労働のこと

【時はきた!】今年度末で退職する旨を上司に伝えた結果

ついに今年度の退職に向かって動き始めました。tyazukeです。長かった。頑張りました。3年前に退職を決意したので3年越しの夢が叶うわけです。

で、ついに、今月の10/26、上司に退職したい旨を伝えました。今回は、その結果を備忘録したいと思います。

 

退職意向を報告する日。

やっぱり緊張します。現在の上司は悪い人ではありません。嫌いな上司なら、割り切って言えるのですが、むしろ良い人です。

「悪いなぁ」と思いながら、退職を伝えるわけですからね。時間が経つにつれ緊張してきました。1日仕事になりませんでした。

 

引き止め、引き止め、引き止めの嵐

で、いよいよ定時の17:30。帰らないよう間髪入れず上司に近づきます。

「すみません。ちょっとお時間いいでしょうか。ちょっとお話したいことがありまして・・・」

「ふぉっ?なんやて?」「何て言った?」

上司は耳が遠いのです。

「ちょっとお話したいことがありまして!」

割と大きな声で言いました。多分、廻りの数人には聞こえたでしょう。

 

で、2人だけの空間で話を切り出します。

「実は・・・ごにょごにょ」

ここで僕は、あらかじめ用意しておいた、退職理由を放します。

嘘の理由です。ただ全部が嘘じゃありません。1割の真実に、嘘を9割混ぜました。退職理由を要約すると、こんな感じです。

  • 地元に帰りたい
  • 親が手術をして調子が悪い。親のためにも帰りたい。
  • 家業がある。家業を継ぎたい。

上記を肉付けした理由を話した感じですね。この中で本当の理由は、今住んでいる所から、地元の「近く」に帰る、という点のみ。あとは方便です。

嘘をついて申し訳ないですが、引き留めが予想できたので、引き留めされない理由が上記です。

 

上司、「うん・・・」と小さく唸ります。そこからは、ひたすら引き止め、引き止め、引き止めの嵐。上司の言い分は、主に、

  • 全く別の仕事をやるなんてもったいない
  • 今まで大学で勉強したことが無駄になる
  • 君の両親は、君に投資して大学へ行かせたと思う。投資を無駄にするな
  • 両親は大事だが、自分のほうが大事じゃないか
  • せっかく、一級建築士の試験頑張ったのに。無駄になる
  • 建築を始めた時の熱意を思い出せ

でした。せっかくなので、上記の質問に対する答えを、1づつ書いていきましょうか。

 

Q.全く別の仕事をやるなんてもったいない

⇒ 建築の設計をやりたくないです。残りの人生をやりたくないことに捧げることが勿体ないのです。

 

Q.今まで大学で勉強したことが無駄になる

⇒ 建築の知識は、建築業界だけでしか活かせないのでしょうか。

 

Q.君の両親は、君に投資して大学へ行かせたと思う。

⇒ 家族内で解決済みです。

 

Q.せっかく、一級建築士の試験頑張ったのに。無駄になる。

⇒ 良い勉強になりました。

 

Q.建築を始めた時の熱意を思い出せ。

⇒ 申し訳ないですが、最初から言うほどの熱意はなかったです。

 

次回持ち越し

で、結局次回もちこしとなりました。

「もう一度、よく考えてみてくれ」

と上司の言葉にのりました。結論は変わりませんが、本当に良い上司なので、ここでバッサリ結論を言い渡すのは、気が引けました。

1週間後、もう一度、退職の相談をします。

 

まとめ

会社に未練が無くても、やっぱり「退職します」と言い出すのはエネルギーがいりますね。上司が良い方だとなおさらです。

でも、自分の人生です。上司は、自分の人生を保証してくれません

自分の人生を、どう幸せに豊かにしていくか。一生懸命考えた結論の過程に「退職」というポイントがあるだけです。

上司の気持ち、会社の気持ち、そんなのは後回し。ノイズです。自分の気持ちを大事にしていきたいですね。

僕はそう思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  2. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  3. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  4. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  5. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?

関連記事

  1. 労働のこと

    建設業を土曜日が当たり前に休める産業にするために、できること。

    ども、tyazukeです。建通新聞の社説より、抜粋しました。…

  2. 労働のこと

    i-Constructionで職人さんの仕事はホワイトカラーになるか。

    いま、国土交通省が流行らそうとしている技術があります。それが『i-Co…

  3. 労働のこと

    建築設計の仕事は、労働量を決めるのがとても難しい話

    久々に建築設計の労働に関する話題でも。最近、国が定める残業時間…

  4. 労働のこと

    「日本再興戦略 2016 ―第4次産業革命に向けて―」を読んだ感想。

    国交省のHPからPDFでダウンロードできるコレ⇒日本再興戦略 2016…

  5. 労働のこと

    連絡のやり取りはメールを義務化しませんか?

    仕事で失敗した経験は皆さんあると思いますが、その多くがコミュニケーショ…

  6. 労働のこと

    ムヒカ大統領に見習う、これからの生き方と建築業界。

    ども、tyazukeです。『人生で最も重要なことは何でしょうか…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP