建築業界の分析

最終更新日: 2019.10.2

これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

ども、tyazukeです。

設計GLとKBMはどういう関係かイメージできない人が多いようです。また、構造に関係する項目として、ボーリングGL(孔内標高)も設計GL,KBMと関係します。

特に1年目の人は、専門用語ばかりで分からないですよね。

今回は、もう悩まない設計GLとKBMの関係について説明します。

スポンサーリンク

そもそもKBMとは何か?

KBMとは「カリベンチマーク」の略語です。カリというのは、「仮」と同義です。なぜ、「仮」という言葉が付くかというと、KBMはマンホールの蓋の上や、側溝の上で決められることが多いのです。

要するに、適当に仮のベンチマークをつくった、ということです。

 

さて、KBMが重要な理由は、これが設計GLや周辺レベルとの位置関係を示す指標となるからです。

例えばある土地で、マンホールの蓋をKBMに設定しました。もし周囲の地盤に高低差がある場合、全てKBMを±0の基準点として高さを測ります。

 

KBMより低い地点はマイナスの値となるし、高い地点はプラスの値となるのです。

KBMと設計GLとの関係

以上を踏まえてKBMと設計GLの関係を考えます。

KBMは周辺地盤を測る際の基準点になる、と説明しました。

 

これは設計GLも例外ではありません。KBMから設定した設計GLが高い地点ならプラスの値で表記します。低い地点ならマイナスの値です。

ところで設計GLは、実際の地盤面とは異なります。現在ある実際の地盤面を「現況地盤」という言い方をします。

 

一方設計GLは、設計時に造成されるGL(地面)です。

例えばKBMから現況地盤がマイナスの値であれば、現況地盤は低いレベルにあります。この地盤で、設計GLをKBMより高い位置に設定すると、現況地盤と設計GLの間は盛土をして造成する、ということです。

設計GL,KBM、孔内標高の関係について

構造的には、以上の関係に加えて孔内標高も重要な指標です。

孔内標高とは、地盤調査でボーリング調査を行った際の地盤レベルのことです。既にKBMが設定されている場合は、やはりKBMから孔内標高のレベルが設定されています。

 

なぜ孔内標高が重要かと言うと、設計GLと孔内標高はレベル差があるからです。基礎の設計をするとき、一番大切なのが「基礎を支持層に入れること」ですが、設計GLと孔内標高の関係が分からないと、正しい杭長や基礎底が決められません。

 

例を示します。下記の条件で、支持層までの杭長さを計算してください。

  • 杭天端=設計GL-1.5m
  • KBM=TP+8.00m((TPとは東京湾平均海面のこと。東京では地盤レベルをTP基準で示すことも多い))
  • 設計GL=TP+10.00m
  • ボーリング地点の孔内標高=KBM+0.1m
  • 支持層=孔内標高から30m地点

頭の中で考えると、中々難しいのですが・・・まず設計GLとKBMには2.0mの差があります。つまり、設計時には2.0mを盛土して地面を造るわけです。

 

次に杭天端は設計GL-1.5mなので、杭天端からKBMまでは0.5mです。支持層は孔内標高から30m地点なので、30.0+0.5=30.5mが杭長・・・となりそうですが違います。

良く見ると、孔内標高はKBMより0.1m上にあります。つまり杭長は、

  • 30.5―0.1=30.4m

です(実際には、0.4という杭長は無いので、31mにするかと思います)。

まとめ

  • KBMは仮のベンチマークのこと。マンホールの蓋、側溝などを仮の基準点と考えた。
  • KBMから設定した設計GLが高い地点ならプラスの値で表記します。低い地点ならマイナスの値
  • 設計GL、KBM、孔内標高の関係が分からないと、正しい杭長や基礎底が決められない

高低差が大きい地盤では注意したいですね。最後に、現場用語の意味がわからないとき、役に立った書籍を紹介しますね。

建築現場用語がわからないとき役に立つ書籍3選

役に立った本は下記の通り。

それぞれ解説します。

超図解でよくわかる建築現場用語 完全版

僕も1冊持っていますが、正直、この1冊あれば建築現場の用語はほぼ網羅できるはず。図解も多いので重宝しています。

超図解でよくわかる 建築現場用語辞典 ポケット版

先ほどの本のポケット版。現場へ行くことになった若手はこの本を持参しよう。

イラストでわかる建築用語

建築現場だけでなく、建築用語全般の用語集です。イラストが多く、初心者向き。

以上、用語の意味が分からないとき参考にしてください!

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  2. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  3. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について
  4. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  5. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

関連記事

  1. 構造設計の話

    鉄骨梁上の床スラブにおける有効幅の勘所

    鉄骨造の建物では、床にRCを用いることが一般的です。室内環境や、床剛性…

  2. 構造設計の話

    剛体について 計算外とは何か?

    実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外…

  3. 建築業界の分析

    『・・・しないでもない』って。結局何が言いたいの?

    日本人は本当に言葉の使い方が巧ですよね。いや、悪い意味で。仕事では、曖…

  4. 構造設計の話

    EV棟の設計マニュアル その2

    前回に引き続き、EV棟の設計について紹介します。前回のおさらいポイント…

  5. 構造設計の話

    鉄骨小梁のスパンと応力度の関係の勘所。

    RC小梁に比べて鉄骨小梁は部材選定に慎重になる必要があります。なぜなら…

  6. 建築業界の分析

    建築士と建築家の間にある、絶対に超えられない壁とは。

    一般の方には、建築士と建築家の違いが認知されていないように思います。実…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計の話

    本当は教えたくない、鉄骨構造をマスターしたいなら手元に置きたい参考書3選。 
  2. 一級・二級建築士の勉強法

    一級建築士の勉強が加速する、短期間で効率的に終わらせる勉強法
  3. 建築屋さんの転職

    構造一級建築士の平均年収と、構造屋さんの年収の上げ方
  4. 構造設計の話

    保有水平耐力時の耐力が上がらないとき 層間変形角1/200の規定
  5. 構造設計の話

    埋め込み柱脚にしたときの支点について
PAGE TOP