構造設計に関すること

【毎日辛い】『構造設計をする』というモチベーションの保ち方

意匠設計と違って圧倒的にモチベーションを保てないのが構造設計です。もくもくと仕事をしていますが、ふと一息ついたときに『なにしてんだろ?』と思います。

もちろん素晴らしく責任ある仕事ですよ。

お客さんと顔合わせすることも少ないので楽と言えば楽です。でも、物件が一通り出来上がったとき感謝されるわけでもない。壊れずに出来上がっていても、それは当たり前。誰にも喜ばれません。

壊れたら当然、怒られます。

スポンサーリンク

 

モノづくりの楽しさとは?

毎日悶々とモノづくりの楽しさについて考えています。どうも自分はモノづくりへの興味が無いのかも?ということに気付き始めています。

そんな状態でも自分の仕事を全うするため、生活するために頑張っています。意匠の先輩は、キツくてもやっぱり設計が好きだとのこと。モノづくりが楽しいといったコメントを頂きました。

そうですよね~・・・。

 

昔の偉人が良いことを言っていました。

『人生は山登りに似ている。登りたい山を決めたら目的の半分は達成された。』

なるほど。やりたいことをやれ。そういうことですね。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【書評】本田正信VS石田三成
  2. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  3. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  4. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  5. 土木はダサい、建築はカッコいいはなぜか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    2本打ち杭基礎のねじり曲げの検討について

    最近の傾向として、杭は複数本打つよりも高支持力の杭にして1本打ちとする…

  2. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  3. 建築のこと

    鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

    ども、tyazukeです。鉄骨造の納まりで注意することは、大梁…

  4. 構造設計に関すること

    片持ち梁が付かない出隅片持ちスラブについて

    片持ち部材は怖いですよね。固定端の1つで成立している部材ですから。その…

  5. 構造設計に関すること

    柱符号、梁符号の付け方について

    柱符号、梁符号の付け方悩みますよね。あまり細かく分けると施工性が悪くな…

  6. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 二級建築士の試験勉強

    【二級建築士】鉛直荷重に関する問題の解き方
  5. 労働のこと

    所員はミタ!転職した方が良い設計事務所の特徴3つ
PAGE TOP