構造設計に関すること

【毎日辛い】『構造設計をする』というモチベーションの保ち方

意匠設計と違って圧倒的にモチベーションを保てないのが構造設計です。もくもくと仕事をしていますが、ふと一息ついたときに『なにしてんだろ?』と思います。

もちろん素晴らしく責任ある仕事ですよ。

お客さんと顔合わせすることも少ないので楽と言えば楽です。でも、物件が一通り出来上がったとき感謝されるわけでもない。壊れずに出来上がっていても、それは当たり前。誰にも喜ばれません。

壊れたら当然、怒られます。

スポンサーリンク

 

モノづくりの楽しさとは?

毎日悶々とモノづくりの楽しさについて考えています。どうも自分はモノづくりへの興味が無いのかも?ということに気付き始めています。

そんな状態でも自分の仕事を全うするため、生活するために頑張っています。意匠の先輩は、キツくてもやっぱり設計が好きだとのこと。モノづくりが楽しいといったコメントを頂きました。

そうですよね~・・・。

 

昔の偉人が良いことを言っていました。

『人生は山登りに似ている。登りたい山を決めたら目的の半分は達成された。』

なるほど。やりたいことをやれ。そういうことですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  2. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  3. 【書評】本田正信VS石田三成
  4. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  5. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造設計にミスはつきもの

    仕事にミスは付き物。仕事をすればするほどミスが増えていきます。…

  2. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

  3. 構造設計に関すること

    片持ち梁のハンチ部は断面算定を忘れないように。

    意匠上の納まりで先端を絞ってほしい、と言う要望があります。鉄骨でもRC…

  4. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  5. 構造設計に関すること

    杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?

    ども、tyazukeです。皆さん杭頭補強筋の定着長さをどうやっ…

  6. 建築のこと

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP