構造設計に関すること

構造設計者の僕が、学生時代役立った勉強と、やれば良かった勉強を説明する。

ども、tyazukeです。

新入社員が就職してから一番悩むのが、実務と学校の授業とのギャップだと聞きます。それは設計の仕事でも例外ではありません。

  • 学校の製図や課題は上手く出来たのに、仕事が良く分からない。
  • 結局、学校の授業で役に立たないものが多かった。

 

いろんな悩みがあるでしょう。僕も構造設計の実務を3年間やってきて、「この勉強を怠っていたなあ」とか「これは案外役にたったなあ」と思うことがあります。

今回はそんなことを思いつくままに紹介します。

スポンサーリンク

 

社会人になって役立った、学生時代の勉強

修士論文(又は卒業論文):文章力がつきます。社会人をしていると書類を作ることが多いです。きちっとした文章を書ける人は重宝されます。

構造力学の基礎:あえて「基礎」と書いたのは、構造設計の実務に複雑な計算式はほとんど必要ありません。反力、応力、たわみ、これらを算定することができれば十分です。

数学(算数):数学もある程度知っておいた方がいいです。ただし、難しい公式は全く必要なくて、四則演算(いわゆる足し算、引き算、掛け算、割り算)が出来れば問題ありません。

 

学生時代に、勉強すればよかった

・基礎構造について

:大学でも上部構造しか注目しなかったので、実務をしてから単純に勉強不足で悩みました。直接基礎、杭基礎のこと知っておくといいです。

 

・柱脚について

:鉄骨造の柱脚は知らないことが多かったです。今でも、悩むことが多いです。

 

・暗算

:特に大学院まで行った人は要注意。難しいFEMでモデル化したり計算機使って難問を解けるからといって自分の実力になっているかは怪しいです。

実務では、その場の暗算で回答することが多く、質問されたことにじっくりと計算機を使う暇は無いからです。例えば打ち合わせの場面で計算機は使えません。暗算か、電卓です。

 

・建築のディテール

:大学の先生も設計をしてきた人が少ないのでディテールを知らない人が多いです。

ですから、学生の皆さんがディテールを勉強するということ自体難しいかもしれませんが、最近ではわかりやすいディテール集とか発売されていますので、1冊持っておくと便利です。

以上、思いつくままに書いてみました。「コレを勉強すればよかったなあ」ということは、考えれば山ほどあります。また思いだしたら紹介しましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  2. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  3. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  4. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  5. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

関連記事

  1. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  2. 構造設計に関すること

    敷地境界近くの直接基礎はDfに注意しよう。

    最近、自宅マンションの近くに住宅が出来ました。ベランダから工事の様子が…

  3. 構造設計に関すること

    角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

    鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?小…

  4. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

  5. 構造設計に関すること

    下階ブレース無し構造は逆せん断に気をつけよう。

    ども、tyazukeです。逆せん断って嫌ですよねぇ。ちょっと得…

  6. 建設業界のこと

    未来の働き方をするために、設計者が変わっていくこと。

    このブログで『設計職』は生産性の最底辺にある仕事だと説明しました↓…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP