構造設計に関すること

角パイプの柱は要注意。新しい板厚は納期が遅い。

鉄骨造の柱でコラム(BCRやBCP)は最も一般的ですね。H鋼で柱を造ることもできますが、弱軸方向にブレースが必要。でも意匠的にブレースを付けると開口の邪魔になって嫌がられる。

構造的にもラーメン構造の方が簡単で嬉しい。と思ってたら失敗した話です。

スポンサーリンク

 

新しい板厚に注意!

構造屋さんなら、『鋼材リスト』を持っていると思います。JFE派と新日鉄派に分かれると思いますが。僕はJFE派です。新日鉄のハンドブックは小さすぎて持ちにくくないですか?

それはさておき。実は鋼材リストも数年の周期で更新されます。それは、新しい規格が増えるからです。もちろん新しい鋼材リストを見て設計を進めている僕。設計ではBCR295の450x25という柱を採用しました。

 

市中品にないから納期が長くなるんですけど・・・

設計を終えて発注も済んだ頃。業者質疑で、『柱の納期が間に合わない』という連絡があります。話を聞くと、450x25は比較的新しい板厚で市中品になかったようです。実は、他社でも同じ事例があったみたいで、柱断面を変えることになりました・・・。

 

板厚上げるよりも断面大きくした方が経済的

しかも、板厚を上げるより断面を大きくした方が経済的です。Zはせいの2乗で大きくなりますからね。メートル当たりの重量を調べると同じような断面性能でも、断面を大きくした方が経済的でした。

応力に持たないからと言って、下手に板厚を上げるよりも断面を大きくした方が構造的には合理的、と言う話でした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  2. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  3. 建築系ブログを始めてわかった、未だによく分からないこと3つ。
  4. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  5. 24才までに二級建築士を受けるならば、2人に1人は合格可能な件

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    【RC規準のイロハ】壁部材の柱と梁の最少断面

    柱や梁を小さくしようと思ったとき、『どこまで小さくできるか?』考えたこ…

  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。

    ども、tyazukeです。僕は大学院で鉄骨造に関する研究室にい…

  3. 構造設計に関すること

    弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

    ども、tyazukeです。弱軸回りに荷重を受ける部材ってありま…

  4. 構造設計に関すること

    許容曲げ応力度を算定する2式で、値はどれくらい違うか?

    許容曲げ応力度を算定するとき、fb=89000/(lb×h/Af)と、…

  5. 構造設計に関すること

    柱芯とブレース芯がズレたときの柱脚の設計について

    ブレース構造って面倒ですよね。納まりも考えることが多いし。ラーメン構造…

  6. 構造設計に関すること

    構造計算における定性的な性状を覚えることの重要性

    先日、古いRC規準(1988年版)を読んでいました。耐震壁が回転すると…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP