構造設計に関すること

片持ち柱の設計はどうすれば良い?

ちょっとした庇をつくりたいとき、又は自転車の雨除けなど、片持ち柱の構造物を設計する機会があります。片持ち柱と片持ち梁で屋根を受ける構造ですね。

なんてことない。計算的には簡単な構造物なんですが、その計算方法を考えてみました。

スポンサーリンク

 

片持ち柱の柱脚を露出柱脚にしたときの検討内容

片持ち柱は柱脚固定が原則です。で、柱脚を固定にするには埋め込み柱脚にするとか、根巻き柱脚にするなどの対応が必要。ただ露出柱脚で片持ち柱脚をつくることもままあって、例えばRC躯体に鉄骨梁を取り付ける場合。

RCに鉄骨を埋め込むんじゃなく、無収縮モルタルを敷いてベースプレートアンカーボルトをRC躯体に打ち込む。そしてベースプレートに鉄骨梁を溶接する納め方。

 

僕がいる事務所では、これを片持ち梁として良く使っています。計算的なロジックですが、まず片持ち梁として梁を設計します。固定端に曲げが発生するので、これを露出柱脚のボルト、ベースプレートで処理する、というもの。

同じように、片持ち柱でも露出柱脚にしておいて、片持ち柱で設計⇒固定端の曲げをアンカーボルトとベースプレートで処理します。

 

片持ち柱を露出柱脚にすると変形が厳しくならないか?

こういった計算は広く行われている、らしいのですが僕は納得がいきませんでした。なぜなら「変形が厳しくならないか」と思ったからです。

先に述べた方法で設計した露出柱脚は、計算上「固定端としたときの曲げを処理した」だけであり現実、露出柱脚に変わりありません。

 

何が言いたいのかというと、曲げよりも変形が厳しくならないか?と思うのです。曲げは長さの二乗、変形は長さの三乗ですもの。おまけに、こういった構造物は重量が軽い。曲げで決めた柱脚は貧弱なものです。

小さな構造物ですからルート1-1に該当し、層間変形角のチェック義務はないのですが、あまりにフラフラだと気持ち悪いです。少なくともCo=0.2のとき1/200以上は確保したいわけですし。

 

例えば、柱脚にバネを考慮して片持ち柱の変形を出してみる。すると驚くほど変形が大きくてアンカーボルトをもっと入れないとダメなはず。

そう考えると柱よりも梁の方が怖くて、根元がフラフラだと変形して落ちてしまうわけですから。

 

片持ち柱の構造物を露出柱脚にするとき、バネを入れ、ボルト本数やベースプレートを決める方法もあるのかな、と思いました。固定端にした曲げを処理する方法より厳しくなると思います。

 

計算は簡単だけど、片持ち柱は静定構造。応力だけでなく変形にも注意して、特に足元は注意しましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  2. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  3. 怠け者は、ブログのジャンルを特化すべきだと思う3つの理由
  4. 建築系ブログを200記事書いたときのPVは?
  5. 百貨店ギフトカードは百貨店のレストランで使えるのか?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その2

    前回に引き続き、EV棟の設計について紹介します。前回のおさらいポイント…

  2. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  3. 構造設計に関すること

    構造設計の手順について

    構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大ま…

  4. 構造設計に関すること

    中堅設計事務所にいる老害とITリテラシーの話

    建設会社にいる老害の多くは、ITリテラシーが信じられないほど低いのが特…

  5. 構造設計に関すること

    天秤になる部材は気を付けよう。

    最近読んだ本の紹介ばかりしていますが・・・。もちろん毎日構造設計もして…

  6. 構造設計に関すること

    効率的な部材と断面性能、重量との関係について

    ども、tyazukeです。何十年も前にやりつくされた議論ですが…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP