建築業界の分析

最終更新日: 2017.10.4

鉄骨造は、応力よりも変形のチェックを主体的にすると、実現象としての問題は少ない。

ども、tyazukeです。

鉄骨造って設計が簡単なだけに、注意することも多いと思うんですよ。RCはよく分からないことが多い分、計算結果よりも耐力が高いことが多いし。

鉄骨は計算と実現象が一致する分、計算ミスが実際の問題に発展しやすいんです。例えば、変形。片持ち梁の変形が予想以上に大きくなった、とか。

今回は、鉄骨造は、応力よりも変形のチェックを主体的にすべし、という話です。

スポンサーリンク

 

実現象で問題になる時は、大抵冗長性がない建物。

建物の構造にクレームが付くことってほとんどありません。仮にあるとすれば、冗長性が無い建物に多い。

※冗長性とは、構造に関して言えば「余裕のない建物のこと」。例えば静定構造物が該当する。1つの柱がダメになれば、たちまち崩壊する様。

 

例えば片持ち柱から、片持ち梁が跳ね出す構造。思っている以上に先端が変形してクレームが付くこともあるらしい。だから冗長性の無い構造物は、特に注意する必要があります。

 

応力じゃない、変形を見ろ!

そんな冗長性の無い建物を、実現象でクレームの起きないように設計するコツ。それは変形を極力抑えること。

できる限り現実に即したモデルで変形を確認すること。先に述べた片持ち梁の例でも、応力より変形が厳しいはずです。

 

また、先端の変形は固定端の変形よりも大きくなるのが通常。変型を抑えるためには、思っている以上に部材は大きくなる。

応力は二の次で変形を見ましょう。

 

片持ち柱、片持ち梁、ねじれを受ける梁は注意したい

具体的に、実現象で注意する部材を明記しておきます。

  • 片持ち柱
  • 片持ち梁
  • ねじれを受ける梁

まず片持ち柱は、先に述べた通りです。冗長性が無く、変形も大きくなりやすい。もっと気をつけたいのは、片持ち梁です。

鉄骨造の片持ち梁は、静定構造の場合、固定端の変形よりも大きくなることが多い。屋根ならまだいいですが、人が歩く床を片持ち梁と、片持ち柱で受けるなら注意が必要。

 

また、ねじれる鉄骨梁も気をつけたいですね。例えば、外壁をALCやアスロックにしていて、EVシャフトがあるため、変型を拘束できないケース。

普通のH鋼を閉鎖型断面にして、ねじれ耐力を上げるか、中幅あるいは広幅にして耐力を上げる方法が考えられます。

 

まとめ

  • 実現象で問題になる時は、大抵冗長性がない建物。
  • 応力じゃない、変形を見ろ!
  • 片持ち柱、片持ち梁、ねじれを受ける梁は注意したい

RC造は、部材全て一体化するので安心です。一方、鉄骨造は計算と実現象がマッチするので、案外危ない。

ということを頭の片隅に入れておきましょう。

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 構造設計がどんな仕事が知りたい?誤解されている点も説明するよ。
  2. 基礎の接地圧e/Lはどこまで許容できる?
  3. 縮尺が合わない図面の、三角スケールの使い方
  4. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?
  5. 建築は道路に支配されている、と言う話

関連記事

  1. 建築業界の分析

    これで悩まない!設計GLとKBMの関係について

    ども、tyazukeです。設計GLとKBMはどういう関係かイメ…

  2. 建築業界の分析

    未来の働き方をするために、設計者が変わっていくこと。

    このブログで『設計職』は生産性の最底辺にある仕事だと説明しました↓…

  3. 構造設計の話

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  4. 構造設計の話

    剛体について 計算外とは何か?

    実務をしてから驚いたことの1つ、それが『計算外』という言葉です。計算外…

  5. 建築業界の分析

    建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。

    ども、tyazukeです。タイトル長くてすんません。僕は普通高…

  6. 建築屋さんの転職

    建設業を土曜日が当たり前に休める産業にするために、できること。

    ども、tyazukeです。建通新聞の社説より、抜粋しました。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    設計事務所が生き残るセルフブランディングの重要性と、プロ級HPをつくる方法
  2. 建築業界の分析

    隈研吾氏が唱える「小さな建築」とは何か?
  3. 建築屋さんの転職

    MIIDASで適正年収を調べたら、年収が1.7倍に増えた件
  4. 構造設計の話

    構造設計者って独立しても儲からない?
  5. 建築業界の分析

    隈研吾氏に学ぶ、社員を大事にするちょっとした心遣い
PAGE TOP