことは、転職先は今より待遇の良い会社に入ることです。そのために、けっして1人で悩まないでください。色々な人の意見を取り入れてください。

最後に転職に役立つサービスを紹介します。

主な転職サービス3つ

転職活動に役立つサービスとして下記の3種類があります。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 転職の口コミサイト

特長を解説します。

転職サイト

リクナビnext、マイナビ転職、dodaなどがあります。ウェブサイトに求人情報が一覧されており、企業情報を自由に検索、閲覧できます。

求人を比較検討したうえで、ネット上で応募が可能、お手軽です。デメリットは、面接サポートや職務経歴書作成サポートなどのサービスが無いこと。全て1人で転職活動を行います。

ある調査によれば転職サイトのみ利用した転職活動は2.5割程度のようです。

転職エージェント

転職のプロが、あなたの経歴を判断した上で、あなたに合った求人を紹介します。

無料で応募書類作成や面接サポートなど、転職活動を手厚くサポートするのが特徴です。

デメリットとして、対人型のサービスなので、まずは転職エージェントと面談する必要があります。転職サイトに比べてお手軽さはやや薄いです。

ただ、大切な転職活動です。お手軽さを選ぶより、手厚いサポートのある転職エージェントの方が安心感があります。

転職の口コミサイト

転職サイトの企業情報は、企業の良い点ばかり書いてあります。そこで役立つのが、実際に企業に勤めた方の口コミです。

転職口コミサイトを使えば、その企業の勤務体制、年収など分かるので「ブラックかどうか」判断できます。

但し、口コミを100%信用できないこと、転職サイト同様に、模擬面接や応募書類作成のサポートは受けられません。

 

以上、主な転職サービスを紹介しました。転職サイトのみで転職活動する人は少なくて、多くの人が、転職エージェントのみ転職エージェント+転職サイトを併用します。

ということで、転職活動をするなら転職エージェントの登録は必須です。それに登録するなら早い方が良いです。

それが「ぜったいに退職する」という自分自身への決意表明になります。また転職市場は常に動いています(就活と違って転職は随時募集が基本)。ライバルより早く動けば、その分、良い転職先に出逢えるでしょう。

【20代特化】転職エージェントならマイナビジョブ20’s

おすすめの転職エージェントが

です。マイナビは大手人材広告企業として有名ですよね。そんなマイナビ唯一の20代専門の転職エージェントサービスです。

20代特化の転職エージェントなので、他エージェントに無い強みがあります。特長は、

  • サービスは全て無料
  • 適性診断、キャリアカウンセリング、面接対策、履歴書・職務経歴書の添削、企業との日程調整を代行、内定後の入社交渉の代行
  • 企業人事部とのネットワークがあるため、1人で転職活動をしても得られない情報を活用して、転職活動を有利に進めることが可能
  • 非公開求人が80~90%
  • 求職者自身で転職活動をするよりもミスマッチを防げる

です。充実したサービスで手厚くサポート。転職活動を成功させたいなら、この転職エージェントの登録は必須です。

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士に受からない?僕が実践した合格するためのマインド3つ
  2. なぜ伊東豊雄事務所は、安藤忠雄事務所よりも有名建築家(弟子)を輩出できたのか?
  3. 二級建築士の受験資格は?専門学校卒で受験可能?受験資格の無い人の特徴は?
  4. 建築の将来は?10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  5. 設計事務所の評判はキャリコネで!あの事務所の年収・残業時間がすぐわかる!

関連記事

  1. 建築学生の就活

    ブラック企業に入社したらどうなる?僕の体験と新入社員の結末

    ども、tyazukeです。あなたは「ブラック企業に入社してしま…

  2. 構造設計の話

    【書評】実例でわかる 工作しやすい鉄骨設計

    僕が構造設計を始めた頃、一番わからなかったことが基礎の設計と部材接合部…

  3. 構造設計の話

    概算で行う 壁式構造の計算について

    壁式構造の設計したことありますか?皆さんもあんまり経験がないと思います…

  4. 設計事務所の実態

    世間が思う設計事務所のイメージ ウソとホント

    『特定の業界にいると、その業界の考えに染まっていく。』僕は、コレに危機…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    建築家の、「全て私がやりました」という風潮
  2. 建築屋さんの転職

    建築家として独立して食べていくために必要な物件数は?
  3. 建築業界の分析

    【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  4. 建築屋さんの転職

    最近の若者は忍耐が無い?3年以内に仕事を辞める若者の気持ち
  5. 構造設計の話

    RC梁せいはスパンの1/10で決めるのは、なぜ?
PAGE TOP