構造設計に関すること

構造設計の手順について

構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大まかな流れは一緒。今回はその一例を紹介します。

スポンサーリンク

 

・仮定荷重の設定、荷重拾い

部材を決めるには荷重が必要。これ構造計算の矛盾の1つ。荷重を決めないと部材が決まらない。一方で部材断面が決まらないと荷重が決まらない。

 

仮定荷重

だから初めは適当に荷重を設定します。これを『仮定荷重』といいます。適当にとは、過去の似た物件を参考に荷重を設定する。

仮定荷重とは床荷重の設定を意味します。

 

荷重拾い

床荷重を設定しました。でも増打ち重量や一貫計算プログラムで入力できない荷重があります。この荷重は手計算で拾います。これを荷重拾いと言います。

例えばパラペットや地中梁の増し打ちが代表例です。

 

・仮定断面の算定

荷重が決まりました。次は概算で柱と梁の断面を決定します。意匠が知りたいのは梁せいと柱断面です。梁せいを知りたいのは階高を決めたいから。柱断面を知りたいのは、内部空間の関係です。

手計算で厳しいフレームを当たります。が、今は電算入力もスピード化されました。ここで電算入力しても良いと思います。

 

・電算に荷重、部材の入力

荷重と部材がざっくり決まったところで電算へ入力します。入力作業は、手計算の時代なかった手順かも。現代の構造計算では必須項目。確認申請の指摘の大半は図面と計算の不整合ですからね。

 

・二次部材の設計

次に二次部材の設計です。特にRC造は小梁重量も建物重量に大きく影響します。小梁の断面を決めないと本当の重量が分かりません。

 

・一連計算

二次部材まで部材を決めました。荷重が決まったので電算入力を修正します。正しい重量が分かって初めて断面算定が可能です。

鉄筋本数まで細かく決めます。

・基礎の検討

一連計算で反力が分かりました。反力が分かれば基礎工法、基礎断面を決めます。

 

・計算手順は同じ。

計算手順は同じです。でも、1つの手順に細かい手順があります。次回は、さらに細かい手順を紹介しましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  2. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件
  3. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  4. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  5. 建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    構造の歴史を振り返ろう。日本と米国のせん断力係数の違いについて

    まあ仰々しいタイトルをつけましたが、あまり深堀していないので、気軽に読…

  2. 構造設計に関すること

    片持ち梁が付かない出隅片持ちスラブについて

    片持ち部材は怖いですよね。固定端の1つで成立している部材ですから。その…

  3. 労働のこと

    建築や構造に関する『熱』が薄れていく中で・・・。

    以前からブログで書いている通り、僕は建築や構造に関する『熱』を既に失っ…

  4. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計者に必要な3つのセンスとは?

    下手でも構造屋さんをやっていれば、何か感覚のようなものが身に付いてきま…

  6. 構造設計に関すること

    埋め込み柱脚にしたときの支点について

    ども、tyazukeです。これまで、柱脚の納まりを埋め込み柱脚…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  4. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  5. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
PAGE TOP