構造設計に関すること

片持ち柱の設計はどうすれば良い?

ちょっとした庇をつくりたいとき、又は自転車の雨除けなど、片持ち柱の構造物を設計する機会があります。片持ち柱と片持ち梁で屋根を受ける構造ですね。

なんてことない。計算的には簡単な構造物なんですが、その計算方法を考えてみました。

スポンサーリンク

 

片持ち柱の柱脚を露出柱脚にしたときの検討内容

片持ち柱は柱脚固定が原則です。で、柱脚を固定にするには埋め込み柱脚にするとか、根巻き柱脚にするなどの対応が必要。ただ露出柱脚で片持ち柱脚をつくることもままあって、例えばRC躯体に鉄骨梁を取り付ける場合。

RCに鉄骨を埋め込むんじゃなく、無収縮モルタルを敷いてベースプレートアンカーボルトをRC躯体に打ち込む。そしてベースプレートに鉄骨梁を溶接する納め方。

 

僕がいる事務所では、これを片持ち梁として良く使っています。計算的なロジックですが、まず片持ち梁として梁を設計します。固定端に曲げが発生するので、これを露出柱脚のボルト、ベースプレートで処理する、というもの。

同じように、片持ち柱でも露出柱脚にしておいて、片持ち柱で設計⇒固定端の曲げをアンカーボルトとベースプレートで処理します。

 

片持ち柱を露出柱脚にすると変形が厳しくならないか?

こういった計算は広く行われている、らしいのですが僕は納得がいきませんでした。なぜなら「変形が厳しくならないか」と思ったからです。

先に述べた方法で設計した露出柱脚は、計算上「固定端としたときの曲げを処理した」だけであり現実、露出柱脚に変わりありません。

 

何が言いたいのかというと、曲げよりも変形が厳しくならないか?と思うのです。曲げは長さの二乗、変形は長さの三乗ですもの。おまけに、こういった構造物は重量が軽い。曲げで決めた柱脚は貧弱なものです。

小さな構造物ですからルート1-1に該当し、層間変形角のチェック義務はないのですが、あまりにフラフラだと気持ち悪いです。少なくともCo=0.2のとき1/200以上は確保したいわけですし。

 

例えば、柱脚にバネを考慮して片持ち柱の変形を出してみる。すると驚くほど変形が大きくてアンカーボルトをもっと入れないとダメなはず。

そう考えると柱よりも梁の方が怖くて、根元がフラフラだと変形して落ちてしまうわけですから。

 

片持ち柱の構造物を露出柱脚にするとき、バネを入れ、ボルト本数やベースプレートを決める方法もあるのかな、と思いました。固定端にした曲げを処理する方法より厳しくなると思います。

 

計算は簡単だけど、片持ち柱は静定構造。応力だけでなく変形にも注意して、特に足元は注意しましょうぜ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  2. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  3. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  4. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  5. ブログを書く時の、ネタ集めの方法とは?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    杭施工誤差が生じた時の対処法について

    ども、tyazukeです。現場が始まると、色々と変更が生じます…

  2. 構造設計に関すること

    大きい柱は弱い、小さい柱は強い?

    構造設計をしている方なら、架構を見ただけでどこに力が集まりそうか、大体…

  3. 構造設計に関すること

    溶融亜鉛メッキ高力ボルト大臣認定品とする件

    ども、tyazukeです。1年間に1回は謎の独立庇を設計するこ…

  4. 構造設計に関すること

    増打ちによる水勾配があるスラブの、固定荷重の考え方について

    例えば屋根、1階の床は集水する目的で水勾配をつけます。構造設計の実務を…

  5. 構造設計に関すること

    【技術大国の崩壊】構造設計者の倫理観 その2 東洋ゴムの件

    以前、『構造設計者の倫理観』というタイトルで記事を書きました。その数日…

  6. 構造設計に関すること

    RC梁せいはスパンの1/10で決めるのは、なぜ?

    ども、tyazukeです。RC規準を読み進めると、色々な発見が…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  3. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP