構造設計に関すること

構造設計の手順について

構造設計も設計手順があります。設計者1人毎にやり方は違います。でも大まかな流れは一緒。今回はその一例を紹介します。

スポンサーリンク

 

・仮定荷重の設定、荷重拾い

部材を決めるには荷重が必要。これ構造計算の矛盾の1つ。荷重を決めないと部材が決まらない。一方で部材断面が決まらないと荷重が決まらない。

 

仮定荷重

だから初めは適当に荷重を設定します。これを『仮定荷重』といいます。適当にとは、過去の似た物件を参考に荷重を設定する。

仮定荷重とは床荷重の設定を意味します。

 

荷重拾い

床荷重を設定しました。でも増打ち重量や一貫計算プログラムで入力できない荷重があります。この荷重は手計算で拾います。これを荷重拾いと言います。

例えばパラペットや地中梁の増し打ちが代表例です。

 

・仮定断面の算定

荷重が決まりました。次は概算で柱と梁の断面を決定します。意匠が知りたいのは梁せいと柱断面です。梁せいを知りたいのは階高を決めたいから。柱断面を知りたいのは、内部空間の関係です。

手計算で厳しいフレームを当たります。が、今は電算入力もスピード化されました。ここで電算入力しても良いと思います。

 

・電算に荷重、部材の入力

荷重と部材がざっくり決まったところで電算へ入力します。入力作業は、手計算の時代なかった手順かも。現代の構造計算では必須項目。確認申請の指摘の大半は図面と計算の不整合ですからね。

 

・二次部材の設計

次に二次部材の設計です。特にRC造は小梁重量も建物重量に大きく影響します。小梁の断面を決めないと本当の重量が分かりません。

 

・一連計算

二次部材まで部材を決めました。荷重が決まったので電算入力を修正します。正しい重量が分かって初めて断面算定が可能です。

鉄筋本数まで細かく決めます。

・基礎の検討

一連計算で反力が分かりました。反力が分かれば基礎工法、基礎断面を決めます。

 

・計算手順は同じ。

計算手順は同じです。でも、1つの手順に細かい手順があります。次回は、さらに細かい手順を紹介しましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  2. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  3. 自分の生き方に満足できていますか?
  4. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  5. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    ブラック部長、計算書の構成は事務所で統一しませんか・・・?

    他の事務所がどうしているかわかりませんが、僕のいる事務所では、部長が計…

  2. 構造設計に関すること

    RC造の使用性と損傷制御性と安全性について

    ども、tyazukeです。RC規準書の1章ってあまり読んだこと…

  3. 構造設計に関すること

    構造屋なら電卓は、普通の電卓を使おう。

    3か月前くらいから、電卓を変えました。きっかけは、大学時代から使ってい…

  4. 構造設計に関すること

    敷地境界近くの直接基礎はDfに注意しよう。

    最近、自宅マンションの近くに住宅が出来ました。ベランダから工事の様子が…

  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件

    ども、tyazukeです。構造一級建築士って必要か?、と常々疑…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP