建築のこと

鉄骨造は、応力よりも変形のチェックを主体的にすると、実現象としての問題は少ない。

ども、tyazukeです。

鉄骨造って設計が簡単なだけに、注意することも多いと思うんですよ。RCはよく分からないことが多い分、計算結果よりも耐力が高いことが多いし。

鉄骨は計算と実現象が一致する分、計算ミスが実際の問題に発展しやすいんです。例えば、変形。片持ち梁の変形が予想以上に大きくなった、とか。

今回は、鉄骨造は、応力よりも変形のチェックを主体的にすべし、という話です。

スポンサーリンク

 

実現象で問題になる時は、大抵冗長性がない建物。

建物の構造にクレームが付くことってほとんどありません。仮にあるとすれば、冗長性が無い建物に多い。

※冗長性とは、構造に関して言えば「余裕のない建物のこと」。例えば静定構造物が該当する。1つの柱がダメになれば、たちまち崩壊する様。

 

例えば片持ち柱から、片持ち梁が跳ね出す構造。思っている以上に先端が変形してクレームが付くこともあるらしい。だから冗長性の無い構造物は、特に注意する必要があります。

 

応力じゃない、変形を見ろ!

そんな冗長性の無い建物を、実現象でクレームの起きないように設計するコツ。それは変形を極力抑えること。

できる限り現実に即したモデルで変形を確認すること。先に述べた片持ち梁の例でも、応力より変形が厳しいはずです。

 

また、先端の変形は固定端の変形よりも大きくなるのが通常。変型を抑えるためには、思っている以上に部材は大きくなる。

応力は二の次で変形を見ましょう。

 

片持ち柱、片持ち梁、ねじれを受ける梁は注意したい

具体的に、実現象で注意する部材を明記しておきます。

  • 片持ち柱
  • 片持ち梁
  • ねじれを受ける梁

まず片持ち柱は、先に述べた通りです。冗長性が無く、変形も大きくなりやすい。もっと気をつけたいのは、片持ち梁です。

鉄骨造の片持ち梁は、静定構造の場合、固定端の変形よりも大きくなることが多い。屋根ならまだいいですが、人が歩く床を片持ち梁と、片持ち柱で受けるなら注意が必要。

 

また、ねじれる鉄骨梁も気をつけたいですね。例えば、外壁をALCやアスロックにしていて、EVシャフトがあるため、変型を拘束できないケース。

普通のH鋼を閉鎖型断面にして、ねじれ耐力を上げるか、中幅あるいは広幅にして耐力を上げる方法が考えられます。

 

まとめ

  • 実現象で問題になる時は、大抵冗長性がない建物。
  • 応力じゃない、変形を見ろ!
  • 片持ち柱、片持ち梁、ねじれを受ける梁は注意したい

RC造は、部材全て一体化するので安心です。一方、鉄骨造は計算と実現象がマッチするので、案外危ない。

ということを頭の片隅に入れておきましょう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」
  2. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について
  3. 転職サイトで総合資格のページを読んだら、ダメだしが凄い件
  4. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  5. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

関連記事

  1. 建設業界のこと

    防腐処理していない木材を使って柱が折れた話

    誤解のあるタイトルですが、建物の話では無いのであしからず。以前、実家の…

  2. 建築のこと

    縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方

    ども、tyazukeです。今でも建築業界では紙の図面を沢山使います。打…

  3. 構造設計に関すること

    優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

    ども、tyazukeです。「建築士に向いている性格、向いていな…

  4. 構造設計に関すること

    【RC規準のイロハ】壁部材の柱と梁の最少断面

    柱や梁を小さくしようと思ったとき、『どこまで小さくできるか?』考えたこ…

  5. 構造設計に関すること

    鋼の降伏とは何を意味するのか?

    現代の構造設計は、終局強度を考慮した設計が当たり前になってきました。部…

  6. 建築のこと

    袖壁の意味と効果について

    ども、tyazukeです。他業界の人と話していると、ついつい専…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
PAGE TOP