本の紹介

直感で構造設計を理解する方法とは?

構造設計を長年続けると「直感」が身につく。

ぱっと図面や建物を見るだけで、瞬間に「あ、これヤバイ(持たない)」という感覚に襲われるわけです。

ではどうやって、その直感力を高めるのか考えてみます。手っ取り早く知りたい!という方は、下記のリンクをどうぞ。直感力を高める、おすすめの本です。⇒直感で理解する! 構造設計の基本

 

直感力を高める方法

元々わたしたちは重力場で生活しているので、鉛直荷重に対しての感覚は特に優れています。ジェンガとか積み木で遊んだ経験のある方はわかりますね。

ただ日本の「構造設計」は、地震力に対する設計と言えるぐらい、地震力で部材断面が決まります。よって、優れた構造設計者は「地震力(水平力)に対する直感力が凄まじい」です。

彼らはいかにして直感力を高めたのか。

1つの答えは、「経験」です(ごく当たり前のことですが・・・)。バットを何百、何千回と振れば「それなりになる」ように、構造設計も数をこなせば「それなり」になる。経験が蓄積され、知識となり、知識は体に染み付き「感覚(直感力)」へと昇華します。

 

直感力を高める2つ目の答えは、「空間を把握する力」を鍛えること。若手設計者が陥りがちな、空間把握能力の欠如。これはそのまま直感力の欠如につながります。

建築図面は二次元が一般的です。しかし、建物は立体。当然、力も立体的に流れるので、空間把握能力が乏しいと、力の流れを直感的に掴むことは難しいのです。

 

代表例が、「床面に伝わる地震力の処理」だと思います。ブレース構造、耐震壁付きラーメン構造で設計すると、立面的に力が上手く流れていても、そもそも床面が耐震要素まで力を伝達できるのか疎かになる場合があります。

力の伝達が平面的にしか理解できないと、前述した「罠」にハマってしまうのです。

 

さて、空間把握能力を高める方法は、やはり経験を積むことですが、案外手っ取り早いのは書籍を読むこと。というのも、「若手が陥りがちな罠」は、ベテランの構造設計者も全員通ってきた道なわけで。書籍を読むと、その辺の対処方法が事細かに書かれています。

書籍を読んで直感力を高めるなんて、「本当か?」と思うかもしれませんが、実に効果があります。知ると知らないでは大違い。

 

で、僕も直感力を高めたくて、こんな本を買ってみたんですが、前述した直感力を高める方法やら構造設計のイロハまで、上司から教わったことの9割が書かれていました。⇒直感で理解する! 構造設計の基本

良書です。実際に大変好評のようで、次回作(直感で理解する構造力学)も発売予定とのこと。

最近は本当に良い本が増えて嬉しいですね。これからバリバリ設計に励む若手さん、中堅設計者にもおすすめです。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 大学教授は上手い商売なのか
  2. 一級建築士合格者が語る、「合格後の変化」
  3. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  4. 自分の生き方に満足できていますか?
  5. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    鉄骨小梁の計算スパンとリブプレートを入れる理由

    鉄骨小梁を計算するときに、スパンはどのように考えていますか?普通にやる…

  2. 本の紹介

    【書評】知らないと損する池上彰のお金の学校 、を読んで

    今日読んだ本はコレ。知らないと損をする池上彰のお金の学校。池上…

  3. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  4. 構造設計に関すること

    腰壁の剛域はどうしていますか?

    普通、剛域の設定は一貫計算プログラムで自動設定していますよね。でも、時…

  5. 構造設計に関すること

    降伏比は何を意味するのか?SS400をルート3で使って良い?

    SN材(建築用鋼材)は降伏比の上限規定しています。なぜか?…

  6. 建築のこと

    マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

    ども、tyazukeです。マンションには必ずベランダがあります…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP