建築のこと

鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法

ども、tyazukeです。

鉄骨造の納まりで注意することは、大梁の「梁段差」です。梁段差が小さすぎると、内ダイアフラムが納まらないため。

では、梁段差は何ミリまで許容できるのか。どうすれば段差を解消できるのか、考えていきます。

スポンサーリンク

 

そもそも、なぜ梁段差は納まらないのか?

実は、梁段差にも納まる段差と納まらない段差があります。納まる段差とは、段差寸法が僅かの場合。または、段差が大きい場合です。

つまり納まらない梁段差は、両者の中間的なとても絶妙な寸法の梁段差なんです。

 

微妙な梁段差があると納まらない理由は、内ダイアフラムが溶接できるほど溶接棒が入らないためです。

 

梁段差は、最低100ミリは必要

梁段差の許容寸法はいくらか?

先に答え言うと、最低「100ミリ」です。例えばX方向の大梁せいが500だとすれば、Y方向は600あるいは400にすれば納まります。

 

現場に優しいのは、150ミリ以上の梁段差

但し、100ミリでも少し小さないかなと思います。現場に優しいのは150ミリ以上の段差です。

梁せいに制約があって、且つ梁せいを大きくしたいときなど、止む負えず100ミリにする以外は、150ミリ以上の梁段差が良いでしょう。

 

ハンチをつけて大きい梁せいのダイアフラム位置に合わせる

梁段差ができた場合、段差が150ミリ以上になるよう部材を選定しますが、別の方法もあります。それは、梁にハンチを設ける方法です。

極端に梁段差を付ければ納まるのですが、応力的に梁せいを小さくできないとか、あるいは天井高の関係で梁せいを大きくできない場合はハンチを設けます。

 

例えば、X方向の梁せいが700、Y方向の梁せいが600とします。この関係でハンチを付ける場合、Y方向の梁端部は、X方向のダイアフラム位置に合わせて700ミリの梁せいとなるようハンチを付けます。

 

梁段差を残したまま施工可能なノンダイアフラム工法

ところでダイアフラムを使わない工法もあります。ノンダイアフラム工法と言いますが、これは仕口部を、厚板で構成されたボックスに置き換え、そのボックスに梁を剛接合する工法です。

先に述べた、微妙な梁段差があっても問題なし。そもそもダイアフラム自体が無いからです。

 

まとめ

  • 今回紹介した梁段差の対処法は以下の通りです。
  • 梁段差は、最低100ミリは必要
  • 現場に優しいのは、150ミリ以上の梁段差
  • ハンチをつけて大きい梁せいのダイアフラム位置に合わせる
  • 梁段差を残したまま施工可能なノンダイアフラム工法

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 有給消化率98%の僕が伝える、有給が取りにくいと悩む人へのアドバイス
  2. 自分の生き方に満足できていますか?
  3. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。
  4. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法
  5. 【二級建築士】風圧力、地震力の計算に関する問題

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

    ども、tyazukeです。「建築士に向いている性格、向いていな…

  2. 建築のこと

    なぜ建築物の余裕度は一律1割以上と法律で決めないのか?

    政令36条の3の1項を読むと、建築物はあらゆる荷重に対して一様に安全で…

  3. ブログ運営

    若い頃は暇で暇で仕事が欲しい、と思うくらいが丁度いい

    ども、tyazukeです。よく、若い頃は買ってでも苦労しろ、と…

  4. 構造設計に関すること

    柱脚の保有耐力接合の検討方法について

    『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させ…

  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

  6. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法

    ども、tyazukeです。ある日、意匠設計部の上司から頼まれま…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
PAGE TOP