構造設計に関すること

構造設計者の僕が、学生時代役立った勉強と、やれば良かった勉強を説明する。

ども、tyazukeです。

新入社員が就職してから一番悩むのが、実務と学校の授業とのギャップだと聞きます。それは設計の仕事でも例外ではありません。

  • 学校の製図や課題は上手く出来たのに、仕事が良く分からない。
  • 結局、学校の授業で役に立たないものが多かった。

 

いろんな悩みがあるでしょう。僕も構造設計の実務を3年間やってきて、「この勉強を怠っていたなあ」とか「これは案外役にたったなあ」と思うことがあります。

今回はそんなことを思いつくままに紹介します。

スポンサーリンク

 

社会人になって役立った、学生時代の勉強

修士論文(又は卒業論文):文章力がつきます。社会人をしていると書類を作ることが多いです。きちっとした文章を書ける人は重宝されます。

構造力学の基礎:あえて「基礎」と書いたのは、構造設計の実務に複雑な計算式はほとんど必要ありません。反力、応力、たわみ、これらを算定することができれば十分です。

数学(算数):数学もある程度知っておいた方がいいです。ただし、難しい公式は全く必要なくて、四則演算(いわゆる足し算、引き算、掛け算、割り算)が出来れば問題ありません。

 

学生時代に、勉強すればよかった

・基礎構造について

:大学でも上部構造しか注目しなかったので、実務をしてから単純に勉強不足で悩みました。直接基礎、杭基礎のこと知っておくといいです。

 

・柱脚について

:鉄骨造の柱脚は知らないことが多かったです。今でも、悩むことが多いです。

 

・暗算

:特に大学院まで行った人は要注意。難しいFEMでモデル化したり計算機使って難問を解けるからといって自分の実力になっているかは怪しいです。

実務では、その場の暗算で回答することが多く、質問されたことにじっくりと計算機を使う暇は無いからです。例えば打ち合わせの場面で計算機は使えません。暗算か、電卓です。

 

・建築のディテール

:大学の先生も設計をしてきた人が少ないのでディテールを知らない人が多いです。

ですから、学生の皆さんがディテールを勉強するということ自体難しいかもしれませんが、最近ではわかりやすいディテール集とか発売されていますので、1冊持っておくと便利です。

以上、思いつくままに書いてみました。「コレを勉強すればよかったなあ」ということは、考えれば山ほどあります。また思いだしたら紹介しましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  2. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  3. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  4. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について
  5. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    【いい加減覚えろ】毎回言わないと設備荷重をくれない設備設計者たち。【設備屋さんへ】

    建築物は工業製品の塊にも関わらず、1つ1つ全て違います。もちろん構造計…

  2. 構造設計に関すること

    露出柱脚のキレイな納め方のコツ。

    ども、tyazukeです。ご存知の通り柱脚には3種類あります。…

  3. 構造設計に関すること

    RC屋外階段の設計方法について

    例えばRC造のマンション、学校等には屋外階段が設けられています。避難の…

  4. 労働のこと

    10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

    ども、tyazukeです。設計職はクリエイティブな仕事だと、僕…

  5. 本の紹介

    【書評】図解・超高層ビルのしくみ、を読んで

    構造設計にかかわるものとして超高層は夢だ。僕も世間知らずの学徒のころ、…

  6. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。

    ども、tyazukeです。僕は大学院で鉄骨造に関する研究室にい…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
PAGE TOP