構造設計に関すること

【初心者必見】構造設計でミスした前後ですべき3つのこと

ども、tyazukeです。

どんな仕事でもミスは付き物です。100%の仕事はめったに無いし『しょうがない』ミスも何度かあります。

ただし建物の安全を司る仕事で部材がNGといった危ないミスは避けなくてはなりません。とは言っても、設計しているのは人間。実際、私も図面と計算書で鉄筋本数が違うことはありました。

 

構造設計の場合、大きなミスをすると大変な目にあう、という記事。こちらも参考にどうぞ。

設計ミスをした先輩。会社と社長は守ってくれなかった。

ということで今回は、構造設計でミスしたとき何をすべきでしょうか。今回は『ミスした前後ですべき3つのこと』を紹介します。

スポンサーリンク

 

ミスする前にすること

  • 情報は多くの人と共有すること(逐一、上司に情報を伝える。自分だけ知っている情報は無くす。)

 

ミスした後にすること

  • 少し休憩する
  • ミスを具体的にすること
  • ケアレスミスなら防止策をつくること

ということです。大体、ミスすることって気がかりだった部分とか、自分がよくわからない部分です。わからない情報も含めて関係者と共有していきましょう。

ミスした後は怒られますが、それはしょうがないです。だた嵐は必ず過ぎ去るので、安心してください。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」
  2. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  3. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  4. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。
  5. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    アルミ造のカーポート、渡り廊下など・・・確認申請で構造図書の提出が必要

    ある物件の確認にて。アルミ造のカーポート(車止め)が計画されていました…

  2. 本の紹介

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 

    ども、tyazukeです。鉄骨造の授業は大学3年生ごろから始ま…

  3. 構造設計に関すること

    人は何キロの衝撃で死に至るのか?地震と圧死の関係について

    地震で、頭上に物が落下すれば生命の危機です。地震による死亡被害で、溺死…

  4. 本の紹介

    【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入…

  5. 構造設計に関すること

    2本打ち杭基礎のねじり曲げの検討について

    最近の傾向として、杭は複数本打つよりも高支持力の杭にして1本打ちとする…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP