建築のこと

これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

ども、tyazukeです。

設計GLとKBMはどういう関係かイメージできない人が多いようです。また、構造に関係する項目として、ボーリングGL(孔内標高)も設計GL,KBMと関係します。

特に1年目の人は、専門用語ばかりで分からないですよね。

超図解でよくわかる建築現場用語 完全版
今回は、もう悩まない設計GLとKBMの関係について説明します。

スポンサーリンク

 

そもそもKBMとは何か?

KBMとは「カリベンチマーク」の略語です。カリというのは、「仮」と同義です。なぜ、「仮」という言葉が付くかというと、KBMはマンホールの蓋の上や、側溝の上で決められることが多いのです。

要するに、適当に仮のベンチマークをつくった、ということです。

 

さて、KBMが重要な理由は、これが設計GLや周辺レベルとの位置関係を示す指標となるからです。

例えばある土地で、マンホールの蓋をKBMに設定しました。もし周囲の地盤に高低差がある場合、全てKBMを±0の基準点として高さを測ります。

 

KBMより低い地点はマイナスの値となるし、高い地点はプラスの値となるのです。

 

KBMと設計GLとの関係

以上を踏まえてKBMと設計GLの関係を考えます。

KBMは周辺地盤を測る際の基準点になる、と説明しました。

 

これは設計GLも例外ではありません。KBMから設定した設計GLが高い地点ならプラスの値で表記します。低い地点ならマイナスの値です。

ところで設計GLは、実際の地盤面とは異なります。現在ある実際の地盤面を「現況地盤」という言い方をします。

 

一方設計GLは、設計時に造成されるGL(地面)です。

例えばKBMから現況地盤がマイナスの値であれば、現況地盤は低いレベルにあります。この地盤で、設計GLをKBMより高い位置に設定すると、現況地盤と設計GLの間は盛土をして造成する、ということです。

 

設計GL,KBM、孔内標高の関係について

構造的には、以上の関係に加えて孔内標高も重要な指標です。

孔内標高とは、地盤調査でボーリング調査を行った際の地盤レベルのことです。既にKBMが設定されている場合は、やはりKBMから孔内標高のレベルが設定されています。

 

なぜ孔内標高が重要かと言うと、設計GLと孔内標高はレベル差があるからです。基礎の設計をするとき、一番大切なのが「基礎を支持層に入れること」ですが、設計GLと孔内標高の関係が分からないと、正しい杭長や基礎底が決められません。

 

例を示します。下記の条件で、支持層までの杭長さを計算してください。

  • 杭天端=設計GL-1.5m
  • KBM=TP+8.00m((TPとは東京湾平均海面のこと。東京では地盤レベルをTP基準で示すことも多い))
  • 設計GL=TP+10.00m
  • ボーリング地点の孔内標高=KBM+0.1m
  • 支持層=孔内標高から30m地点

頭の中で考えると、中々難しいのですが・・・まず設計GLとKBMには2.0mの差があります。つまり、設計時には2.0mを盛土して地面を造るわけです。

 

次に杭天端は設計GL-1.5mなので、杭天端からKBMまでは0.5mです。支持層は孔内標高から30m地点なので、30.0+0.5=30.5mが杭長・・・となりそうですが違います。

良く見ると、孔内標高はKBMより0.1m上にあります。つまり杭長は、

  • 30.5―0.1=30.4m

です(実際には、0.4という杭長は無いので、31mにするかと思います)。

 

まとめ

  • KBMは仮のベンチマークのこと。マンホールの蓋、側溝などを仮の基準点と考えた。
  • KBMから設定した設計GLが高い地点ならプラスの値で表記します。低い地点ならマイナスの値
  • 設計GL、KBM、孔内標高の関係が分からないと、正しい杭長や基礎底が決められない

高低差が大きい地盤では注意したいですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  2. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】
  3. 剛度増大率を上げる要因とスラブによる増大率。
  4. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  5. 一級建築士を取得するより、総合資格学院の営業やった方が儲かるよ?

関連記事

  1. 労働のこと

    あなたがどんなに設計を頑張っても給料が上がらない理由を教えるよ。

    僕はこれまで、何人もの先輩が退職や転職する後ろ背中をみてきました。先輩…

  2. 構造設計に関すること

    震度と計測震度ってどう違うの?

    今日は一般の方や意匠設計者向けの記事ですが、構造にお詳しい方も『へ~』…

  3. 構造設計に関すること

    地震で建物は倒壊して良い?

    元々、建築は自然の脅威から身を守るためのハコでした。猛獣や雨、台風、地…

  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。

    ども、tyazukeです。「将来、建築家になりたい」という方。…

  5. 構造設計に関すること

    のんびりした性格の人は構造設計やめとけ。

    どんな仕事も適性があります。能力云々よりも性格です。簡単な例で、常に人…

  6. 構造設計に関すること

    剛体について 計算外とは何か?

    実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
PAGE TOP