構造設計に関すること

【毎日辛い】『構造設計をする』というモチベーションの保ち方

意匠設計と違って圧倒的にモチベーションを保てないのが構造設計です。もくもくと仕事をしていますが、ふと一息ついたときに『なにしてんだろ?』と思います。

もちろん素晴らしく責任ある仕事ですよ。

お客さんと顔合わせすることも少ないので楽と言えば楽です。でも、物件が一通り出来上がったとき感謝されるわけでもない。壊れずに出来上がっていても、それは当たり前。誰にも喜ばれません。

壊れたら当然、怒られます。

スポンサーリンク

 

モノづくりの楽しさとは?

毎日悶々とモノづくりの楽しさについて考えています。どうも自分はモノづくりへの興味が無いのかも?ということに気付き始めています。

そんな状態でも自分の仕事を全うするため、生活するために頑張っています。意匠の先輩は、キツくてもやっぱり設計が好きだとのこと。モノづくりが楽しいといったコメントを頂きました。

そうですよね~・・・。

 

昔の偉人が良いことを言っていました。

『人生は山登りに似ている。登りたい山を決めたら目的の半分は達成された。』

なるほど。やりたいことをやれ。そういうことですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  2. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?
  3. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  4. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  5. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。

    椀の上に箸をおくとき、本を積むとき、私たちは、『落ちないように、崩れな…

  2. 構造設計に関すること

    構造設計の手順について

    構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大ま…

  3. 未分類

    そで壁柱の曲げ耐力 完全塑性理論について

    鉄骨と違ってRCは分からないことが沢山あります。最近、耐震補強の物件を…

  4. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法

    ども、tyazukeです。ある日、意匠設計部の上司から頼まれま…

  5. 構造設計に関すること

    鋼の降伏とは何を意味するのか?

    現代の構造設計は、終局強度を考慮した設計が当たり前になってきました。部…

  6. 建設業界のこと

    構造を知らない役人への説明資料作成という不毛な作業

    確認申請を提出するとき、ほとんどがビューロベリタスやERIなどの民間業…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  3. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
PAGE TOP