構造設計に関すること

降伏比は何を意味するのか?SS400をルート3で使って良い?

SN材(建築用鋼材)は降伏比の上限規定しています。

なぜか?

皆さんご存知のように、降伏比が大き過ぎるとエネルギー吸収の観点で不利だからです。おさらいですが、降伏比とは降伏強度/破断強度の値。

なぜ、こんなものが必要か、もう少し詳しく読んでいきましょう。そもそもSN材はなぜできたのか?これは他サイトさんに詳しく書いてありました。

以下抜粋(JWESより)↓

一方,昭和56年6月に新耐震設計法が施工され,鉄骨造建築物では鋼材の塑性変形能力を活用して地震入力エネルギーを吸収させ,建築物の耐震安全性を確保しようとするものになった。

つまり,建築構造物の鋼材には,所定の応力で降伏し,しかも降伏後の変形性能が確保されることが求められることとなった。

このような状況では,JISの規格を満足しているSS400やSM490Aなどの鋼材を使用しても,新耐震設計法の思想や,建築固有の使用状況に対し,不都合が生じる可能性をはらんでいた。

と書いてあります。

鉄骨構造の設計ルートには、大まかに強度型と靭性型があります。規模の小さな建物は強度型でよいのですが、大きくなると部材の塑性を考慮しなければ、とても設計ができません。

そして、塑性設計法(その思想をもつ新耐震設計法)を満足させるために、SN材が開発されたのです。

スポンサーリンク

 

降伏比が極端に大きな部材の耐震性について

さて、SN材は降伏比の上限が80%までと規定されています。ここでは、降伏比が99%の部材を想定して、両者の耐震性について考えましょう。

まず、降伏比が99%の部材は現実にはありません。が、イメージしやすいので考えていきます。この部材は、降伏強度が大きい材料です。破断強度=400に対して、降伏強度=396。そのため、降伏して直後に破断しました。

ほとんど弾性材料と同じなので、その吸収エネルギーは三角形の面積です。

一方、降伏比が80%の場合、降伏してからもまだまだ変形します。変形が進み、その後破断強度に達しました。降伏強度を保ちながら変形している最中も、エネルギーは吸収しています。

吸収エネルギーは、近似的に菱形のような面積で表すことができます。両者の吸収できるエネルギー量の優劣は明らかです。

 

SS400材はルート3の設計に用いてもよいか?

僕自身、あまり理解していので恐縮ですが、ルート3の設計にSS400は用いて良いのでしょうか?あぁ、法律的にはもちろん良いですよ。

しかし、新耐震設計法の思想を満足させるために開発されたSN400材。降伏比の上限に規定がないSS400材を用いることは、果たして・・・?と思います。

エネルギー吸収の観点から適切でないように思いますが。

まぁ、Qu/Qunを満足しているからOKと言えるのかもしれませんけど。きちっとした説明ができない限り、塑性変形能力を期待する部材へSS400の使用は適切でないように思うのです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  2. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  3. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  4. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  5. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    面倒な計算はExcelで!作ると便利な計算プログラム5つ。

    構造計算では必ず行う計算があります。と、いうよりルーティンワークのほう…

  2. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

  3. 構造設計に関すること

    【いい加減覚えろ】毎回言わないと設備荷重をくれない設備設計者たち。【設備屋さんへ】

    建築物は工業製品の塊にも関わらず、1つ1つ全て違います。もちろん構造計…

  4. 構造設計に関すること

    基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?

    ども、tyazukeです。基礎の接地圧を計算するとき、e/Lを…

  5. 構造設計に関すること

    構造の歴史を振り返ろう。日本と米国のせん断力係数の違いについて

    まあ仰々しいタイトルをつけましたが、あまり深堀していないので、気軽に読…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP